「日産シーマ」と「フーガ」の安全性能が向上

2019.12.23 自動車ニュース
日産シーマ ハイブリッドVIP G
日産シーマ ハイブリッドVIP G拡大

日産自動車は2019年12月23日、高級セダン「シーマ」と「フーガ」の仕様変更を発表。同日、販売を開始した。

「ハイビームアシスト」のイメージ。
「ハイビームアシスト」のイメージ。拡大
「シーマ ハイブリッドVIP G」のインテリア。
「シーマ ハイブリッドVIP G」のインテリア。拡大
日産フーガ ハイブリッド
日産フーガ ハイブリッド拡大
「フーガ」のエンブレムは、これまでのインフィニティブランドのものから、日産ブランドのデザインへと改められた。
「フーガ」のエンブレムは、これまでのインフィニティブランドのものから、日産ブランドのデザインへと改められた。拡大

今回の仕様変更で、シーマ、フーガともに「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」が標準装備となった。これにより、走行中に前方の車両や障害物、静止した歩行者が検知できるようになり、衝突被害の軽減や追突の回避支援が可能になった。

そのほか、以下の装備が標準化された。

  • 踏み間違い衝突防止アシスト:進行方向の壁や車両などの障害物を検知し(前進時および後退時)、アクセルペダルとブレーキペダルの踏み間違いによる障害物への衝突防止を支援する。
  • ハイビームアシスト:先行車または対向車、周囲の明るさなどに応じ、自動的にハイビームとロービームを切り替える。
  • インテリジェント クルーズコントロール:先行車との距離を測定し、運転者がセットした車速を上限として、システムがアクセルとブレーキの操作を行い、車速に応じた車間距離を保ちながら走行する。

フーガについてはさらに、2台前を走る車両を検知し、前方に潜む危険に対して注意を促す「インテリジェントFCW」や、クルマの発進・加速時に生じる過剰な燃費消費を抑制し、エコな運転をサポートする「ECOペダル」が全グレードに搭載された。同時に、これまでのインフィニティエンブレムを廃し、日産のエンブレムが装着された。

これらの変更により、両モデルともに「サポカーSワイド」の対象となっている(一部グレードを除く)。価格は以下の通り。

【シーマ】

  • ハイブリッドモデル(FR/7AT):823万1300円~933万1300円

【フーガ】

  • ハイブリッドモデル(FR/7AT):551万8700円~709万9400円
  • 3.7リッターモデル(FR/7AT):534万6000円~626万3400円
  • 3.7リッターモデル(4WD/7AT):501万3800円~556万6000円
  • 2.5リッターモデル(FR/7AT):446万3800円~532万4000円

(webCG)
 

関連キーワード:
シーマ, フーガ, 日産, 自動車ニュース

日産 シーマ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産フーガハイブリッド(FR/7AT)【試乗記】 2015.3.13 試乗記 日産のプレミアムセダン「フーガ」がエクステリアデザインの大幅な変更を伴うマイナーチェンジを受けた。最も人気の高いグレード「ハイブリッド」でその進化を確かめた。
  • レクサスIS300h“バージョンL”/IS300h“Fスポーツ”/IS300“Fスポーツ”【試乗記】 2020.12.25 試乗記 セダン冬の時代と言われて久しいが、「レクサスIS」の最新型は、この情勢を一変させられるか? フルモデルチェンジ並みの改良策が施された、プレミアムスポーツセダンの走りをリポートする。
  • 日産フーガ250GT(FR/7AT)【試乗記】 2010.3.11 試乗記 日産フーガ250GT(FR/7AT)
    ……523万9500円


    2009年11月に初のフルモデルチェンジを受けた「日産フーガ」。一見、“デザイン重視”で登場したかのように見える2代目だが、実際のところはどうなのか? 売れ筋の2.5リッターモデルを試した。
  • トヨタGRヤリスRS(FF/CVT)【試乗記】 2021.1.13 試乗記 ラリーのトップカテゴリーで勝つことを念頭に開発された、トヨタのコンパクトハッチバック「GRヤリス」。たとえFF・CVT仕様のエントリーグレードであっても、そのこだわりの走りは、出自を感じさせる非凡さにあふれていた。
  • 日産がフーガを大幅改良、安全装備を強化 2015.2.13 自動車ニュース 日産が「フーガ」をマイナーチェンジ。安全装備を強化し、販売を開始した。
ホームへ戻る