1億円を超える「日産GT-R50 by Italdesign」の納車が2020年後半にスタート

2019.12.05 自動車ニュース
日産GT-R50 by Italdesign
日産GT-R50 by Italdesign拡大

日産自動車は2019年12月5日、イタルデザインと共同開発した50台の限定車「日産GT-R50 by Italdesign」の納車を、2020年後半に開始すると発表した。

 
1億円を超える「日産GT-R50 by Italdesign」の納車が2020年後半にスタートの画像拡大
 
1億円を超える「日産GT-R50 by Italdesign」の納車が2020年後半にスタートの画像拡大
 
1億円を超える「日産GT-R50 by Italdesign」の納車が2020年後半にスタートの画像拡大
 
1億円を超える「日産GT-R50 by Italdesign」の納車が2020年後半にスタートの画像拡大
 
1億円を超える「日産GT-R50 by Italdesign」の納車が2020年後半にスタートの画像拡大

GT-R50 by Italdesignは、「日産GT-R」が2019年に、イタルデザインが2018年に50周年を迎えることを記念してつくられたスペシャルモデル。

ベースとなるのは「GT-R NISMO」で、特別にチューンされた3.8リッターV6ツインターボエンジンは、ベースモデル比で120PSと128N・m増しとなる最高出力720PS、最大トルク780N・mを発生。内外装は、日産デザインヨーロッパと日産デザインアメリカの手でカスタマイズされている。開発と設計、製造はイタルデザインが担当する。

ボディーカラーやインテリアカラーは、ユーザーの好みに合わせてオーダーできる。オプションを含まない価格は、90万ユーロ(約1億0850万円)から。国内では輸入車として扱われる。

GT-R50 by Italdesignは、各市場における認可手続きを経た後、2020年後半から2021年末にかけて納車される。この市販バージョンは、2020年3月に開催されるジュネーブモーターショーのイタルデザインブースに展示される予定。

(webCG)

関連キーワード:
GT-R, 日産, 自動車ニュース