「ロータス・エキシージ」に特別仕様車「スポーツ350 GPエディション」が登場【東京オートサロン2020】

2020.01.10 自動車ニュース
ロータス・エキシージ スポーツ350 GPエディション
ロータス・エキシージ スポーツ350 GPエディション拡大

ロータスの正規輸入元であるエルシーアイは2020年1月10日、千葉県の幕張メッセで開催される「東京オートサロン2020」(会期:2020年1月10日~12日)に、「エキシージ」の特別仕様車「スポーツ350 GPエディション」を出展すると発表した。

 
「ロータス・エキシージ」に特別仕様車「スポーツ350 GPエディション」が登場【東京オートサロン2020】の画像拡大
 
「ロータス・エキシージ」に特別仕様車「スポーツ350 GPエディション」が登場【東京オートサロン2020】の画像拡大
 
「ロータス・エキシージ」に特別仕様車「スポーツ350 GPエディション」が登場【東京オートサロン2020】の画像拡大
 
「ロータス・エキシージ」に特別仕様車「スポーツ350 GPエディション」が登場【東京オートサロン2020】の画像拡大
 
「ロータス・エキシージ」に特別仕様車「スポーツ350 GPエディション」が登場【東京オートサロン2020】の画像拡大
 
「ロータス・エキシージ」に特別仕様車「スポーツ350 GPエディション」が登場【東京オートサロン2020】の画像拡大

モチーフは「JPSカラー」のF1マシン

今回のスポーツ350 GPエディションは、最高出力350PS、最大トルク400N・mを発生する「エキシージ スポーツ350」をベースに、カタログモデルにはないカラーリングや装飾を施した特別仕様車である。黒を基調としたその意匠は、F1世界選手権に参戦していたチームロータスが1972~1986年に採用していたカラーリングを参考にしたもので、この期間中、ロータスは3度のコンストラクターズタイトル獲得と2度のドライバーズタイトル獲得、合計35回の優勝を果たしている。

また、通常はオプション扱いとなる「アルカンタラパック」や軽量鍛造アルミホイール等が標準で備わるなど、充実した装備も特徴となっている。

特別装備は以下の通り。

  • モータースポーツブラック特別ペイント
  • カーボンフロントスプリッター 
  • カーボンフロントアクセスパネル
  • カーボンハードトップ
  • Mars Gold特別ハイライトペイント(フロントアクセスパネル/ハードトップ/フューエルリッド/リアウイングアップライト)
  • ゴールド「LOTUS」「EXIGE SPORT 350」ロゴデカール(リアパネル部)
  • ブラック軽量鍛造アルミホイール
  • アルカンタラパック
  • アルカンタラステアリングホイール
  • カーボンスポーツシート
  • ゴールドインテリアカラーパック
  • ゴールドステッチ&ゴールドローレルリース
  • 「GP edition」特別プレート
  • フロアマット
  • エアコンディショニングユニット
  • クラリオン製CD MP3 WMAオーディオ&2スピーカー

価格は1133万円。販売台数は20台限定で、2020年2月の納車開始が予定されている。

(webCG)

関連キーワード:
エキシージ, ロータス, 東京オートサロン2020, モーターショー, 自動車ニュース

ロータス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロータス・エキシージ スポーツ350(MR/6MT)【試乗記】 2016.10.19 試乗記 大幅な軽量化により、動力性能をさらに突き詰めた「ロータス・エキシージ スポーツ350」。より速く、より荒々しくなったその走りを堪能し、名だたるスーパーカーでさえ持ち合わせていない、このクルマだけの“特権”に触れた。
  • ロータス・エキシージ スポーツ410(MR/6MT)【試乗記】 2019.7.5 試乗記 過給機付きの3.5リッターV6エンジンを搭載した「ロータス・エキシージ」の最新モデル「スポーツ410」。7年にわたり連綿と施されてきた改良は、このクルマにどのような進化をもたらしたのか? 卓越した走行安定性と洗練されたエンジンの妙味を堪能した。
  • ロータス・エヴォーラGT410スポーツ(MR/6MT)【試乗記】 2018.10.18 試乗記 416psのハイチューンエンジンと専用の空力デバイスを備えた「ロータス・エヴォーラGT410スポーツ」。ラインナップの隙間を埋めるエヴォーラの高性能グレードは、ベース車の美点を損なうことなく走りを高めた、絶妙な一台に仕上がっていた。
  • ロータス・エヴォーラ400(MR/6MT)【試乗記】 2016.3.30 試乗記 最高出力406ps、車両重量1395kg。ロータスのフラッグシップモデル「エヴォーラ」が、より軽く、よりパワフルな「エヴォーラ400」に進化を遂げた。6段MT仕様の試乗を通して感じた、動力性能の向上だけにとどまらない進化のポイントを報告する。
  • ランボルギーニ・ウラカンEVOスパイダー(4WD/7AT)【試乗記】 2020.1.20 試乗記 モデルライフ半ばの改良が施された、イタリアンスーパースポーツ「ランボルギーニ・ウラカン」。最新型のオープンバージョンに試乗した筆者は、マイナーチェンジという言葉では言い尽くせない劇的な進化に驚かされたのだった。
ホームへ戻る