最新のハイブリッドで成功できるか? 新型「トヨタ・ヤリス」の環境性能について考える

2019.12.27 デイリーコラム

小粒でも上等な新システム

2020年2月の発売に先駆けてスペックが明らかにされた、新型トヨタ・ヤリス。その燃費性能のキモとなるハイブリッドシステムに、あらためて注目したい。

新型ヤリスの、3気筒になった1.5リッターガソリンエンジンのアウトプットは、最高出力91PS/5500rpm、最大トルク120N・m/3800-4800rpm。電気モーターのそれらは、フロントモーターが80PSと141N・m。「E-Four」こと4WD車に用いられるリアモーターは5.3PSと52N・mだ。

先代(現行)の「ヴィッツ ハイブリッド」では、1.5リッター直4エンジンが74PS/4800rpmと111N・m/3600-4400rpm、モーターが61PSと169N・mだから、新しいヤリスは“相対的に”高いエンジン回転数でハイパワーを発生する仕様となった。3気筒化によって低回転域でのトルクを増大できたので、ピークパワーをむしろより高い回転域に持ってこられたのだろう。

計測モードが異なるので直接的な比較に意味はないが、ヴィッツ ハイブリッドのJC08モードでの燃費が34.4km/リッター。ヤリス ハイブリッドのそれは、一般に数字が厳しくなりがちなWLTCモードで、35.4~36.0(FFの数値。4WDは30.2)km/リッター。実燃費も向上しているはずだ。

ヤリス ハイブリッドの「リダクション機構付きTHS II」で使用する駆動用と発電用モーターはともに新開発で、高出力、高効率を果たしつつコンパクト化。メカを収納するケースの駄肉を削るといった努力もあって、THS II全体のコンポーネンツも小型化された。もちろん、システムを制御するPCU(パワーコントロールユニット)やインバーターの性能も引き上げられている。

わかりやすく新しいのが、バッテリーが、ヴィッツ ハイブリッドのニッケル水素からリチウムイオンに変更されたこと。「プリウス」で先行して使われていたリチウムイオンが、ついにコンパクトカーにも下りてきたわけだ。しかもヤリスのものは、バッテリーを構成するセル単位でさらなる高効率・小型化を果たしている。ピュアEVの商品化には冷たいトヨタだが、クルマ電動化の基幹技術は着実に蓄積、実用化している。

2020年2月の発売日よりも4カ月も前に発表された新型「ヤリス」。ハイブリッド車の価格帯は199万8000円から249万3000円で、シリーズの中では上級モデルと位置付けられる。
2020年2月の発売日よりも4カ月も前に発表された新型「ヤリス」。ハイブリッド車の価格帯は199万8000円から249万3000円で、シリーズの中では上級モデルと位置付けられる。拡大
新開発「ダイナミックフォースエンジン」をベースにポート噴射化された、ハイブリッド用1.5リッター直3ユニット。主にビジネスユースを目的とした1リッター直3エンジンもラインナップされている。
新開発「ダイナミックフォースエンジン」をベースにポート噴射化された、ハイブリッド用1.5リッター直3ユニット。主にビジネスユースを目的とした1リッター直3エンジンもラインナップされている。拡大
新型「ヤリス」のハイブリッド車には、高効率を追求したリチウムイオンバッテリーが搭載される。(写真は展示用のカットモデル)
新型「ヤリス」のハイブリッド車には、高効率を追求したリチウムイオンバッテリーが搭載される。(写真は展示用のカットモデル)拡大
「ヤリス ハイブリッド」のカットモデル。リチウムイオンバッテリーは後席の真下にレイアウトされる。
「ヤリス ハイブリッド」のカットモデル。リチウムイオンバッテリーは後席の真下にレイアウトされる。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る