2019年のF1総括「3強かく戦えり」 メルセデス6連覇の陰で聞こえてくる“新たな機運の胎動”

2019.12.06 デイリーコラム

「最速」から「最強」への進化──メルセデス

【2019年ランキング】

  • メルセデス:コンストラクターズランキング1位(739点)
  • ルイス・ハミルトン:ドライバーズランキング1位(413点)
  • バルテリ・ボッタス:ドライバーズランキング2位(326点)

2014年にターボハイブリッド時代が幕を開けてからというもの、タイトルというタイトルを総なめにしてきたシルバーアローが、2019年シーズンも年間王者の地位を独占。ドライバーとコンストラクター、F1に用意される2つの世界タイトルを、6年も連続で取り続けたチームは、長い歴史の中でもメルセデスしかない。

この6年間に行われた121戦で89勝を記録、勝率は実に7割を超えるという銀色の常勝軍団。毎年のように続く「メルセデス・イヤー」に少々食傷気味のファンも多いかもしれないが、そんな中にも、新たな機運の胎動を感じるようなシーンが多々見られた。

メルセデスの黄金時代は、2016年までの「圧勝期」と、その後の「混戦期」の2つに分けられるだろう。ターボハイブリッドの最初の3年は、ルイス・ハミルトンとニコ・ロズベルグのコンビで勝ちまくり、59戦51勝、勝率8割以上をキープするというまさに一強独占の時期だった。

それが2017年を境に様相が変わってくる。この年はライバルのフェラーリ&セバスチャン・ベッテルが5勝、レッドブルはマックス・フェルスタッペンとダニエル・リカルドにより合計3勝をマークし、メルセデスは4連覇を達成するも勝ち星を前年の19から12にまで落とした。

2018年には、フェラーリがさらにスピードと力をつけ6勝。だがミスによる取りこぼしも頻発したことで、メルセデスが11勝しV5達成。そして迎えた2019年シーズン、メルセデスは開幕からの8連勝を含む21戦15勝、フェラーリとレッドブルは3勝を分け合い、ドイツの雄が前人未到の6年連続ダブルタイトル獲得という大記録を樹立することとなった。

勝利数だけで見れば、多少の浮き沈みはあれメルセデスが毎年2桁を維持しているのだが、興味深いのはポールポジション数の推移だ。先の「圧勝期」のポール数は合計56回、獲得率は3年連続で95%だったのに対し、直近の3年では38回に減り、その獲得率は75%、62%、そして今季はついに半分を切り48%にまで下落した。さらに今シーズンは、史上最多ポール記録を更新し続けるハミルトンが、ポール獲得“たったの5回”にとどまったことは驚きだった。

一方でハミルトンは、今年誰よりも多い11勝を挙げ、史上2人目の6冠を達成している。このことが示すのは、メルセデスとハミルトンが、高次な組織力とレース運びで優勝を重ねていったということだ。例えば6月の第7戦カナダGPでは、ポールのベッテルに次ぐ2番手からジワジワとプレッシャーをかけ続け、ベッテルのコースオフを誘い、フェラーリにペナルティーが科せられたことでハミルトンが勝利をさらった。また第12戦ハンガリーGPでは、初ポールからレースをリードしていたフェルスタッペンに、メルセデスが考え出した2ストップ作戦という奇策でハミルトンが猛追を仕掛け、残り4周で劇的逆転優勝を飾った。

たとえ最速ではなくても、レースで真っ先にチェッカードフラッグを受けられればそれでいい──今年5月に70歳で逝去したメルセデスとハミルトンの精神的支柱、ニキ・ラウダのレース哲学が引き継がれたかのような、今年のハミルトンの勝ちっぷり。GPキャリア13年目、34歳となったハミルトンの「最速のドライバー」から「最強のドライバー」への進化に、同じメルセデスを駆るバルテリ・ボッタスを含めたライバルたちは、なすすべがなかった、そんな一年だった。

2019年のワールドチャンピオンに輝いたルイス・ハミルトン(写真)。ポールポジションこそ5回に終わったが、21戦して11勝、勝率5割以上、全戦でポイント獲得という圧倒的な強さでシーズンを駆け抜け、ミハエル・シューマッハーの持つ大記録、7冠まであとひとつと迫った。タイトルを決めた第19戦アメリカGPで叫んだ「俺たちはまだまだいけるんだ!」という言葉を体現するかのような、やむことのない成長を確認したハミルトンの今季だった。(Photo=Mercedes)
2019年のワールドチャンピオンに輝いたルイス・ハミルトン(写真)。ポールポジションこそ5回に終わったが、21戦して11勝、勝率5割以上、全戦でポイント獲得という圧倒的な強さでシーズンを駆け抜け、ミハエル・シューマッハーの持つ大記録、7冠まであとひとつと迫った。タイトルを決めた第19戦アメリカGPで叫んだ「俺たちはまだまだいけるんだ!」という言葉を体現するかのような、やむことのない成長を確認したハミルトンの今季だった。(Photo=Mercedes)拡大
ドライバーズランキング2位でシーズンを終えたバルテリ・ボッタス(写真)。未勝利に終わった2018年から一転、開幕戦オーストラリアGPで優勝、第3戦中国GPから3連続ポール、第4戦アゼルバイジャンGPで2勝目とシーズン序盤は目覚ましい活躍を見せ、その変貌ぶりから「ボッタス2.0」と呼ばれたほど。そこからは王者ハミルトンの巻き返しにあい主導権を握られるも、シーズンを通して5回のポール、4つの勝利を記録することができ、チームの6連覇に貢献した。(Photo=Mercedes)
ドライバーズランキング2位でシーズンを終えたバルテリ・ボッタス(写真)。未勝利に終わった2018年から一転、開幕戦オーストラリアGPで優勝、第3戦中国GPから3連続ポール、第4戦アゼルバイジャンGPで2勝目とシーズン序盤は目覚ましい活躍を見せ、その変貌ぶりから「ボッタス2.0」と呼ばれたほど。そこからは王者ハミルトンの巻き返しにあい主導権を握られるも、シーズンを通して5回のポール、4つの勝利を記録することができ、チームの6連覇に貢献した。(Photo=Mercedes)拡大
史上初のドライバー、コンストラクター両タイトル6連覇を達成したメルセデス。2人のドライバーをはじめ、代表のトト・ウォルフ、レース中の無線交信を通じて“世界一有名な裏方”となったハミルトンのレースエンジニア、“ボノ”ことピーター・ボニントンら優秀なスタッフに支えられた常勝軍団、その強さが抜きんでた一年だった。(Photo=Mercedes)
史上初のドライバー、コンストラクター両タイトル6連覇を達成したメルセデス。2人のドライバーをはじめ、代表のトト・ウォルフ、レース中の無線交信を通じて“世界一有名な裏方”となったハミルトンのレースエンジニア、“ボノ”ことピーター・ボニントンら優秀なスタッフに支えられた常勝軍団、その強さが抜きんでた一年だった。(Photo=Mercedes)拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事