クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

展示車両に宿る“建前”と“本音” ロサンゼルスショーの会場からアメリカの今を読み解く

2019.12.09 デイリーコラム

注目のあのクルマはどこに?

ロサンゼルスのダウンタウンにほど近い場所に位置する「ロサンゼルスコンベンションセンター」。グラミー賞が開催されることで知られる屋内競技場「ステイプルズセンター」に隣接して建つこの会場で、毎年11月に開催されるのがロサンゼルスモーターショー(以下、LAショー)だ。

デトロイト、ニューヨーク、シカゴと並ぶアメリカのメジャーモーターショーのひとつなだけに、他国開催のショーに比べると毎度アメリカンメーカーの存在感が際立っていることは当然。一方、ロサンゼルスが位置するカリフォルニア州は、全米一の自動車消費地であると同時に、排ガスによる大気汚染が強く問題視されているエリアでもある。かくして(テスラがこの州に本拠地を構えることからも明らかなように)、西海岸エリアはアメリカきっての電動モデルの需要地となっている。アメリカの中では例外的に“eモビリティー”への興味度が高いのも、この地域の特徴なのだ。

ということで、今年のLAショーにも多くの電動化モデルが出展された。フォルクスワーゲンのピュアEV(電気自動車)である「ID.」シリーズのワゴンバージョンや、「アウディe-tronスポーツバック」、「トヨタRAV4」のプラグインハイブリッド版、「ポルシェ・タイカン」の新グレード「4S」などがその一例だ。

さらに、そんな日欧発の各モデルに加えて、“アメリカの今”を象徴していたのが「マスタング マッハE」なる名称が与えられたフォードの製品。事前に「マスタングのEVが出る」との情報を得ていた筆者も、開幕早々にフォードのブースへと向かったのだが……。

ん? どこどこ!? 一体どこにあるの?

LAショーの会場となる「ロサンゼルスコンベンションセンター」の様子。壁につり下げられた「MINIクーパーSE」が目を引く。
LAショーの会場となる「ロサンゼルスコンベンションセンター」の様子。壁につり下げられた「MINIクーパーSE」が目を引く。拡大
デトロイト、ニューヨーク、シカゴと並び、アメリカの主要な自動車ショーのひとつとして数えられるLAショー。初開催は1907年と、その歴史は優に100年を超える。
デトロイト、ニューヨーク、シカゴと並び、アメリカの主要な自動車ショーのひとつとして数えられるLAショー。初開催は1907年と、その歴史は優に100年を超える。拡大
他のモーターショーと同じく、LAショーにもさまざまな電動車が出展された。写真はフォルクスワーゲンの「ID.スペースビジョン」。
他のモーターショーと同じく、LAショーにもさまざまな電動車が出展された。写真はフォルクスワーゲンの「ID.スペースビジョン」。拡大
会場をいくら歩いても、話題の“電気で走るマスタング”の姿が見当たらない。写真は「シェルビーGT500」。ガソリンで走る「マスタング」のハイパフォーマンスモデルだ。
会場をいくら歩いても、話題の“電気で走るマスタング”の姿が見当たらない。写真は「シェルビーGT500」。ガソリンで走る「マスタング」のハイパフォーマンスモデルだ。拡大

“電動版マスタング”はまさかのSUV

フォードのブースを訪れても、その姿を一向に発見できなかった “マスタングのEV”。もしや、注目度を増すためにその展示は別の場所で行われ、ブースにはあえて置かない戦略なのか!?

いや、さすがにそんなことはないはず……と目を凝らして探していると、ついに発見。実を言えば間抜けなことに、筆者はその前を何度も“素通り”していたのだ。というのも、かのEVは既存のマスタングとは似ても似つかない、典型的なSUVルックの持ち主だったのである!

何とも残念なことに、2016年をもって日本市場から撤退してしまったフォード。しかし、それでもスタイリッシュなクーペデザインや走りに見るコストパフォーマンスの高さなどから、マスタングの名が深く脳裏に刻まれている人は今でも少なくないだろう。中でも、高出力を発生する大排気量エンジンの設定と、わかりやすくスポーティーなビジュアルによってその知名度向上に一役買ったのが、1969年に追加されたハイパフォーマンスバージョン「マッハ1」だった。マスタング マッハEなる名称の今回のEVが、そんな歴代モデルの中にあって特にアイコニックな存在にあやかったものであることは、もちろん明らかだ。ところが、そんな価値ある名称を与えられたEVは、こともあろうにSUVだった。

