スバルが「レヴォーグ」にスポーティーな特別仕様車「2.0GT EyeSight Vスポーツ」を設定

2019.11.07 自動車ニュース
スバル・レヴォーグ2.0GT EyeSight Vスポーツ
スバル・レヴォーグ2.0GT EyeSight Vスポーツ拡大

スバルは2019年11月7日、スポーツワゴン「レヴォーグ」に特別仕様車「2.0GT EyeSight Vスポーツ」を設定し、2020年1月23日に発売すると発表した。

18インチサイズのアルミホイールやリアオーナメント、ドアミラーをブラックカラーでコーディネート。ベースモデルよりもリーズナブルな価格設定になっている。
18インチサイズのアルミホイールやリアオーナメント、ドアミラーをブラックカラーでコーディネート。ベースモデルよりもリーズナブルな価格設定になっている。拡大
シルバーステッチ(通常はブルーステッチ)の本革巻きステアリングホイールやシフトブーツなどを採用。
シルバーステッチ(通常はブルーステッチ)の本革巻きステアリングホイールやシフトブーツなどを採用。拡大
フロントのスポーツシートにもシルバーのステッチが用いられる。
フロントのスポーツシートにもシルバーのステッチが用いられる。拡大
ブラック塗装の18インチアルミホイールを採用。
ブラック塗装の18インチアルミホイールを採用。拡大

今回の特別仕様車は、最高出力300PSの2リッターDITエンジンを搭載し、ビルシュタイン製ダンパー(フロント倒立式)やフロント17インチ2ポットベンチレーテッドディスクブレーキなどが採用された「2.0GT-S EyeSight」グレードがベース。通常はオプションとなるハイビームアシスト(自動防げんルームミラー付き)や「スバルリアビークルディテクション(後側方警戒支援システム)」などが盛り込まれた「アイサイトセイフティプラス」を標準装備するとともに、スポーティーな仕様の足まわりや内外装を取り入れたモデルとなっている。

主な特別装備は以下の通り。

  • アイサイトセイフティプラス
  • 18インチアルミホイール(ブラック塗装)
  • 「LEVORG」リアオーナメント(ラスターブラック)
  • 「シンメトリカルAWD」リアオーナメント(ラスターブラック)
  • ブラックカラードドアミラー
  • 本革巻きステアリングホイール(シルバーステッチ)
  • シフトブーツ(シルバーステッチ)
  • インパネセンターバイザー(レザー調素材巻き)
  • インパネ加飾パネル(ピアノブラック調+クロームメッキ)
  • フロントスポーツシート(ファブリック/トリコットシート<シルバーステッチ>)

ボディーカラーは、「クリスタルホワイトパール」「アイスシルバーメタリック」「クリスタルブラックシリカ」「WRブルーパール」「クールグレーカーキ」の全5色。価格はベース車よりも22万円安い346万5000円。

(webCG)

関連キーワード:
レヴォーグ, スバル, 自動車ニュース

スバル レヴォーグ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・レヴォーグSTI Sport EX(4WD/CVT)【試乗記】 2021.1.22 試乗記 いまやスバルの中核モデルへと成長した「レヴォーグ」。六連星(むつらぼし)の新たなフラッグシップと位置づけられる新型は、スポーツワゴンらしい走りと使い勝手のよさが実感できる一台に仕上がっていた。
  • 43年の歴史に幕 ヤマハのロングセラーバイク「SR400」に最終モデル登場 2021.1.21 自動車ニュース ヤマハ発動機が、中型二輪モデル「SR400」の最終モデルとして、「SR400ファイナルエディション」と特別仕様車「SR400ファイナルエディション リミテッド」を発表。SR400は1978年デビューのロングセラーだが、両モデルをもって国内向けの生産は終了となる。
  • 「フェラーリ・ポルトフィーノM」が日本上陸 2021年秋にデリバリー開始 2021.1.14 自動車ニュース フェラーリ・ジャパンは2021年1月14日、オープントップの2+2シータースポーツ「ポルトフィーノM」の国内導入を発表した。日本仕様車の価格は2737万円で、デリバリーは同年秋に開始される。
  • フルモデルチェンジした「ルノー・キャプチャー」 2021年2月に上陸 2021.1.14 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2021年1月14日、フルモデルチェンジした「ルノー・キャプチャー」を同年2月上旬に国内導入すると発表した。7年ぶりとなる新型は「すべてにおいてコンパクトSUVの枠を超えたモデル」とアピールされる。
  • 三菱エクリプス クロスP(4WD)【試乗記】 2021.1.10 試乗記 大規模なデザイン変更を受けた「三菱エクリプス クロス」だが、マイナーチェンジの本命は、やはり新たに用意されたプラグインハイブリッド車(PHEV)に違いない。寒風吹きすさぶワインディングロードでその仕上がりを試した。
ホームへ戻る