クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

アウディSQ2(4WD/7AT)

痛快なスポーツモデル 2022.09.07 試乗記 マイナーチェンジした「アウディQ2」の高性能スポーツバージョン「SQ2」に試乗。リフレッシュされた内外装の仕上がりや、最高出力300PSを誇る2リッター直4ターボエンジンと4WDシステム「クワトロ」が織りなすその走りを、あらためて確かめてみた。

Q2で唯一のクワトロ

アウディのSUVは「Qファミリー」と呼ばれ、プレミアムSUVクーペの「Q8」を筆頭に、「Q7」「Q5」「Q4 e-tron」「Q3」、そしてこのQ2と大家族化が進んでいる。そんなQファミリーのなかで、若者をターゲットとしたエントリーモデルが全長4200mmのコンパクトSUV、Q2である。他のモデルとは異なる若々しい雰囲気が魅力といえる。

Qファミリーの「Q」は、アウディ伝統の4WDであるクワトロ(quattro)に由来するが、コンパクトSUVではFWDが主流というのはQ2でも例外ではない。日本のラインナップを見ると、「Q2 35 TDI」と「Q3 35 TFSI」はどちらもFWDであり、クワトロは「Sモデル」と呼ばれるスポーツバージョンのSQ2だけ。しかも、降雪地域の移動を支える生活四駆ではなく、スポーティーな走りを目指した特別な存在だ。

いまや最小のSモデルでもあるこのSQ2が、マイナーチェンジにより内外装をリフレッシュ。以前のSQ2は縦のダブルバーを採用するシングルフレームグリルにより高級感を醸し出していたが、新型は上質さよりも押しの強さを前面に出したデザインになり、これまでよりわかりやすいキャラクターに変わったといえる。

2022年2月に日本導入が発表された「アウディSQ2」の改良モデル。マイナーチェンジされた「Q2」をベースに、内外装のアップデートが行われている。車両本体価格は620万円。
2022年2月に日本導入が発表された「アウディSQ2」の改良モデル。マイナーチェンジされた「Q2」をベースに、内外装のアップデートが行われている。車両本体価格は620万円。拡大
今回の試乗車では15万円のオプションとなる「ブラックAudi rings&ブラックスタイルパッケージ」が選択されており、フロントグリルやエンブレム、エクステリアミラーハウジングなどがブラックで仕上げられていた。
今回の試乗車では15万円のオプションとなる「ブラックAudi rings&ブラックスタイルパッケージ」が選択されており、フロントグリルやエンブレム、エクステリアミラーハウジングなどがブラックで仕上げられていた。拡大
試乗車に装備されていた「マトリクスLEDヘッドランプ+ダイナミックターンインディケーター」は12万円のオプションアイテム。周囲の明るさや車両を感知し、照射する範囲や角度を自動調整するヘッドランプと、シャープなブレード形状を描いて点灯するウインカーが内蔵されている。
試乗車に装備されていた「マトリクスLEDヘッドランプ+ダイナミックターンインディケーター」は12万円のオプションアイテム。周囲の明るさや車両を感知し、照射する範囲や角度を自動調整するヘッドランプと、シャープなブレード形状を描いて点灯するウインカーが内蔵されている。拡大
アウディ SQ2 の中古車

そのプライスに驚く

一方、インテリアは、ステアリングホイールとシフトセレクターが新しくなり、さらに細かいところでは、オプションのサウンドシステムが、デンマークのバング&オルフセンからアメリカのソノスに変更されている。

それ以外はほぼ従来のデザインを踏襲していて、例えば、ナビゲーションのディスプレイは、他のアウディがタッチパネル式に移行しているのに対して、このSQ2はシフトセレクターの手前にあるコントローラーで遠隔操作する従来タイプのままだ。ただ、このスタイルは慣れると案外使いやすく、あえてそのまま残しているのは、個人的には大歓迎である。

ダイヤモンドステッチが施された「マグマレッド」のファインナッパレザー仕立てとなるスポーツシートやレッドのリングがあしらわれたエアコンの吹き出し口などがSQ2のコックピットを彩るが、これらのほとんどはメーカーオプションとして追加されたもの。SQ2の車両本体価格は620万円と決して手ごろではないが、試乗車にはさらに147万円ものメーカーオプションがおごられており、総額767万円というプライスには、さすがに一瞬ひるんでしまった。