大ヒットを飛ばした初代モデルの誕生が1964年と、今年で実に55年もの歴史を重ねてきたマスタング。その存在は、世界の2ドアスポーツモデルに多大な影響を与えてきた。それゆえに、かつての“栄光のネーミング”を受け継ぎながら、オリジナルのモデルとは何の脈絡も持たないSUVとして登場したマッハEが、往年のマスタングフリークから強い困惑のまなざしで見られることは、間違いなさそうだ。

ようやく見つけた「フォード・マスタング マッハE」。ご覧の通り、まさかのSUVである。
ようやく見つけた「フォード・マスタング マッハE」。ご覧の通り、まさかのSUVである。拡大
「マスタング マッハE」のサイドビュー。2ドアクーペの「マスタング」とは、似ても似つかない。
「マスタング マッハE」のサイドビュー。2ドアクーペの「マスタング」とは、似ても似つかない。拡大
1969年に「フォード・マスタング」に初設定された「マッハ1」。派手なルックスもあり、同時期のマスタングを代表するグレードのひとつとなった。
1969年に「フォード・マスタング」に初設定された「マッハ1」。派手なルックスもあり、同時期のマスタングを代表するグレードのひとつとなった。拡大
クーペの「マスタング」と同じく、3連のテールランプが目を引く「マスタング マッハE」のリアビュー。そこだけ似せられましても……。
クーペの「マスタング」と同じく、3連のテールランプが目を引く「マスタング マッハE」のリアビュー。そこだけ似せられましても……。拡大

高性能EVの車名に見るフォードの苦悩

高性能版バッテリーを搭載した仕様では「『ポルシェ・マカンターボ』の加速も凌駕(りょうが)する」とうたわれるマスタング マッハE。しかしEVの場合、取りあえず強力なバッテリーと強力なモーターを組み合わせれば、そうした“刹那的な速さ”を実現させるのはさほど難しくないというのは、もはや周知の事実である。

第一級の性能を備えながらも、今やそれだけでは新奇性を打ち出せず、思わず「かつての栄光」に助けを求めるという戦略に、ちょっとばかりフォードの苦悩が透けて見えるマスタングのEV。ようやく発見した展示車を前に、寂しい思いがよぎってしまった。

そんな悲喜こもごも(?)なeモビリティーの出展もありはしたものの、やはり「これぞアメリカのショーならでは」と感じさせられたのは、一際強烈な存在感を放っていたピックアップトラックの数々であった。日本では車名を言われても全くその姿が思い浮かばないような巨大なトラックを、“乗用車”として普通に使ってしまうのだから、この国は「巨大なガラパゴス」なのだとあらためて実感させられる。

実際、会場脇を走るドカンと広いフリーウェイを埋め尽くす車列の、少なからぬ割合を占めているのがこの種の巨大トラックというのが、今でもこの国の実情なのだ。数分で給油が終わるガソリンスタンドですら、時に行列ができる状況を目の当たりにすれば、「これらのクルマがすべてEVに置き換えられたら、充電ポストは一体どれほどの数が必要になるのだろう?」という問題に思い至り、そしてこの一点を考えただけでも“電動化”に対する疑念が拭い去れなくなる。

ピュアEVと巨大ピックアップトラックが並ぶモーターショーは、アメリカならではの光景。かくして今回も「建前と本音の葛藤」を強く実感させられることとなったLAショーなのだった。

(文=河村康彦/写真=フォード、Newspress、LOS ANGELES AUTO SHOW/編集=堀田剛資)

発表会において、他の「マスタング」とともにお披露目される「マスタング マッハE」。
発表会において、他の「マスタング」とともにお披露目される「マスタング マッハE」。拡大
「マスタング マッハE」のインテリア。左右対称なダッシュボードの形状に、オリジナルの「マスタング」の面影を感じる。
「マスタング マッハE」のインテリア。左右対称なダッシュボードの形状に、オリジナルの「マスタング」の面影を感じる。拡大
会場前に居並ぶ巨大なピックアップトラックとSUVの群れ。一般車が乗り入れできる場所ではないので、なにがしかのイベントが併催されていたものと思われる。今も昔も、こうしたクルマがアメリカ車を代表する存在であることは変わらない。
会場前に居並ぶ巨大なピックアップトラックとSUVの群れ。一般車が乗り入れできる場所ではないので、なにがしかのイベントが併催されていたものと思われる。今も昔も、こうしたクルマがアメリカ車を代表する存在であることは変わらない。拡大
巨大なピックアップトラックの荷台に乗り、カメラに向けて笑顔を見せる男の子。
巨大なピックアップトラックの荷台に乗り、カメラに向けて笑顔を見せる男の子。拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

関連キーワード
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。