これはブランド化するクロカンへのアンチテーゼだ! 新型「ディフェンダー」を見たwebCG編集部員のひとり言

2019.11.18 デイリーコラム

あれ、なんか安くない?

先週散々デザインの話をしておいて、またかよ(嘆息)」とおっしゃる向きもおるやもしれぬが、ご勘弁ください。なにせ1948年の誕生以来、初のフルモデルチェンジ。吉事であり、お祭りなのです。盛り上げさせてくださいヨ。……なんの話かというと、新型「ランドローバー・ディフェンダー」のお話である。“下手の横好き”的クロカン大好き人間としては、まだまだ気になるところ、知りたいところ、語りたいところがたくさんある。うんざりしつつも、ぜひお付き合いくださいまし。

さてさて。過日、新型ディフェンダー日本導入の報が列島を駆け巡った折、なにが最も世間を驚かせたか? 導入時期の“早さ”もそうだが、それ以上に価格だったろうと思う。3ドアの「90」が489万円から678万7000円、5ドアの「110」が596万7000から745万円。その値付けに、「あれ? (覚悟してたより)安くね?」と思った人は少なくないはずだ。

それもそのはず。ネットでちょいと中古車検索をかければ分かるが、日本に並行輸入されていた従来型のお値段は、最終スペックでおおむね800万円から。1000万円オーバーという個体もザラだ。導入発表の折には、知古の友(ただしブルジョア)から「『G』と比べてどうなの!?」とデンワでからまれたが、確かに従来型の並行輸入車は、「メルセデス・ベンツGクラス」と比較検討するような高価格車だった。

それが、新型はこのお値段。しかもインポーターの関係者は「正規導入のあかつきには、エントリーグレードとしてもっと安価なモデルも入れる」と鼻息が荒いのだからスバラシイ。ジャガー・ランドローバーとしては久々の(失礼!)明るいネタであり、この波に乗るしかない! ということなのだろう。ちなみにだが、現行Gクラスは全ラインナップが1000万円を超えている。

いよいよ登場した新型「ランドローバー・ディフェンダー」(右)と、ご先祖様にあたる「ランドローバー・シリーズI」(左)。
いよいよ登場した新型「ランドローバー・ディフェンダー」(右)と、ご先祖様にあたる「ランドローバー・シリーズI」(左)。拡大
日本では2019年11月3日に「ファーストエディション」の予約受注が開始され、わずか4日で150台が完売となった。
日本では2019年11月3日に「ファーストエディション」の予約受注が開始され、わずか4日で150台が完売となった。拡大
日本における従来型「ディフェンダー」の正規販売は2005年8月に終了しているが、その人気の高さから、多くの個体が並行輸入された。
日本における従来型「ディフェンダー」の正規販売は2005年8月に終了しているが、その人気の高さから、多くの個体が並行輸入された。拡大
現在の「メルセデス・ベンツGクラス」の価格は、「G350d」が1192万円、「G550」が1623万円、メルセデスAMGの「G63」が2114万円(!)となっている。
現在の「メルセデス・ベンツGクラス」の価格は、「G350d」が1192万円、「G550」が1623万円、メルセデスAMGの「G63」が2114万円(!)となっている。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る