トヨタがWRCのホモロゲーションモデル「GRヤリス」を発表【東京オートサロン2020】

2020.01.10 自動車ニュース
フォトセッションの様子。中央で「ヤリスGR」のドアシルに立つのは、トヨタの豊田章男社長(左)と、友山茂樹GAZOO Racing Companyプレジデント(右)。
フォトセッションの様子。中央で「ヤリスGR」のドアシルに立つのは、トヨタの豊田章男社長(左)と、友山茂樹GAZOO Racing Companyプレジデント(右)。拡大

トヨタ自動車は2020年1月10日、東京オートサロン2020(開催期間:2020年1月10日~12日)のTOYOTA GAZOO Racingブースにおいて、高性能ハッチバックモデル「GRヤリス」を世界初公開した。

トヨタGRヤリス
トヨタGRヤリス拡大
「GRヤリス」のリアビュー。天地の薄いリアウィンドウが特徴的。
「GRヤリス」のリアビュー。天地の薄いリアウィンドウが特徴的。拡大
「GRヤリス」のトランスミッションは6段MTとされているが、会場にはCVT仕様のコンセプトモデル(写真)も展示された。
「GRヤリス」のトランスミッションは6段MTとされているが、会場にはCVT仕様のコンセプトモデル(写真)も展示された。拡大
こちらはWRCに実戦投入されている「ヤリスWRC」。トヨタは2019年シーズンのWRCでドライバーズタイトルを獲得している。
こちらはWRCに実戦投入されている「ヤリスWRC」。トヨタは2019年シーズンのWRCでドライバーズタイトルを獲得している。拡大
今シーズンのSUPER GT(GT500クラス)に参戦するニューマシンも出展され、来場者の注目を集めていた。
今シーズンのSUPER GT(GT500クラス)に参戦するニューマシンも出展され、来場者の注目を集めていた。拡大
こちらはルマン24時間で優勝した「TS050ハイブリッド」。本物の優勝トロフィーとともに展示された。
こちらはルマン24時間で優勝した「TS050ハイブリッド」。本物の優勝トロフィーとともに展示された。拡大

“ラリー王国トヨタ”に向かって

GRヤリスは、スポーツカーシリーズ“GR”のオリジナルモデル。WRC(FIA世界ラリー選手権)のホモロゲーション取得を目的に、TMR(トミ・マキネン レーシング)の協力を得て開発された。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=3995×1805×1460mmで、ホイールベースは2558mm。アッパーボディーにはアルミニウムのエンジンフードやドアパネル、トランクリッドのほか、軽量・高剛性なCFRP素材のルーフパネルを採用。軽量化を図るとともに、優れた空力性能を追求したという。車両重量は1280kgと公表されている。

バリエーションの一つとして搭載される1.6リッター直列3気筒直噴ターボエンジンは、最高出力272PS、最大トルク370N・mを発生。トランスミッションは6段MTとのことだが、会場にはCVT仕様のコンセプトモデルも展示された。

サスペンションは、フロントがマクファーソンストラット式でリアがダブルウイッシュボーン式。多板クラッチによる前後駆動力可変システム採用の新開発スポーツ4WDシステム「GR-FOUR」により、動的性能の向上が図られている。

発売時期は2020年の夏ごろを予定。今回の発表にあわせて、その先行予約限定モデルとなる「RZ“ファーストエディション”」(396万円)と「RZ“ハイパフォーマンス・ファーストエディション”」(456万円)の受注を、同年1月10日10時から6月30日までの半年間にわたってウェブ限定で行うこともアナウンスされた。前者は「RZ」グレードがベースで、マットブラック塗装を施したラジエーターグリル、フロントサイドディフューザー、リアスポイラー&リアバンパーを装備。後者はこれらに加えて、トルセンLSD、冷却スプレー機能付き空冷インタークーラー、マットブラック塗装のBBS製鍛造アルミホイールなどが装着されている。

会場では、友山茂樹GAZOO Racing CompanyプレジデントがGRヤリスの特徴を紹介。「このクルマのコンセプトは、“ラリー王国トヨタ”(という評価)を不動にするウエポン。そして、多くのお客さまにクルマを操る楽しさを教えてくれるモデルでもあります」などとコメントし、その魅力をアピールした。

プレスカンファレンスでは、モリゾウこと豊田章男社長もビデオレターの形で出演し、スバルとの協業で世に出た「86」やBMWと共同開発した新型「スープラ」に触れつつ、「トヨタが自らの手で開発したスポーツカーが欲しかった」という思いを吐露。会の最後にはサプライズとして本人が登壇し、満面の笑みで友山氏とともにフォトセッションに臨んだ。

(webCG)
 

関連キーワード:
ヤリス, トヨタ, 東京オートサロン2020, モーターショー, 自動車ニュース

トヨタ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヤリス 2019.10.16 画像・写真 国内では「ヴィッツ」の名で販売されてきた、トヨタのコンパクトハッチバック「ヤリス」がフルモデルチェンジ。2020年2月の発売を前に世界初公開された新型の姿を、写真で紹介する。
  • トヨタ・ヤリス ハイブリッドG(FF/CVT)【試乗記】 2020.3.21 試乗記 トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」がフルモデルチェンジ。プラットフォームやパワートレイン、内外装デザインなどすべてが刷新され、車名まで従来のグローバル名たる「ヤリス」に改められて登場した。まずは最量販モデルと位置付けられる「ハイブリッドG」の出来栄えを確かめる。
  • 第174回:第一印象は毒虫 2020.5.5 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第174回は「第一印象は毒虫」。新型「トヨタ・ヤリス ハイブリッド」のデザインを斬る! 果たして、傑作か駄作か? 愛車の「シトロエンDS3」との比較で明らかになった、衝撃の事実をリポート。
  • 第173回:ケモノのような欲望 2020.4.28 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第173回は「ケモノのような欲望」。新型「トヨタ・ヤリス ハイブリッド」に試乗! 初代「プリウス」に「アクア」と、2台のトヨタ製ハイブリッドカーを乗り継いできた筆者は、このクルマのデキをどう評価する?
  • トヨタ・ヤリスZ(FF/CVT)【試乗記】 2020.4.6 試乗記 全面刷新された「ヴィッツ」あらため「ヤリス」。「ハイブリッドG」に続き、ガソリンエンジン搭載のFFトップグレード「Z」に試乗。最高出力120PSの新開発1.5リッター直3エンジン+CVTはどんな走りを見せるのか。そしてハイブリッドモデルとの違いは?
ホームへ戻る