BMWレーザーライトや20インチ専用ホイール採用の限定車「BMW M550i xDriveアルティメットエディション」登場

2019.12.06 自動車ニュース
BMW M550i xDriveアルティメットエディション
BMW M550i xDriveアルティメットエディション拡大

BMWジャパンは2019年12月6日、スポーティーセダン「BMW 5シリーズ」に特別仕様車「M550i xDrive Ultimate Edition(アルティメットエディション)」を設定し、台数55台の限定で販売を開始した。

特別色「カーボンブラック」をボディーカラーに設定。
特別色「カーボンブラック」をボディーカラーに設定。拡大
夜間走行時の安全性を向上させる「BMWレーザーライト」を搭載。
夜間走行時の安全性を向上させる「BMWレーザーライト」を搭載。拡大
セリウムグレーのカラーリングが採用された専用デザインの20インチホイール。
セリウムグレーのカラーリングが採用された専用デザインの20インチホイール。拡大
 
BMWレーザーライトや20インチ専用ホイール採用の限定車「BMW M550i xDriveアルティメットエディション」登場の画像拡大

今回のアルティメットエディションは、最高出力531PSの4.4リッターV8ターボエンジンを搭載した「M550i xDrive」をベースに、「Mパフォーマンスモデル」専用色となるセリウムグレーをキドニーグリルやミラーキャップなどに採用。ハイビームで走行時に車速が約70km/hを超えるとLEDハイビームヘッドライトに加え、自動点灯しLEDライトの約2倍に相当する最大600mまで照らすという「BMWレーザーライト」や「20インチ専用ホイール」「Mシートベルト(専用ステッチ)」「Ultimate Edition専用バッジ」など、他の5シリーズにはない装備を有し、ボディーカラーには特別色「カーボンブラック」も設定されている。

限定モデルの多くは、内外装の仕様が固定されているが、今回のアルティメットエディションはボディーカラーやシート仕様などを通常モデルと同様に選択できるのがセリングポイントであるとBMWは説明している。

右ハンドル仕様のみの設定で、価格は1319万円。

(webCG)

関連キーワード:
5シリーズ セダン, BMW, 自動車ニュース

BMW 5シリーズ セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 320d xDrive Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.8.26 試乗記 新型「BMW 3シリーズ」に追加された2リッター直4ディーゼルモデル「320d xDrive Mスポーツ」に試乗。その出来栄えは、「BMWといえばガソリン直列6気筒」といった“伝統的エンスー”の固定観念を覆す、実に印象的なものだった。
  • BMW M550i xDrive/523d xDriveツーリング ラグジュアリー エディションジョイ+【試乗記】 2020.11.30 試乗記 「BMW 5シリーズ」のマイナーチェンジモデルが日本に上陸。4.4リッターV8ツインターボの「セダン」と2リッター直4ディーゼルターボの「ツーリング」をワインディングロードに連れ出し、走行性能と最新のデジタル装備の仕上がりを試した。
  • フォルクスワーゲンは新型「ゴルフ」に注目!【輸入車ブランドに聞きました2021】 2021.1.22 自動車ニュース すでに本国では新型「ゴルフ」や電気自動車「ID.3」などがデビューし、国内導入のタイミングが気になるフォルクスワーゲン。日本のインポーターであるフォルクスワーゲン グループ ジャパンに2021年の取り組みについて聞いてみた。
  • スバル・レヴォーグSTI Sport EX(4WD/CVT)【試乗記】 2021.1.22 試乗記 いまやスバルの中核モデルへと成長した「レヴォーグ」。六連星(むつらぼし)の新たなフラッグシップと位置づけられる新型は、スポーツワゴンらしい走りと使い勝手のよさが実感できる一台に仕上がっていた。
  • ポルシェ・タイカン ターボS(4WD)【試乗記】 2020.12.30 試乗記 ポルシェは並のクルマはつくらない。ブランド初の電気自動車(EV)として送り出された「タイカン」は、EVであると同時に第一級のスポーツサルーンでもある。ワインディングロードで味わえたのはあまりに濃密な「ポルシェらしさ」だった。
ホームへ戻る