三菱が「ミラージュ」と「アトラージュ」のデザインを一新

2019.11.07 自動車ニュース
公開された画像からは「ダイナミックシールド」がはっきりと確認できる。
公開された画像からは「ダイナミックシールド」がはっきりと確認できる。拡大

三菱自動車は2019年11月7日、ハッチバック車「ミラージュ」およびセダン「アトラージュ」のデザインを一新し、同年11月18日にタイより販売を開始すると発表した。

こちらは現行型の「三菱ミラージュ」。
こちらは現行型の「三菱ミラージュ」。拡大

ミラージュおよびアトラージュ(日本未導入)は、昨年(2018年)度グローバルで合計14万台が販売された三菱の世界戦略車だ。同社のタイにおける生産・販売会社ミツビシ・モーターズ・タイランドのラムチャバン工場で生産されている。

両車ともシャープでダイナミックなエクステリアデザインを採用した三菱らしいコンパクトカーになるとうたわれており、公開された画像からは、三菱のフロントデザインコンセプト「ダイナミックシールド」がはっきりと確認できる。

日本市場への改良版ミラージュの導入時期は、2020年以降となる見込みだ。

(webCG)

関連キーワード:
ミラージュ, 三菱, 自動車ニュース

三菱 ミラージュ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱ミラージュG(FF/CVT)【試乗記】 2016.2.13 試乗記 三菱の世界戦略を支えるコンパクトカー「ミラージュ」がマイナーチェンジ。上級グレード「G」の試乗を通して、世界93カ国で販売されるグローバルプロダクトの進化の度合いと、日本市場におけるライバルに対するアドバンテージを確かめた。
  • 三菱ミラージュM(FF/CVT)【試乗記】 2012.9.3 試乗記 三菱ミラージュM(FF/CVT)
    ……118万8000円

    「低燃費」「低価格」「扱いやすさ」をテーマに、懐かしい車名が復活した。新興国ではエントリーカーの役目を負う新型「ミラージュ」が、ここ“飽食のマーケット”ではどう映ったか?
  • 三菱が「ミラージュ」にブラックのアクセントで内外装を仕立てた特別仕様車を再設定 2021.4.15 自動車ニュース 三菱自動車は2021年4月15日、コンパクトカー「ミラージュ」に特別仕様車「BLACK Edition(ブラックエディション)」を設定し、同日、販売を開始した。内外装に加えられたブラックのアクセントが特徴となる。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフeTSIアクティブ(FF/7AT)【試乗記】 2021.7.6 試乗記 8代目に進化した「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のベーシックモデル「eTSIアクティブ」に試乗。ボディーデザインやシャシーの進化に加え、パワートレインの電動化とADASを含むデジタルデバイスの強化も注目のポイントである。果たしてその仕上がりやいかに。
  • ポルシェ911ターボ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.7.3 試乗記 最高出力580PS、最大トルク750N・mのパフォーマンスを誇る「ポルシェ911ターボ」に試乗。さまざまなステージで600km以上を走り込むと、先に登場した上位モデル「ターボS」とのちがいが見えてきた。果たしてこの“素のターボ”を選ぶ意味とは?
ホームへ戻る