三菱がコンパクトカー「ミラージュ」と「アトラージュ」を改良 「ダイナミックシールド」デザインでフロントを一新

2019.11.18 自動車ニュース
三菱ミラージュ
三菱ミラージュ拡大

三菱自動車は2019年11月18日、コンパクトハッチバック「ミラージュ」と同セダン「アトラージュ」のデザインを一新し、同日、タイで発売した。同年11月28日にタイで開催されるモーターエキスポ2019で実車を公開する。

三菱アトラージュ
三菱アトラージュ拡大
「ミラージュ」のインテリア。
「ミラージュ」のインテリア。拡大
「アトラージュ」のインテリア。
「アトラージュ」のインテリア。拡大

ミラージュとアトラージュは、1.2リッターエンジンを搭載する三菱のグローバルモデルで、2018年には両車合計で14万台を販売。累計販売台数はミラージュが約65万台、アトラージュが約28万台に上る。

今回の改良では、最新の三菱車に共通するフロントデザインコンセプトである「ダイナミックシールド」を採用。左右から中央に向かって包み込むようなバンパー形状と水平・垂直基調のスクエアなラインで構成するフロントグリル部で力強さとシャープさを高め、そのフロントグリルと連続感があるデザインとしたヘッドライトの採用やバンパーサイドにフォグランプを配置することで、ワイドで安定感のあるフロントデザインを実現したと、三菱はその特徴を説明している。

リアデザインは、L字型をモチーフとしたLEDリアランプと、バンパーコーナー部に縦型のリフレクターを配置したスクエアな形状が採用された。車幅いっぱいに広がる水平基調のデザインで、ワイド感と安定感を表現したという。

ボディーカラーは、両モデルともに「ホワイトダイヤモンド」を新設定し、さらにミラージュには鮮やかな「サンドイエロー」がラインナップに加わっている。15インチアルミホイールも新デザインとなり、ミラージュにはスポーティーなツートンカラーの切削加工タイプが、アトラージュにはエレガントなシルバー塗装タイプが設定された。

インテリアではフロントドアトリムのデザインを見直し、アームレストには肌触りの良い生地を採用。メーター文字盤とパワーウィンドウスイッチのパネルにはスポーティーなイメージのカーボンパターンがあしらわれている。

ミラージュの最上級グレードにはファブリックと合成皮革を組み合わせたコンビネーションシートを採用してスポーティーな印象に。アトラージュの最上級グレードには合成皮革を採用したモノトーン仕立てのエレガントなデザインとし、いずれもシートサイドにパイピングとステッチを追加することで上質さを演出したという。

機能面では、7インチスマートフォン連携ディスプレイオーディオ(SDA)を搭載し、Apple CarPlayにも対応している。

ミラージュとアトラージュは、従来と同様に三菱のタイにおける生産・販売会社ミツビシ・モーターズ・タイランドのラムチャバン工場で生産される。

(webCG)

関連キーワード:
ミラージュ, 三菱, 自動車ニュース

三菱 ミラージュ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱ミラージュG(FF/CVT)【試乗記】 2016.2.13 試乗記 三菱の世界戦略を支えるコンパクトカー「ミラージュ」がマイナーチェンジ。上級グレード「G」の試乗を通して、世界93カ国で販売されるグローバルプロダクトの進化の度合いと、日本市場におけるライバルに対するアドバンテージを確かめた。
  • ダイハツ・ロッキーX(FF/CVT)/トヨタ・ライズZ(FF/CVT)【試乗記】 2019.11.28 試乗記 全長4mを切るコンパクトなボディーサイズが特徴の新型SUV「ダイハツ・ロッキー」「トヨタ・ライズ」。小さな車体で大きな車内空間を実現したニューモデルは、機能的なSUVとしてはもちろん、今や希少な5ナンバーの実用車としても魅力的な一台に仕上がっていた。
  • 三菱が「ミラージュ」と「アトラージュ」のデザインを一新 2019.11.7 自動車ニュース 三菱自動車は2019年11月7日、ハッチバック車「ミラージュ」およびセダン「アトラージュ」のデザインを一新し、同年11月18日にタイより販売を開始すると発表した。
  • トヨタ・カローラS(FF/CVT)【試乗記】 2019.12.5 試乗記 自慢のTNGAプラットフォームに日本専用ボディーをかぶせた新型「カローラ」は、なるほどトヨタの意欲作かもしれない。しかし、日本市場を席巻していたかつての姿を知る者にとっては、新型のキラリと光るポイントを理解しつつも、要所要所で感じる雑味が気になってしまうのだった。
  • ダイハツ・ロッキー/トヨタ・ライズ【開発者インタビュー】 2019.11.29 試乗記 登録車の巨大化が進む中で、あえて“コンパクトであること”を最重要のテーマに掲げて開発された「ダイハツ・ロッキー/トヨタ・ライズ」。その狙いと、小さなクルマづくりにかけるダイハツのこだわりをチーフエンジニアに聞いた。
ホームへ戻る