展示車両に宿る“建前”と“本音” ロサンゼルスショーの会場からアメリカの今を読み解く

2019.12.09 デイリーコラム

注目のあのクルマはどこに?

ロサンゼルスのダウンタウンにほど近い場所に位置する「ロサンゼルスコンベンションセンター」。グラミー賞が開催されることで知られる屋内競技場「ステイプルズセンター」に隣接して建つこの会場で、毎年11月に開催されるのがロサンゼルスモーターショー(以下、LAショー)だ。

デトロイト、ニューヨーク、シカゴと並ぶアメリカのメジャーモーターショーのひとつなだけに、他国開催のショーに比べると毎度アメリカンメーカーの存在感が際立っていることは当然。一方、ロサンゼルスが位置するカリフォルニア州は、全米一の自動車消費地であると同時に、排ガスによる大気汚染が強く問題視されているエリアでもある。かくして(テスラがこの州に本拠地を構えることからも明らかなように)、西海岸エリアはアメリカきっての電動モデルの需要地となっている。アメリカの中では例外的に“eモビリティー”への興味度が高いのも、この地域の特徴なのだ。

ということで、今年のLAショーにも多くの電動化モデルが出展された。フォルクスワーゲンのピュアEV(電気自動車)である「ID.」シリーズのワゴンバージョンや、「アウディe-tronスポーツバック」、「トヨタRAV4」のプラグインハイブリッド版、「ポルシェ・タイカン」の新グレード「4S」などがその一例だ。

さらに、そんな日欧発の各モデルに加えて、“アメリカの今”を象徴していたのが「マスタング マッハE」なる名称が与えられたフォードの製品。事前に「マスタングのEVが出る」との情報を得ていた筆者も、開幕早々にフォードのブースへと向かったのだが……。

ん? どこどこ!? 一体どこにあるの?

LAショーの会場となる「ロサンゼルスコンベンションセンター」の様子。壁につり下げられた「MINIクーパーSE」が目を引く。
LAショーの会場となる「ロサンゼルスコンベンションセンター」の様子。壁につり下げられた「MINIクーパーSE」が目を引く。拡大
デトロイト、ニューヨーク、シカゴと並び、アメリカの主要な自動車ショーのひとつとして数えられるLAショー。初開催は1907年と、その歴史は優に100年を超える。
デトロイト、ニューヨーク、シカゴと並び、アメリカの主要な自動車ショーのひとつとして数えられるLAショー。初開催は1907年と、その歴史は優に100年を超える。拡大
他のモーターショーと同じく、LAショーにもさまざまな電動車が出展された。写真はフォルクスワーゲンの「ID.スペースビジョン」。
他のモーターショーと同じく、LAショーにもさまざまな電動車が出展された。写真はフォルクスワーゲンの「ID.スペースビジョン」。拡大
会場をいくら歩いても、話題の“電気で走るマスタング”の姿が見当たらない。写真は「シェルビーGT500」。ガソリンで走る「マスタング」のハイパフォーマンスモデルだ。
会場をいくら歩いても、話題の“電気で走るマスタング”の姿が見当たらない。写真は「シェルビーGT500」。ガソリンで走る「マスタング」のハイパフォーマンスモデルだ。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事