トヨタの新型高級ワゴン「グランエース」がデビュー

2019.11.25 自動車ニュース
トヨタ・グランエース プレミアム
トヨタ・グランエース プレミアム拡大

トヨタ自動車は2019年11月25日、新型フルサイズワゴン「グランエース」を発表した。同年12月16日に販売を開始する。

全長は5300mm。最小回転半径は5.6mと公表される。
全長は5300mm。最小回転半径は5.6mと公表される。拡大
スライドドアの開口幅は1000mmを確保。
スライドドアの開口幅は1000mmを確保。拡大
6人乗り仕様「グランエース プレミアム」のインテリア。
6人乗り仕様「グランエース プレミアム」のインテリア。拡大
「グランエース プレミアム」の2列目「エグゼクティブパワーシート」。オットマンや格納式テーブルが備わる。
「グランエース プレミアム」の2列目「エグゼクティブパワーシート」。オットマンや格納式テーブルが備わる。拡大
4列シートの「グランエースG」もラインナップ。最大8人乗車できる。
4列シートの「グランエースG」もラインナップ。最大8人乗車できる。拡大
ステアリングホイールは本革巻きで助手席前方やドアのインナーパネルには本木目加飾が施される。
ステアリングホイールは本革巻きで助手席前方やドアのインナーパネルには本木目加飾が施される。拡大
 
トヨタの新型高級ワゴン「グランエース」がデビューの画像拡大

6人乗りと8人乗りをラインナップ

グランエースは、2019年10月の東京モーターショーで初公開された新型ワゴン。既存の「アルファード」「ヴェルファイア」を超える多人数乗用車と位置付けられており、主に宿泊業・観光業における送迎や要人の移動といったニーズに応えることになる。

ボディーサイズは、全長×全幅×全高=5300×1970×1990mmで、ホイールベースは3210mm。エクステリアは金属調加飾を用いた押し出しの強いフロントまわりが特徴で、ボディー下端の金属調モール、L字型のリアコンビランプおよびガーニッシュなどで風格と上質感が演出される。

室内のバリエーションは、3列6人乗り仕様と4列8人乗り仕様の2タイプ(ともに各列2人ずつ着座)。6人乗り仕様の2列目と3列目は「エグゼクティブパワーシート」と名付けられた本革仕立ての大型専用キャプテンシートになっており、それぞれに電動の調節機構およびオットマン、ロングスライド機構、快適温熱シート、格納式テーブルが備わる。

8人乗り仕様は、2列目のみエグゼクティブパワーシート。3列目は操作が手動式になる「リラックスキャプテンシート」で、4列目にはワンタッチで座面が跳ね上がる60:40分割式チップアップシートを採用。乗車する人数や積載する手荷物にフレキシブルに対応できるのが特徴である。乗り込みやすさに配慮したスライドドアの開口幅は1000mmが確保されており、コックピットおよびキャビンのところどころに金属調または木目調の加飾を用いることで上質さが追求されている。

パワーユニットは2.8リッターのクリーンディーゼル「1GD」のみで、トランスミッションは6段AT。駆動方式はFRで、カタログモデルの17インチホイール装着車で最小回転半径5.6mという、取り回しのよさがセリングポイントとなっている。足まわりはフロントがマクファーソンストラット式、リアが新開発のトレーリングリンク車軸式。高剛性ボディーや徹底した防振・遮音対策と相まって、高級ワゴンにふさわしい快適な乗り心地を実現したとアピールされる。スマートフォンと連携可能なディスプレイオーディオや車載通信機DCMも標準装備。さまざまなオンラインサービスが提供される。

安全面については、歩行者(昼夜)や自転車の運転者(昼間)を検知対象とした先進の予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を搭載。駐車場での後退時に左右から接近する車両との衝突を防止するリアクロストラフィックオートブレーキや、後方の様子をカメラで映し出すデジタルインナーミラーも備わる。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • グランエース プレミアム(6人乗り仕様):650万円
  • グランエースG(8人乗り仕様):620万円

生産を担うのはトヨタ車体のいなべ工場で、年間の目標販売台数は600台となっている。

(webCG)
 

関連キーワード:
グランエース, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・グランエースG(FR/6AT)【試乗記】 2020.3.19 試乗記 トヨタの大型ミニバン「グランエース」に試乗。年間販売目標600台という数字が示す通り、その実態はプロユースの送迎用車両だ。果たしてそんなクルマに、目の肥えすぎた(?)自動車マニアが飛びついて持て余すことはないのだろうか。にわかオーナー体験の様子をリポートする。
  • EVでもターボ、ターボ車でもターボなし!? ポルシェにとって“ターボ”の名が特別な理由 2020.3.20 デイリーコラム ポルシェの現行モデルはほとんどがターボ車だが、車名に「ターボ」が記されるのは「911ターボ」などごく一部にすぎない。その一方で電気自動車「タイカン」には「ターボ」の名が与えられている。ポルシェがターボの名を特別視するのはなぜなのだろうか。
  • トヨタ・ヤリス ハイブリッドG(FF/CVT)【試乗記】 2020.3.21 試乗記 トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」がフルモデルチェンジ。プラットフォームやパワートレイン、内外装デザインなどすべてが刷新され、車名まで従来のグローバル名たる「ヤリス」に改められて登場した。まずは最量販モデルと位置付けられる「ハイブリッドG」の出来栄えを確かめる。
  • シボレー・コルベット スティングレイ クーペ(MR/8AT)【海外試乗記】 2020.3.16 試乗記 アメリカを代表するスーパースポーツ「コルベット」がフルモデルチェンジ。「C8」こと8代目コルベットは、まさかのミドシップとなって登場した。長年培ってきたFRの駆動レイアウトを捨てることで得たもの、そして失ったものとは? 米ラスベガスから報告する。
  • ホンダ・フィットの新開発4WDを試す 2020.3.10 だから新型フィットは心地いい<AD> いよいよ街を走りだした、新型「ホンダ・フィット」。フレンドリーなデザインや優れたユーティリティー性で話題だが、その走行性能も見逃せない。なかでも注目なのが、新開発のハイブリッドと4WDシステムの絶妙なコンビネーションが実現する心地いい走りだ。
ホームへ戻る