駆動方式は4WDで最高出力は300PS 高性能なコンパクトSUV「アウディSQ2」発売

2019.12.03 自動車ニュース
アウディSQ2
アウディSQ2拡大

アウディ ジャパンは2019年12月3日、コンパクトSUV「アウディQ2」の高性能バージョンとなる「SQ2」の日本導入を発表。同日、販売を開始した。

 
駆動方式は4WDで最高出力は300PS 高性能なコンパクトSUV「アウディSQ2」発売の画像拡大
「SQ2インテリアデザインパッケージ」装着車のインテリア。
「SQ2インテリアデザインパッケージ」装着車のインテリア。拡大
 
駆動方式は4WDで最高出力は300PS 高性能なコンパクトSUV「アウディSQ2」発売の画像拡大

SQ2は、Q2シリーズの中で最もパワフルな2リッター直4ターボエンジン(最高出力300PS、最大トルク400N・m)を搭載。トランスミッションは7段Sトロニックが組み合わされている。0-100km/hの加速タイムは4.8秒。最高速は電子制御リミッターで250km/hに制限される。

クワトロと呼ばれる四輪駆動システムを搭載するのは、国内で販売されるQ2としては初。サスペンションはフロントがマクファーソンストラット式、リアはクワトロに対応すべくマルチリンク式が採用されている。シャシーについてはさらに、「Sスポーツサスペンション」と、SQ2専用にギアレシオをクイックにした「プログレッシブステアリング」を装備。コーナー内側のホイールに軽いブレーキをかけることでスムーズなハンドリングを実現する「ホイールセレクティブコントロール」も備わる。

ボディーカラーはSQ2のみで選択できる「デイトナグレーパールエフェクト」や「クワンタムグレー」を含む全8色。クロス×レザーの標準インテリアに加えて、ファインナッパレザー仕様と、「SQ2インテリアデザインパッケージ」が用意される。このパッケージオプションではファインナッパレザーのシートが装備され、表皮のセンター地がロックグレーステッチを施したマグマレッドになるほか、レッドアクセントリングのエアコン吹き出し口やマルチカラーアンビエントライティングが与えられる。

ハンドル位置は右のみで、価格は599万円。

(webCG)

関連キーワード:
SQ2, アウディ, 自動車ニュース

アウディ SQ2 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディQ3 35 TFSIアドバンスト(FF/7AT)【試乗記】 2020.10.12 試乗記 フルモデルチェンジで2代目となったアウディのCセグメントSUV「Q3」。ラインナップの中核をなすと目される「Q3 35 TFSIアドバンスト」を郊外に連れ出し、最新のシャシーやパワーユニットの出来栄え、ユーティリティー性をチェックした。
  • アウディQ3 35 TDIクワトロSライン/Q3スポーツバック35 TFSI Sライン【試乗記】 2020.9.15 試乗記 プレミアムな小型SUVの元祖として、各社がこぞってお手本にしたという「アウディQ3」。その新型がいよいよ日本に上陸した。クーペスタイルの「スポーツバック」とともに箱根のワインディングロードに連れ出し、仕上がりをテストした。
  • アウディQ3スポーツバック35 TDIクワトロSライン(4WD/7AT)【試乗記】 2020.10.28 試乗記 SUVのモデルラインナップが増え続ける中で、アウディが新たに提案する「Q3スポーツバック」。今回ステアリングを握った「35 TDIクワトロSライン」の走りは、スタイル重視に見える同モデルのイメージを大きく変えるものだった。
  • 三菱エクリプス クロスP(4WD)【試乗記】 2021.1.10 試乗記 大規模なデザイン変更を受けた「三菱エクリプス クロス」だが、マイナーチェンジの本命は、やはり新たに用意されたプラグインハイブリッド車(PHEV)に違いない。寒風吹きすさぶワインディングロードでその仕上がりを試した。
  • アウディA1スポーツバック25 TFSI(FF/7AT)【試乗記】 2020.12.26 試乗記 アウディのコンパクトカー「A1スポーツバック」に1リッターターボモデルが追加された。試乗車は、なかでも一番装備が簡素な「25 TFSI」。エントリーモデルのエントリーグレード、つまり「最も買い求めやすいアウディ」の仕上がりは?
ホームへ戻る