トムスが「トヨタ・スープラ」のコンプリートカーを発表 99台限定で注文受け付けを開始【東京オートサロン2020】

2020.01.10 自動車ニュース
TOM’S SUPRA(トムス スープラ)
TOM’S SUPRA(トムス スープラ)拡大

国内トップレーシングチームのひとつであるトムスは2020年1月10日、コンプリートカー「TOM’S SUPRA(トムス スープラ)」を千葉県の幕張メッセで開催中の「東京オートサロン2020」(会期:2020年1月10日~12日)にて発表した。

 
トムスが「トヨタ・スープラ」のコンプリートカーを発表 99台限定で注文受け付けを開始【東京オートサロン2020】の画像拡大

レースで培ったノウハウにより120PSのパワーアップを実現

今回発表されたトムス スープラは、トムスがレーシングチームとして46年にわたり蓄積してきたノウハウやリソースを注いで開発したハイパフォーマンスカーである。発表同日の2020年1月10日に注文受け付けが開始される。納車開始は同年夏ごろの予定。

開発テーマは「THE SPORTS」というもので、レーシングユニットのスペシャリストである前田光彦氏がパワープラントを、ダンパーの専門家である寺本浩之氏がサスペンションを担当。トヨタの元テストドライバーである西島光義氏が徹底的なテストを行い、車両をつくり込んだという。

特に3リッター直6ターボエンジンについては、レースで培った技術を生かしてパワーアップとレスポンスアップを追求。大きな風量を稼ぐハイフロータービンと、インタークーラーの効率を上げるヒートエクスチェンジャー、エキゾーストシステム「トムス・バレル」などを採用するとともに、ECUにも専用のチューニングを施すことで、エンジン内部に手を入れず、耐久性を犠牲にすることなく、460PSの最高出力と578.6N・mの最大トルクを実現したという。

一方、ボディーについてはハンドリングレスポンスの向上と、コーナリング時、ブレーキング時、加速時に起きるねじれを低減するべく、各部をブレースで補強。サスペンションは車内からフロントとリアの減衰力を個別に調整可能で、ショックアブソーバーやスプリングなどを細部まで見直すことで、意のままに操れる操縦性とストレスのない乗り心地を追求している。ブレーキについても、フロントにブレンボ製の6ピストンキャリパーとφ380mmの大型ディスクローターを採用。制動力の向上を図っている。

専用の空力パーツでエアロダイナミクスを追求

ベース車とは大きく異なるスタイリングも特徴で、ボディーをSUPER GT GT500車両と同サイズの1950mmまでワイド化(ノーマル比+85mm)。軽量・高剛性のドライカーボン製ディフューザー(フロント/サイド/リア)や、大きなダウンフォースを発生するGTウイング、フロントマスクをより精悍(せいかん)にするバンパーガーニッシュなどを装備することで、エアロダイナミクス性能を向上させている。

一方インテリアでは、インストゥルメントパネルの各所にカーボン製のガーニッシュを装着。標準仕様のシートに加えて、オプションで高いホールド性を実現するバケットシートも用意され、特に後者については、好みのシート地への張り替えも可能となっている。

価格は1423万円。99台の数量限定で販売される。

(webCG)

関連キーワード:
スープラ, トヨタ, 東京オートサロン2020, モーターショー, 自動車ニュース

トヨタ スープラ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型「トヨタ・スープラ」(その1) 2019.1.14 画像・写真 トヨタのスポーツクーペ「スープラ」が17年ぶりに復活。2019年春の日本導入が予定されている新型は5代目のモデルにあたり(日本では3代目)、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボを筆頭に、3種類のエンジンが用意されている。内外装の詳細を写真で紹介する。
  • 新型「トヨタ・スープラ」(その2) 2019.1.14 画像・写真 デトロイトモーターショーで世界初公開された新型「トヨタ・スープラ」。そのデザインは「Condensed Extreme L6 FR “TOYOTA” Sports」というコンセプトのもとに開発されたという。抑揚豊かな新型スープラの姿を、写真で紹介する。
  • トヨタ・スープラRZ(FR/8AT)/スープラSZ-R(FR/8AT)/スープラSZ(FR/8AT)【試乗記】 2019.6.10 試乗記 17年ぶりに復活した新型「トヨタ・スープラ」が、ついに日本の道を走りだす。BMWとの提携をはじめとする新たな試みから生まれた5代目は、どんなクルマに仕上がっているのか? 全3グレードの走りを報告する。
  • トヨタ・スープラSZ-R(FR/8AT)【試乗記】 2019.8.6 試乗記 新型「トヨタ・スープラ」の中でイチオシのグレードだと、開発テストドライバーが口をそろえる「スープラSZ-R」。ワインディングロードで試乗してみると、その評価に納得できる楽しさが伝わってきた。
  • ボルボS60 T6 Twin Engine AWDインスクリプション/トヨタ・クラウン2.5 G(前編)【試乗記】 2020.1.8 試乗記 日本におけるセダンユーザー拡大を使命に、ボルボが送り込んできた新型「S60」。受けて立つのはこれぞニッポンのセダンたる「トヨタ・クラウン」。この2台を比較試乗し、SUV全盛のいま、セダンをチョイスする理由について考えた。
ホームへ戻る