アストンマーティンがブランド初のSUV「DBX」と「DBSスーパーレッジェーラ ヴォランテ」を展示【東京オートサロン2020】

2020.01.10 自動車ニュース
東京オートサロン2020のアストンマーティンブースに立つ、アストンマーティン・アジア・パシフィック リージョナルプレジデントのパトリック・ニルソン氏(右)と、アストンマーティン・ジャパン マネージングディレクターの寺嶋正一氏(左)。
東京オートサロン2020のアストンマーティンブースに立つ、アストンマーティン・アジア・パシフィック リージョナルプレジデントのパトリック・ニルソン氏(右)と、アストンマーティン・ジャパン マネージングディレクターの寺嶋正一氏(左)。拡大

アストンマーティン・ジャパンは2020年1月10日、千葉県の幕張メッセで開催中の「東京オートサロン2020」(会期:2020年1月10日~12日)において、アストンマーティン初のSUV「DBX」および「DBSスーパーレッジェーラ ヴォランテ」を出展した。

2019年11月に日本でも導入が発表されたアストンマーティン初のSUV「DBX」。
2019年11月に日本でも導入が発表されたアストンマーティン初のSUV「DBX」。拡大
「美を追求する姿勢は107年間変わっていない」と語るリージョナルプレジデントのパトリック・ニルソン氏。
「美を追求する姿勢は107年間変わっていない」と語るリージョナルプレジデントのパトリック・ニルソン氏。拡大
「DBX」とともに展示されたアストンマーティンのフラッグシップ「DBSスーパーレッジェーラ ヴォランテ」。
「DBX」とともに展示されたアストンマーティンのフラッグシップ「DBSスーパーレッジェーラ ヴォランテ」。拡大
「DBX」の紹介映像の中で“Xポーズ”を披露するX JAPANのYOSHIKI氏。
「DBX」の紹介映像の中で“Xポーズ”を披露するX JAPANのYOSHIKI氏。拡大
「DBX」のリアビュー。ボディーサイズは全長×全幅×全高=5039×1998×1680mm、ホイールベース=3060mm。
「DBX」のリアビュー。ボディーサイズは全長×全幅×全高=5039×1998×1680mm、ホイールベース=3060mm。拡大

カンファレンス冒頭に登壇したアストンマーティン・アジア・パシフィック リージョナルプレジデントのパトリック・ニルソン氏は、「すべてのアストンマーティン車には、その要の部分に“美”がある。美を追求するアストンマーティンの姿勢は1913年の創業時から現在に至る107年間、まったく変わっていません」と強調。そのうえで、今春に新型「ヴァンテージ ロードスター」が発表されること、そして6.5リッターV12エンジンにモーターを組み合わせたハイブリッドハイパーカー「ヴァルキリー」の完成が近いことを公表した。

続いて登場したアストンマーティン・ジャパンの寺嶋正一マネージングディレクターは、2019年11月に日本導入が発表されたアストンマーティン初のSUV、DBXに関する詳細な説明を行った。

寺嶋氏は、アストンマーティンDBXの実車を前に「この造形には随所に黄金比がちりばめられており、それが特徴的なアピアランスにつながっている」と紹介。さらにDBXには3つのコアとなるコンセプトがあり、それは「SUVとして完全な性能を有している」ということ、そして「スポーツGTとしても完全な性能を有している」ということ、さらにそのうえで「居住性、利便性等についても一切妥協がないこと」だと語った。

アストンマーティンDBXには、3つのコアパッケージと11のアクセサリーパッケージが用意される。寺嶋氏は「いかなるライフスタイルにもマッチするSUVである」と、自信のほどをのぞかせた。

そのほか、2020年のアストンマーティンは「お客さまのオーナーシップをより豊かにしたい」との考えを持っており、2020年4月5日に開催されるモーターファンフェスタにてアストンマーティンによるパレード走行を実施する予定のほか、さまざまな体験プログラムを充実させていくという。

プレスカンファレンスで流されたアストンマーティンDBXの紹介映像には、「Xつながり」ということでX JAPANのYOSHIKI氏も短時間ながら登場。その意外なコラボレーションには、会場から驚きの声が上がっていた。

(文と写真=谷津正行)

関連キーワード:
DBX, DBSスーパーレッジェーラ ヴォランテ, アストンマーティン, モーターショー, 東京オートサロン2020, 自動車ニュース

アストンマーティン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る