似ているようで似ていない? 「ダイハツ・タフト コンセプト」と新型「スズキ・ハスラー」を比較する

2020.01.15 デイリーコラム

ダイハツブースの隣にスズキブース

東京オートサロン2020のダイハツブースでは、レッドの「コペンGRスポーツ」や「ロッキーSporty Style」が目を引いた。でも、本当の主役はちょっと地味なモスグリーンに塗られた四角いクルマ、「タフト コンセプト」である。「Tough&Almighty Fun Tool」というコンセプトの頭文字を取って名付けられた軽クロスオーバーSUVで、今年の年央発売というからオリンピック前には姿を見せそうだ。

ホールの壁を隔ててすぐ隣にはスズキのブースがあり、新型「ハスラー」が並べられていた。見れば誰でもわかるように、タフトはハスラー対抗のモデルなのだ。ハスラーが全長×全幅×全高=3395×1475×1680mmで、タフトは同3395×1475×1630mmとほとんど同じサイズ。どちらも角張った形の中に軽規格では最大限のスペースを取ろうとしているから、フォルムはどうしても似通ってしまう。

ただ、見比べてみると印象はまるで違う。ハスラーが初代よりもワイルドさを増してアウトドア感を強調しているのに対し、タフトはクールで都会的なイメージを目指しているようだ。ガッシリと頑丈な雰囲気は同じでも、ハスラーはポップでにぎやかな若づくりで、タフトはシャープかつ知的でアダルト感を醸し出すという違いがある。タフトにはメッキが多用されているのも特徴だ。内装ではオレンジの加飾やステッチが目につく。

東京オートサロン2020でダイハツブースの主役を務めた「タフト コンセプト」。
東京オートサロン2020でダイハツブースの主役を務めた「タフト コンセプト」。拡大
隣のスズキブースに展示されていた新型「スズキ・ハスラー」。先代モデルよりもゴツゴツとして、ワイルド感が増している。
隣のスズキブースに展示されていた新型「スズキ・ハスラー」。先代モデルよりもゴツゴツとして、ワイルド感が増している。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・ハスラー ハイブリッドXターボ(4WD) 2019.12.24 画像・写真 軽クロスオーバーのパイオニア「スズキ・ハスラー」が2代目にモデルチェンジ。従来モデルから刷新された内外装のデザインや、機能性が高められた車内空間、インフォテインメントシステムをはじめとした新装備など、新型のディテールを写真で紹介する。
  • スズキ・ハスラー ハイブリッドXターボ(4WD/CVT)【試乗記】 2020.3.17 試乗記 デビューからの6年間で48万台以上が世に出たという「スズキ・ハスラー」が2代目に進化。見た目はご覧の通りのキープコンセプトだが、肝心の走りの性能はどうなのか。一般道のみならず、高速道路や箱根の山道にも連れ出してみた。
  • スズキ・ハスラー ハイブリッドX/ハスラー ハイブリッドXターボ【試乗記】 2020.2.6 試乗記 一代にして軽クロスオーバーというジャンルを築いた「スズキ・ハスラー」が、2代目にフルモデルチェンジ。ユーティリティー、装備の充実度、快適性、走りの質感と、全方位的な進化を遂げた新型は、開発理念にブレのない、完成度の高いクルマに仕上がっていた。
  • 新型「スズキ・ハスラー」発表会の会場から 2019.12.24 画像・写真 いよいよフルモデルチェンジされたスズキの軽クロスオーバー「ハスラー」。2代目となる新型は、どんなクルマに仕上がっているのか? その“見どころ”や、取り入れられた新技術の数々を、発表会の様子とともに写真で紹介する。
  • 第162回:新型ハスラーを買うならば 2020.2.11 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第162回は「新型ハスラーを買うならば」。“デザインよし、走りよし”と筆者絶賛の軽自動車、ところでHow much? 同じ価格帯の中古車なら、アコガレのセレブカーも夢じゃない!? カーマニアの妄想は止まらない。
ホームへ戻る