ウン億円でも買うしかない!? めくるめくハイパーカービジネスの世界とは?

2019.11.22 デイリーコラム

裾野は広がり頂点は上がる

スーパーカービジネスは今、1台数億円という限定車ビジネスが花盛りである。最近話題になったモデルを記憶にあるだけざっと拾い上げても、「ブガッティ・チェントディエチ」(10台限定、約9億円)を筆頭に、「フェラーリ・モンツァSP1/SP2」(500台、約3.5億円)や「ランボルギーニ・シアンFKP 37」(63台、3億円以上)、マクラーレンの「スピードテール」(106台、2.5億円以上)や「エルバ」(399台、2億円以上)、アストンマーティンの「ヴァルキリー」(150台、3億円以上)に「ヴァルハラ」(500台、1.5億円以上)、「メルセデスAMG ONE」(275台、3億円以上)と枚挙にいとまがなく、途方もない金額が並ぶ。この秋のイベントで話題となった往年の名レーシングカー「ポルシェ935」のオマージュ、「935/78」(77台)の約1億円がお買い得に思えてくるほどだ。

しかも、世界のマーケットではこういった限定車のみならず、そもそも少量生産のパガーニやケーニグセグといったオーバー3ミリオンブランドも旺盛な需要にさらされ販売する新車個体がないほどの人気で、その市場を狙ったブランド(アポロやゴードンマレー、デ・トマソ、ブラバムなど)の台頭・復興も後を絶たない。トヨタがGRブランドでこのクラスのスーパーカーを開発中であることも発表されているし、リマックやロータスのようにEVのハイパーカーに力を入れる新勢力も増えている。

いつから、一体どうして、このようなビジネスがはやり始めたのだろうか?

背景にはもちろん、“買うことのできる人が増えた”という歴然たる事実がある。ミリオネアはもちろん、ビリオネアの世界的な増加は誰もが知るところ。ビリオネアはこの10年間で2倍になっているし、ミリオネアの数も毎年10%以上の勢いで増えている。

結果、“フツウのスーパーカー”(おかしな表現だけれども、「フェラーリ488」や「ランボルギーニ・ウラカン」といったカタログモデル)を買おうと思う人も増えた。例えばランボルギーニの年間生産台数はこの10年で4倍近くに膨れ上がっている。メーカーがより簡単かつ安全に速く走ることのできる新型車を開発した結果、裾野が恐ろしく広がったのだ。そもそも“人とは違うクルマ”が欲しいと思ってスーパーカーを選ぶような人たちである。よりお金があれはその上が欲しくなる。そうやって裾野の広がりと釣り合うように、頂上も高くなっていく。

ブガッティが「EB110」へのオマージュとして開発した「チェントディエチ」。最高出力1600PSの8リッターW型16気筒ターボエンジンを搭載する。
ブガッティが「EB110」へのオマージュとして開発した「チェントディエチ」。最高出力1600PSの8リッターW型16気筒ターボエンジンを搭載する。拡大
「ランボルギーニ・シアンFKP 37」。3億円ともいわれる高価格にも関わらず、2019年9月のデビュー時点で限定63台は完売していた。
「ランボルギーニ・シアンFKP 37」。3億円ともいわれる高価格にも関わらず、2019年9月のデビュー時点で限定63台は完売していた。拡大
「モンツァSP1」(右)と「モンツァSP2」(左)は、フェラーリが新たに「Icona(イーコナ)」とネーミングしたジャンルに属する限定モデル。1950年代のレーシングカーをほうふつとさせるスタイリングと最先端のスポーツカー技術の融合を特徴とする。
「モンツァSP1」(右)と「モンツァSP2」(左)は、フェラーリが新たに「Icona(イーコナ)」とネーミングしたジャンルに属する限定モデル。1950年代のレーシングカーをほうふつとさせるスタイリングと最先端のスポーツカー技術の融合を特徴とする。拡大
日本で2019年7月に発表された、アストンマーティンの新型ハイパーカー「ヴァルハラ」。500台限定で、2021年のデリバリー開始が予定されている。
日本で2019年7月に発表された、アストンマーティンの新型ハイパーカー「ヴァルハラ」。500台限定で、2021年のデリバリー開始が予定されている。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事