BMWレーザーライトや20インチ専用ホイール採用の限定車「BMW M550i xDriveアルティメットエディション」登場

2019.12.06 自動車ニュース
BMW M550i xDriveアルティメットエディション
BMW M550i xDriveアルティメットエディション拡大

BMWジャパンは2019年12月6日、スポーティーセダン「BMW 5シリーズ」に特別仕様車「M550i xDrive Ultimate Edition(アルティメットエディション)」を設定し、台数55台の限定で販売を開始した。

特別色「カーボンブラック」をボディーカラーに設定。
特別色「カーボンブラック」をボディーカラーに設定。拡大
夜間走行時の安全性を向上させる「BMWレーザーライト」を搭載。
夜間走行時の安全性を向上させる「BMWレーザーライト」を搭載。拡大
セリウムグレーのカラーリングが採用された専用デザインの20インチホイール。
セリウムグレーのカラーリングが採用された専用デザインの20インチホイール。拡大
 
BMWレーザーライトや20インチ専用ホイール採用の限定車「BMW M550i xDriveアルティメットエディション」登場の画像拡大

今回のアルティメットエディションは、最高出力531PSの4.4リッターV8ターボエンジンを搭載した「M550i xDrive」をベースに、「Mパフォーマンスモデル」専用色となるセリウムグレーをキドニーグリルやミラーキャップなどに採用。ハイビームで走行時に車速が約70km/hを超えるとLEDハイビームヘッドライトに加え、自動点灯しLEDライトの約2倍に相当する最大600mまで照らすという「BMWレーザーライト」や「20インチ専用ホイール」「Mシートベルト(専用ステッチ)」「Ultimate Edition専用バッジ」など、他の5シリーズにはない装備を有し、ボディーカラーには特別色「カーボンブラック」も設定されている。

限定モデルの多くは、内外装の仕様が固定されているが、今回のアルティメットエディションはボディーカラーやシート仕様などを通常モデルと同様に選択できるのがセリングポイントであるとBMWは説明している。

右ハンドル仕様のみの設定で、価格は1319万円。

(webCG)

関連キーワード:
5シリーズ セダン, BMW, 自動車ニュース

BMW 5シリーズ セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 320d xDriveツーリングMスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.2.24 試乗記 新型「BMW 3シリーズ ツーリング」の日本導入7モデルのうち、まずは最高出力190PSの2リッター直4ディーゼルと4WDの組み合わせとなる「320d xDriveツーリングMスポーツ」に試乗。拡大された荷室の使い勝手や、走りの進化を確かめた。
  • BMW 320d xDrive Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.8.26 試乗記 新型「BMW 3シリーズ」に追加された2リッター直4ディーゼルモデル「320d xDrive Mスポーツ」に試乗。その出来栄えは、「BMWといえばガソリン直列6気筒」といった“伝統的エンスー”の固定観念を覆す、実に印象的なものだった。
  • BMW M235i xDriveグランクーペ(4WD/8AT)/220dグランクーペ(FF/8AT)【海外試乗記】 2020.2.27 試乗記 2020年春に日本の道を走り始めるBMWのニューモデル「2シリーズ グランクーペ」。コンパクトな4ドアクーペの走りには、どんな特徴があるのか? 駆動方式やパワーユニットの異なる2モデルにポルトガルで試乗した。
  • BMW 5シリーズにディーゼル×4WDの新グレード スポーティーな内外装も特徴 2019.7.30 自動車ニュース 「BMW 5シリーズ/5シリーズ ツーリング」に新グレード「523d xDrive Mスピリット」「523d xDriveツーリングMスピリット」が登場。ディーゼルエンジンと4WD機構がかなえる力強い走りに加え、スポーティーな内外装も特徴となっている。
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
ホームへ戻る