駆動方式は4WDで最高出力は300PS 高性能なコンパクトSUV「アウディSQ2」発売

2019.12.03 自動車ニュース
アウディSQ2
アウディSQ2拡大

アウディ ジャパンは2019年12月3日、コンパクトSUV「アウディQ2」の高性能バージョンとなる「SQ2」の日本導入を発表。同日、販売を開始した。

 
駆動方式は4WDで最高出力は300PS 高性能なコンパクトSUV「アウディSQ2」発売の画像拡大
「SQ2インテリアデザインパッケージ」装着車のインテリア。
「SQ2インテリアデザインパッケージ」装着車のインテリア。拡大
 
駆動方式は4WDで最高出力は300PS 高性能なコンパクトSUV「アウディSQ2」発売の画像拡大

SQ2は、Q2シリーズの中で最もパワフルな2リッター直4ターボエンジン(最高出力300PS、最大トルク400N・m)を搭載。トランスミッションは7段Sトロニックが組み合わされている。0-100km/hの加速タイムは4.8秒。最高速は電子制御リミッターで250km/hに制限される。

クワトロと呼ばれる四輪駆動システムを搭載するのは、国内で販売されるQ2としては初。サスペンションはフロントがマクファーソンストラット式、リアはクワトロに対応すべくマルチリンク式が採用されている。シャシーについてはさらに、「Sスポーツサスペンション」と、SQ2専用にギアレシオをクイックにした「プログレッシブステアリング」を装備。コーナー内側のホイールに軽いブレーキをかけることでスムーズなハンドリングを実現する「ホイールセレクティブコントロール」も備わる。

ボディーカラーはSQ2のみで選択できる「デイトナグレーパールエフェクト」や「クワンタムグレー」を含む全8色。クロス×レザーの標準インテリアに加えて、ファインナッパレザー仕様と、「SQ2インテリアデザインパッケージ」が用意される。このパッケージオプションではファインナッパレザーのシートが装備され、表皮のセンター地がロックグレーステッチを施したマグマレッドになるほか、レッドアクセントリングのエアコン吹き出し口やマルチカラーアンビエントライティングが与えられる。

ハンドル位置は右のみで、価格は599万円。

(webCG)

関連キーワード:
SQ2, アウディ, 自動車ニュース

アウディ SQ2 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディRS Q3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2021.5.15 試乗記 アウディスポーツが手がけたハイパフォーマンスクーペSUV「RS Q3スポーツバック」に試乗。開発にはモータースポーツでの知見を生かし、さらにサーキットで鍛え上げたというその走りを、ロングドライブに連れ出し味わってみた。
  • アウディQ3スポーツバック35 TDIクワトロSライン(4WD/7AT)【試乗記】 2020.10.28 試乗記 SUVのモデルラインナップが増え続ける中で、アウディが新たに提案する「Q3スポーツバック」。今回ステアリングを握った「35 TDIクワトロSライン」の走りは、スタイル重視に見える同モデルのイメージを大きく変えるものだった。
  • アウディA3スポーツバック ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2021.6.8 試乗記 フルモデルチェンジした「アウディA3スポーツバック」に試乗。導入記念の限定モデル「ファーストエディション」を郊外に連れ出し、低燃費化とプレミアムな走りを両立させるという1リッター直3ターボ+48Vマイルドハイブリッドの仕上がりを確かめた。
  • ミツオカ・バディ20ST(FF/CVT)【試乗記】 2021.6.5 試乗記 そこが下町の路地裏であろうと旅情あふれる温泉街であろうとお構いなし! 「ミツオカ・バディ」が姿を現すところのすべてが、古きよき時代のアメリカ西海岸の空気に塗り替えられてしまうのだ。不思議な魅力を備えた新型SUVの仕上がりやいかに!?
  • フォルクスワーゲン・ティグアンTSIファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2021.5.22 試乗記 フォルクスワーゲンの正統派SUV「ティグアン」がマイナーチェンジ。導入記念の特別仕様車「TSIファーストエディション」に試乗し、新エンジン「1.5 TSI Evo」や最新世代に移行した運転支援システムの仕上がりを確かめた。
ホームへ戻る