フェラーリとマクラーレンも出すしかない!? 盛り上がる“高級SUV市場”はこの先どうなる?

2019.11.29 デイリーコラム

すっかり熟したマーケット

アストンマーティンから待望のハイエンドSUV「DBX」が発表された。随分前から出ることがわかっていながらも、実際にいかにもアストンマーティンらしい超絶スタイルで登場してみれば、ちまたのラグジュアリーカー購入層が狂喜乱舞、早くも大ヒット間違いナシの様相とあいなった。

振り返ってみれば、スポーツカーブランドによる最初のSUVのリリースは約20年前の「ポルシェ・カイエン」で、その大成功を見たほかの高級ブランドも「ポルシェのビジネスモデルを追え」とばかりに、競ってSUVを開発してきた。最近では、高級ブランドのロールス・ロイス、ベントレー、ジャガーと、スーパーカー&スポーツカーブランドのランボルギーニやマセラティなどから矢継ぎ早にSUVが登場している。そこに、“元祖ポルシェ”はもちろんのこと、SUVの注目度を「MLクラス」で引き上げたメルセデス・ベンツや、SUVの走行性能を「X5」で高めたBMW、そしてクワトロ=4WDの老舗アウディというジャーマンプレミアム3に、大御所ランドローバー&レンジローバーも加わって、大中小、多種多様なSUVをリリースするに至り、高級SUVマーケットは今、百花繚乱(りょうらん)となっている。

背景にあるのはまず、SUVがもはやブームでも何でもなくフツウの選択肢となって久しいという、誠にシンプルな事実だ。高級で、高性能で、変わったカタチというものは、その商品カテゴリーの裾野が広がって初めて成立する。例えば今、クーペがまるで売れないのはセダンがさほど売れていないからであって、人は基準なくして“何か違うもの”を選ぶことなどできないわけだ。ちなみに、「マークII」3兄弟と「クラウン」が爆発的に売れていたハイソカー時代に、「ソアラ」や「プレリュード」も大ヒットした。台数はセダンのほぼ1割だったが。

その後、SUVそのものがスペシャルティークーペのオルタナティブとして機能した時代もしばらくあったが、時代は進んでSUVはいま、昔のセダンや一部のミニバンに代わる存在になっている。それゆえ、SUVというフツウのカテゴリーのなかにあって、高級であったり、高性能であったり、クーペデザインであったりという、人とは違うSUVが欲しいという客層が生まれ、スペシャルティー化が一気に進んだというわけだ。

「DBX」は、アストンマーティンの歴史の中で初となるSUV。日本仕様車は2299万5000円のプライスタグを付ける。
「DBX」は、アストンマーティンの歴史の中で初となるSUV。日本仕様車は2299万5000円のプライスタグを付ける。拡大
荷室の容量は5人乗車時で632リッター。5人という乗車定員もアストンマーティンとしては史上初。
荷室の容量は5人乗車時で632リッター。5人という乗車定員もアストンマーティンとしては史上初。拡大
2019年11月20日に中国・北京でデビューした「アストンマーティンDBX」。日本では翌21日に披露された。
2019年11月20日に中国・北京でデビューした「アストンマーティンDBX」。日本では翌21日に披露された。拡大
ロールス・ロイスのSUV「カリナン」。2018年5月にデビューした際は、その意外性で自動車ファンを驚かせた。
ロールス・ロイスのSUV「カリナン」。2018年5月にデビューした際は、その意外性で自動車ファンを驚かせた。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事