第157回:涅槃だぜN-WGN!

2020.01.07 カーマニア人間国宝への道

「N-WGN」は国民車になれるか?

令和最初のお正月、あけましておめでとうございます。

が、カーマニアたる自分には、令和元年に乗り残した有力ニューモデルがありました。「ホンダN-WGN」です。

このクルマはすこぶる評判がいい。「N-BOX」の全高を低くして車重も軽くなってるんだから当然だ。デザインも超絶シンプル。小学3年生が描いたじどうしゃの絵みたいで、心にグッと来るものがある。

ホンダのデザインは、このところ低迷していた。いや、低迷していたのは普通車だけで、軽はNシリーズからこっち、シンプル&ストレート路線が大成功していたが、普通車デザインの低迷ぶりは目を覆うばかりだった。

が、次期「ホンダ・フィット」や「ホンダe」のデザインを見ると、ホンダは今後全面的にデザインをシンプル&ストレート路線に変更しそうな気配を感じる。新型N-WGNのデザインもその延長線上かつNシリーズの正常進化版。よりシンプル度が増していて凄(すご)みすら感じさせる。

N-BOXに代表される軽ハイトワゴンは、そもそもあまりにも全高が過剰だ。シートに座って手を伸ばしても天井に手が届くか届かないかってのは、さすがに高すぎるだろ! その点、N-WGNのようなトールワゴンはちょうどいい。走りも確実に良くなっているはず。

それらを勘案すると、カーマニアの色即是空な終着駅としてひとつの有力候補であり、国民車にもふさわしかろう!

某サイトで全日本国民車評議会議長を名乗っている伊達軍曹も、2代目N-WGNは「日本国民ならびに国内居住者各位に強く推奨したい、素晴らしい大衆実用車」と称賛している。

「ホンダN-WGN」にプチ試乗!
「ホンダN-WGN」にプチ試乗!拡大
ホンダの「N-BOX」(左)と「N-BOXカスタム」(右)。(写真=本田技研工業)
ホンダの「N-BOX」(左)と「N-BOXカスタム」(右)。(写真=本田技研工業)拡大
2019年の東京モーターショーで発表された、次期「ホンダ・フィット」。(写真=本田技研工業)
2019年の東京モーターショーで発表された、次期「ホンダ・フィット」。(写真=本田技研工業)拡大
「ホンダe」。(本田技研工業のHPより)
「ホンダe」。(本田技研工業のHPより)拡大
輸入中古車評論家で、全日本国民車評議会議長を名乗る、伊達軍曹。
輸入中古車評論家で、全日本国民車評議会議長を名乗る、伊達軍曹。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダN-WGN L・Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2019.10.24 試乗記 ホンダの軽シリーズの中で、かつてはそれほど目立たなかった「N-WGN」。どこか懐かしいデザインをまとう2代目は、さまざまなユーザーニーズに応えられる、極めて商品力の高い軽乗用車に仕上がっていた。
  • ホンダN-WGNカスタムL・ターボ Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2019.11.12 試乗記 新型「N-WGN」の仕上がりにはスキがない。さすが軽自動車市場を席巻するホンダの最新作といえる仕上がりだ。クルマの出来栄えをリポートするとともに、ヒット作ばかりの「N」シリーズを生み出す、ホンダのクルマづくり・人づくりの最前線を紹介する。
  • ホンダN-WGN/N-WGNカスタム 2019.7.18 画像・写真 ホンダから軽ハイトワゴンの新型「N-WGN」が登場。2代目となる新型は、より生活に寄り添うクルマとなるべくすべてを刷新。シンプルさを重視したエクステリアや、日々快適に使えることを重視したインテリアが特徴となっている。その詳細な姿を写真で紹介する。
  • ホンダN-BOXカスタム 2017.8.31 画像・写真 軽乗用車初のシーケンシャルウィンカーなど、他のモデルにはないディテールが目を引く新型「ホンダN-BOXカスタム」。クロームメッキで飾られたボディーや、黒を基調としたインテリアなど、標準車とは一味違うその姿を写真で紹介する。
  • トヨタ・ヤリス ハイブリッドG(FF/CVT)【試乗記】 2020.3.21 試乗記 トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」がフルモデルチェンジ。プラットフォームやパワートレイン、内外装デザインなどすべてが刷新され、車名まで従来のグローバル名たる「ヤリス」に改められて登場した。まずは最量販モデルと位置付けられる「ハイブリッドG」の出来栄えを確かめる。
ホームへ戻る