BMWレーザーライトや20インチ専用ホイール採用の限定車「BMW M550i xDriveアルティメットエディション」登場

2019.12.06 自動車ニュース
BMW M550i xDriveアルティメットエディション
BMW M550i xDriveアルティメットエディション拡大

BMWジャパンは2019年12月6日、スポーティーセダン「BMW 5シリーズ」に特別仕様車「M550i xDrive Ultimate Edition(アルティメットエディション)」を設定し、台数55台の限定で販売を開始した。

特別色「カーボンブラック」をボディーカラーに設定。
特別色「カーボンブラック」をボディーカラーに設定。拡大
夜間走行時の安全性を向上させる「BMWレーザーライト」を搭載。
夜間走行時の安全性を向上させる「BMWレーザーライト」を搭載。拡大
セリウムグレーのカラーリングが採用された専用デザインの20インチホイール。
セリウムグレーのカラーリングが採用された専用デザインの20インチホイール。拡大
 
BMWレーザーライトや20インチ専用ホイール採用の限定車「BMW M550i xDriveアルティメットエディション」登場の画像拡大

今回のアルティメットエディションは、最高出力531PSの4.4リッターV8ターボエンジンを搭載した「M550i xDrive」をベースに、「Mパフォーマンスモデル」専用色となるセリウムグレーをキドニーグリルやミラーキャップなどに採用。ハイビームで走行時に車速が約70km/hを超えるとLEDハイビームヘッドライトに加え、自動点灯しLEDライトの約2倍に相当する最大600mまで照らすという「BMWレーザーライト」や「20インチ専用ホイール」「Mシートベルト(専用ステッチ)」「Ultimate Edition専用バッジ」など、他の5シリーズにはない装備を有し、ボディーカラーには特別色「カーボンブラック」も設定されている。

限定モデルの多くは、内外装の仕様が固定されているが、今回のアルティメットエディションはボディーカラーやシート仕様などを通常モデルと同様に選択できるのがセリングポイントであるとBMWは説明している。

右ハンドル仕様のみの設定で、価格は1319万円。

(webCG)

関連キーワード:
5シリーズ セダン, BMW, 自動車ニュース

BMW 5シリーズ セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 320d xDrive Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.8.26 試乗記 新型「BMW 3シリーズ」に追加された2リッター直4ディーゼルモデル「320d xDrive Mスポーツ」に試乗。その出来栄えは、「BMWといえばガソリン直列6気筒」といった“伝統的エンスー”の固定観念を覆す、実に印象的なものだった。
  • BMW 330i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2019.3.2 試乗記 BMWが誇るスポーツセダンのベンチマーク「3シリーズ」が、7代目にフルモデルチェンジ。ブランドの“伝統芸”ともいえるミズスマシ的ドライブフィールと、隔世の進化を遂げた強力なドライビングアシストに触れ、リポーターが感じたこととは?
  • BMW 320d Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.24 試乗記 BMWの新世代ディーゼルエンジンを搭載した最新型の「320d」に試乗。低速トルクに満ち、スポーティーなフットワークを備えた「320d Mスポーツ」の仕上がり具合は上々。まさに「3シリーズ」の真打ちといえる実力の持ち主だった。
  • BMW 623dグランツーリスモMスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2020.1.7 試乗記 「BMW 6シリーズ グランツーリスモ」に追加設定されたディーゼルモデル「623dグランツーリスモMスポーツ」に試乗。定番のセダンでも人気のステーションワゴンでもない独自路線を行くクロスオーバーというポジションには、いったいどんな魅力があるのか。
  • メルセデス・ベンツE350deアバンギャルド スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2019.12.20 試乗記 乗用車では日本初となる、ディーゼルエンジンベースのプラグインハイブリッドモデル「メルセデス・ベンツE350de」に試乗。燃費性能に優れるディーゼルと、ゼロエミッションを掲げるEVのいいとこ取りとうたわれるパワーユニットの出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る