自動運転社会は永遠にこない!? 河村康彦の2019年“私的”8大ニュース!

2019.12.25 デイリーコラム

今年もとうとうあとわずか! 「恒例の10大ニュースをお願いします」との依頼を受けたので、これまた恒例ながら、残り少なくなった今年分の手帳を最初からめくってみた。

その結果として判明した今年の“試乗会への参加数”は、概算で50ほど。仮に1イベントあたり3種類のバリエーションに乗っていたとすれば、メーカー/インポーターから個別に借り出して取材した分を除いた、試乗会のみでのチェック台数は、150ほどという計算だ。

ちなみに“10大”と請われたものの、今でもすぐに脳裏に浮かぶ、真に心に響いたトピックスは以下の限り……。

ということで、今年は“8大ニュース”にてご容赦を。

やっぱり自動運転は難しい

8位:「17km」のカリナン試乗車にびっくり
某誌からの試乗依頼を受け、取材車両の引き取りへと出向くことに。

指定のパーキングに到着し、怪しい紫色に彩られた試乗車のドライバーズシートへと乗り込んでびっくり! オドメーターの数字はわずかに17km! 「えっ?」と思い、車検証をチェックすれば、登録年月日は何と“昨日”!!

ロールス・ロイス車では当たり前なのか、はたまた今回だけがレアケースなのか。オプション込みでほとんど4000万円というそんな“ド新車”にさすがにちょっとビビリつつ、それでも辞退するわけにはいかず、箱根の待ち合わせ場所へと向かうことに。

7位:プロパイロット2.0に自動運転の難しさを再認識
技術水準としては「レベル2」ながら、特定条件下で“ハンズオフ”を可能とすることが売り物の「日産スカイライン」をテストドライブ。

しかし、標識を読み込んで速度制限を律義に守るゆえの、周囲のクルマの流れとの隔たりが大問題。ある日一斉に“手動運転”は禁止するか、速度制限の大改革を行わない限り、「あぶな過ぎて自動運転なんてできっこない!」ことを再認識。

待ち合わせ場所に現れた「ロールス・ロイス・カリナン」は、前日に登録されたばかりのド新車だった。
待ち合わせ場所に現れた「ロールス・ロイス・カリナン」は、前日に登録されたばかりのド新車だった。拡大
「プロパイロット2.0」を搭載した「日産スカイライン」で手放し運転を体験したものの、制限速度とは異なる実際のクルマの流れへの対応に課題を感じた。
「プロパイロット2.0」を搭載した「日産スカイライン」で手放し運転を体験したものの、制限速度とは異なる実際のクルマの流れへの対応に課題を感じた。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事