「SQ2」の外板色は、写真の「タンゴレッドM」(7万円の有償色)を含むシングルカラー9色と、コントラストカラー2種類の計11種類から選択できる。
「SQ2」の外板色は、写真の「タンゴレッドM」(7万円の有償色)を含むシングルカラー9色と、コントラストカラー2種類の計11種類から選択できる。拡大
ステアリングホイールとシフトセレクターのデザインがリニューアルされたものの、インストゥルメントパネルまわりの基本デザインは、従来型を踏襲。レッドのリングがあしらわれたエアコンの吹き出し口は、26万円のオプションとなる「SQ2インテリアデザインパッケージ」に含まれるアイテム。
ステアリングホイールとシフトセレクターのデザインがリニューアルされたものの、インストゥルメントパネルまわりの基本デザインは、従来型を踏襲。レッドのリングがあしらわれたエアコンの吹き出し口は、26万円のオプションとなる「SQ2インテリアデザインパッケージ」に含まれるアイテム。拡大
トランスミッションは「Sトロニック」と呼ばれる7段DCT。シフトセレクターの後方には、「MMIナビゲーションシステム」やスマートフォンと連動するインフォテインメントシステムなどを操作できる、ダイヤル式のコントローラーが従来モデルと同様に備わっている。
トランスミッションは「Sトロニック」と呼ばれる7段DCT。シフトセレクターの後方には、「MMIナビゲーションシステム」やスマートフォンと連動するインフォテインメントシステムなどを操作できる、ダイヤル式のコントローラーが従来モデルと同様に備わっている。拡大

涼しい顔で踏み切れる

ただ、実際に運転してみると、実に痛快なスポーツモデルであることがわかる。SQ2に搭載されるのは2リッター直4直噴ターボで、最高出力はなんと300PS! 他の横置きエンジンのSモデルと同じく、デュアルクラッチギアボックスの7段Sトロニックと、電子制御の湿式多板クラッチを用いた4WDがこのハイパワーを受け止める。

この2リッターターボは低回転から実に力強く、SQ2は動きだしからとても軽快。アクセルペダルの動きに対する反応も素早く、街なかでも扱いやすいのがいい。

一方、ここぞという場面でアクセルペダルを深く踏み込むと、2リッターターボは威勢のいいサウンドを発しながら3000rpmを超えたあたりから6000rpmを上回るまでパワフルな加速を見せてくれる。

その際、自慢のクワトロが最大400N・mもの大トルクをきっちりと路面に伝えてくれるので、ドライコンディションであればホイールスピンとは無縁であり、加速中に不安定な動きを見せることもない。ハイパワーを持て余すことなく、涼しい顔でアクセルペダルを踏み切れるのが、Sモデルの真骨頂だ。

「SQ2」には最高出力300PS、最大トルク400N・mを発生する2リッター直4ターボエンジンが搭載される。アウディが「クワトロ」と呼ぶ伝統的な4WDのみの設定となる。
「SQ2」には最高出力300PS、最大トルク400N・mを発生する2リッター直4ターボエンジンが搭載される。アウディが「クワトロ」と呼ぶ伝統的な4WDのみの設定となる。拡大
「SQ2」のシートはブラックを基調としたクロスとレザーのコンビタイプの表皮が標準仕様となる。今回の試乗車は、26万円の有償オプション「SQ2インテリアデザインパッケージ」に含まれる、ブラックとレッドのファインナッパレザーシート(写真)を装備していた。
「SQ2」のシートはブラックを基調としたクロスとレザーのコンビタイプの表皮が標準仕様となる。今回の試乗車は、26万円の有償オプション「SQ2インテリアデザインパッケージ」に含まれる、ブラックとレッドのファインナッパレザーシート(写真)を装備していた。拡大
1414mmの室内幅や967mmの座面から天井までの高さなどの後席スペースは、ベースとなった「Q2」と同じ。背もたれには60:40の分割可倒機構が備わっている。
1414mmの室内幅や967mmの座面から天井までの高さなどの後席スペースは、ベースとなった「Q2」と同じ。背もたれには60:40の分割可倒機構が備わっている。拡大

全高1525mmの妙

SQ2は全高が1525mmとSUVとしては低めのプロポーションを採用するが、これが走りにも良い影響を与えている。コーナリング時にロール感はあるものの、ロールスピードは抑えられており、安定した姿勢を保ったままコーナーを駆け抜けることができるのだ。クワトロ特有の高い接地感もしっかりと受け継がれている。ホットハッチのように軽快、とはいかないが、SUVであってもSモデルの名にふさわしいスポーティーな走りが楽しめるのだ。

