「ダイハツ・タント」の装備充実の新グレード“セレクション”シリーズ登場

2019.12.23 自動車ニュース
ダイハツ・タントX“セレクション”
ダイハツ・タントX“セレクション”拡大

ダイハツ工業は2019年12月23日、軽乗用車「タント」に新グレード“セレクション”シリーズを設定し、販売を開始した。

タントXターボ“セレクション”
タントXターボ“セレクション”拡大
タントカスタムX“セレクション”
タントカスタムX“セレクション”拡大
タントカスタムRS“セレクション”
タントカスタムRS“セレクション”拡大

今回のセレクションシリーズは既存のパックオプションである「コンフォータブルパック」「スマートクルーズパック」「スタイルパック」の3種をグレードに応じて標準装備とし、買い得な価格としたもの。「X」「Xターボ」「カスタムX」「カスタムRS」の4グレードをベースに設定する。

各パックオプションの内容は以下の通り。

【コンフォータブルパック】

  • 360°スーパーUV&IRカットガラス
  • 格納式シートバックテーブル&シートバックポケット
  • 運転席シートリフター
  • チルトステアリング
  • シートヒーター(運転席/助手席)※1
  • リアヒーターダクト※1

※1:FF車のみ。4WD車はベース車に標準装備。

【スマートクルーズパック】

  • 全車速追従機能付きACC(アダプティブクルーズコントロール)
  • LKC(レーンキープコントロール)
  • スマートクルーズ専用ディスプレイ
  • ステアリングスイッチ(運転支援用)
  • 運転席シートリフター
  • チルトステアリング
  • ETCユニット
  • 革巻きステアリングホイール(メッキオーナメント、シルバー加飾付き)※2
  • ドライブアシストイルミネーション(エコドライブアシスト照明付き)※2

※2:カスタムRSはベース車に標準装備

【スタイルパック】

  • LEDフォグランプ
  • フォグランプガーニッシュ(メッキ)
  • リアリフレクターガーニッシュ(メッキ)

標準装備されるパックオプションは以下の通り。

  • X“セレクション”:コンフォータブルパック
  • Xターボ“セレクション”:コンフォータブルパック、スマートクルーズパック
  • カスタムX“セレクション”:コンフォータブルパック、スタイルパック
  • カスタムRS“セレクション”:コンフォータブルパック、スマートクルーズパック、スタイルパック

新グレードのラインナップと価格は以下の通り。

  • X“セレクション”:149万0500円(FF車)/161万7000円(4WD車)
  • Xターボ“セレクション”:164万4500円(FF車)/176万5500円(4WD車)
  • カスタムX“セレクション”:172万1500円(FF車)/184万2500円(4WD車)
  • カスタムRS“セレクション”:185万3500円(FF車)/197万4500円(4WD車)

(webCG)

関連キーワード:
タント, タントカスタム, ダイハツ, 自動車ニュース

ダイハツ タント の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバス徹底解説 2016.9.7 ムーヴ キャンバス Debut!<PR> 2016年9月7日にデビューした、ダイハツの新型軽自動車「ムーヴ キャンバス」。室内のあちこちに設けられた“使える収納”に、さまざまなシートアレンジ、そして17種類におよぶカラーバリエーションなど、“新感覚スタイルワゴン”の見どころを、写真とともに紹介する。
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスX“リミテッド メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.16 試乗記 ダイハツから、「タント」より少し背の低い“ミニバス”「ムーヴ キャンバス」が登場。「置きラクボックス」や「パノラマモニター」を初採用した新型軽の印象は? ストライプスカラーが映える「X“メイクアップ リミテッド SA II”」に試乗した。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • 世界限定300台の「アルピーヌA110リネージGT 2021」国内導入へ 2021.5.13 自動車ニュース アルピーヌ・ジャポンは2021年5月13日、快適性と走行性能を高次元でバランスさせたという限定車「アルピーヌA110リネージGT 2021」を、国内で販売する計画を明らかにした。正式発表は同年6月中旬に行われる見込み。
ホームへ戻る