「カワサキ・ニンジャZX-25R」の発表に業界騒然 一世を風靡した250cc 4気筒の魅力とは?

2019.11.04 デイリーコラム

レブリミットが2万rpmに迫る超高回転エンジン

「クオーターマルチ」「ニーゴー4気筒」「4発クオーター」「ニーゴーマルチ」……と呼び方はさまざまだが、ともかく今バイク界をにぎわしているのが250ccクラスの4気筒復活である。東京モーターショー2019において、カワサキはまったくのブランニューモデル「Ninja(ニンジャ)ZX-25R」を発表。そのカウルに内包されていたのが、249ccの水冷4ストローク並列4気筒DOHC 4バルブのパワーユニットだった。

このジャンルは、1980年代半ばから90年代初頭にかけて大いに盛り上がった。販売台数の増加と比例するように高回転化が進み、レブリミッターは最高で1万9000rpmに到達。タコメーターの数値だけなら2万1000rpmまで刻まれたモデルもあり、針が振れるというよりちょっと気が触れたような時代でもあった。

しばしば悲鳴や絶叫にも例えられたその排気音は、今にして思えば断末魔の叫びだったのかもしれない。事実1万9000rpm時代を境にして販売は低下の一途をたどり、250cc 4気筒を搭載したレーサーレプリカはほそぼそと生きながらえながらも1999年に絶滅。エンジン形式自体は「ホンダ・ホーネット」「カワサキ・バリオス」「スズキ・バンディット」といったネイキッドに引き継がれたものの、それらも2000年代に入って程なく、ラインナップから姿を消した。

そんなエンジンが再びストリートに送り出されようとしている。詳細なスペックは不明ながら、ZX-25Rのメーターをのぞくとレッドゾーンは1万7000rpmから始まり、数値は2万rpmまで刻まれている。仮にレブリミッターが1万8000rpmで作動するとして、一体どんなエキゾーストノートを奏でるのか。実際に登場するのは2020年の夏以降になりそうだが、ぜひ期待したい。

東京モーターショー2019で世界初公開された「カワサキ・ニンジャZX-25R」。
東京モーターショー2019で世界初公開された「カワサキ・ニンジャZX-25R」。拡大
「ニンジャZX-25R」には249ccの並列4気筒エンジンが搭載されている。
「ニンジャZX-25R」には249ccの並列4気筒エンジンが搭載されている。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事