高速走行時の直進安定性やフラット感も上々。ただ、その代償として、少し硬めにしつけられたサスペンションにより乗り心地はやや硬めで、舗装の荒れや目地段差などを通過した際のショックを拾いがちなのが惜しいところ。試乗車にはオプションの235/40R19サイズのタイヤが装着されていたが、標準サイズ(235/45R18)のままならもう少し乗り心地がマイルドなのかもしれない。それでも、しばらく運転していれば慣れる硬さで、痛快な走りのためなら十分納得のいくものだろう。

個人的には、SUVスタイルを採用しながらも全高が1550mm未満に抑えられているおかげで、立体駐車場で困らないのがうれしい。確かに値は張るが、アウディの魅力が凝縮されたSQ2は個性際立つ一台である。

(文=生方 聡/写真=花村英典/編集=櫻井健一)

「SQ2」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4220×1800×1525mm、ホイールベース=2595mmで、車重は1560kgと発表されている。
「SQ2」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4220×1800×1525mm、ホイールベース=2595mmで、車重は1560kgと発表されている。拡大
今回試乗した「SQ2」には、オプションの「5Vダブルスポークデザイン」19インチホイールが装着されていた。タイヤは「ブリヂストン・トランザT005」で、サイズは235/40R19。
今回試乗した「SQ2」には、オプションの「5Vダブルスポークデザイン」19インチホイールが装着されていた。タイヤは「ブリヂストン・トランザT005」で、サイズは235/40R19。拡大
「SQ2」の荷室容量は405リッター。床面は2段階の高さ調整が行える(写真は床面を上段に設置した様子)。今回の試乗車にはオプションの「コンビニエンス&アシスタンスパッケージ」に含まれる「オートマチックテールゲート」が備わっていた。
「SQ2」の荷室容量は405リッター。床面は2段階の高さ調整が行える(写真は床面を上段に設置した様子)。今回の試乗車にはオプションの「コンビニエンス&アシスタンスパッケージ」に含まれる「オートマチックテールゲート」が備わっていた。拡大
「Q2」のFF車はリアサスペンションがトレーリングアーム式であるのに対し、「SQ2」を含む4WD車はウイッシュボーン式となっている。クワトロ特有の高い接地感もしっかりと受け継がれていた。
「Q2」のFF車はリアサスペンションがトレーリングアーム式であるのに対し、「SQ2」を含む4WD車はウイッシュボーン式となっている。クワトロ特有の高い接地感もしっかりと受け継がれていた。拡大

テスト車のデータ

アウディSQ2

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4220×1800×1525mm
ホイールベース:2595mm
車重:1560kg
駆動方式:4WD
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:7段AT
最高出力:300PS(221kW)/5300-6500rpm
最大トルク:400N・m(40.8kgf・m)/2000-5200rpm
タイヤ:(前)235/40R19 96Y/(後)235/40R19 96Y(ブリヂストン・トランザT005)
燃費:11.6km/リッター(WLTCモード)
価格:620万円/テスト車=767万円
オプション装備:ボディーカラー<タンゴレッドM>(7万円)/アルミホイール<5Vダブルスポークデザイン グラファイトグレー 8J×19+235/40R19タイヤ>(12万円)/ブラックAudi rings&ブラックスタイルパッケージ<ブレードブリリアントブラック、エクステリアミラーハウジング>(15万円)/ナビゲーションパッケージ<MMIナビゲーションシステム+TVチューナー+6スピーカー+バーチャルコックピット>(35万円)/SONOSサウンドシステム(12万円)/テクノロジーパッケージ<スマートフォンインターフェイス、マルチカラーアンビエントライティング、デコラティブパネル、ライトグラフィック[マルチカラーアンビエントライティング専用]>(5万円)/カラードブレーキキャリパー レッド(6万円)/マトリクスLEDヘッドランプ+ダイナミックターンインディケーター<フロント&リア>(12万円)/コンビニエンス&アシスタンスパッケージ<サイドアシスト+アウディプレセンスベーシック+アダプティブクルーズアシスト+ハイビームアシスト+オートマチックテールゲート+ステアリングホイール3スポークレザーマルチファンクションパドルシフト>(17万円)/SQ2インテリアデザインパッケージ<ファインナッパレザー[マグマレッド]+ドアハンドル[アルミニウムペイント スレートグレー]+レッドアクセントリング付きエアコン吹き出し口+フロアマットレッドステッチ[フロント&リア]>(26万円)

テスト車の年式:2022年型
テスト開始時の走行距離:3163km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(2)/高速道路(6)/山岳路(2)
テスト距離:108km
使用燃料:--リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:8.1km/リッター(車載燃費計計測値)

アウディSQ2
アウディSQ2拡大
 
アウディSQ2(4WD/7AT)【試乗記】の画像拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

アウディ SQ2 の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。