「BMW M4」に特別仕様車「エディション ヘリテージ」登場 3色のストライプが織り込まれたカーボンルーフを装備

2020.01.17 自動車ニュース
BMW M4エディション ヘリテージ
BMW M4エディション ヘリテージ拡大

BMWジャパンは2020年1月15日、ハイパフォーマンス2ドアクーペ「M4」に特別仕様車「Edition Heritage(エディション ヘリテージ)」を設定し、台数30台の限定で同日、販売を開始した。

Mストライプ入りカーボンルーフが装備される。
Mストライプ入りカーボンルーフが装備される。拡大
ホイールは20インチサイズの「Mライトアロイスポーク スタイル666M」。
ホイールは20インチサイズの「Mライトアロイスポーク スタイル666M」。拡大
外装色に合わせてカラーコーディネートされたシート。ヘッドレストに「M Heritage」のロゴが入っている。
外装色に合わせてカラーコーディネートされたシート。ヘッドレストに「M Heritage」のロゴが入っている。拡大

エディション ヘリテージは、最高出力450PSを発生する3リッター直6ターボエンジン搭載の「M4コンペティション」がベースとなる。エクステリアでは専用色となるオービットグレーに塗装された20インチサイズの「Mライトアロイスポーク スタイル666M」ホイールや、「Mモデル」を象徴する3色のストライプが直接織り込まれた専用Mストライプ入りカーボンルーフなどが特別装備となっている。

インテリアでは、カーボンパネルや内装各所に配された「M Heritage」のロゴ、そのロゴが浮かび上がるドアシルのイルミネーションプレート、外装色と対になるカラーコーディネートが施されたメリノレザーのトリムやスポーツシートなどが採用される。

外装色は、アメリカ・カリフォルニア州モントレーにあるラグナセカサーキットをイメージした「ラグナセカ ブルー」とイタリア・イモラにあるイモラサーキットをイメージした「イモラ レッド」、深みがありビロード生地のような洗練された光沢感をイメージした「ベルベット ブルー」の3色をラインナップ。

販売台数はラグナセカ ブルーのモデルが15台、イモラ レッドが5台、ベルベット ブルーが10台の合計30台で、価格は1545万円。

(webCG)

関連キーワード:
M4クーペ, BMW, 自動車ニュース

BMW M4クーペ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M440i xDriveクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.16 試乗記 BMWの根幹をなすDセグメントの商品群。そこに属する2ドアクーペ「4シリーズ クーペ」が、2代目にモデルチェンジした。アグレッシブなフロントマスクが注目を集めているが、その実力はどれほどのものなのか? 直6モデルの「M440i xDrive」で確かめた。
  • BMWアルピナB3リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.7 試乗記 東京モーターショーでの世界初公開から1年、アルピナの最新モデルである新型「B3」がいよいよ日本でも発売された。“アルピナ・マジック”とも称されるシームレスライドと高出力の3リッター直6エンジンが織りなす走りを、裏磐梯のワインディングロードで試す。
  • BMW M550i xDrive/523d xDriveツーリング ラグジュアリー エディションジョイ+【試乗記】 2020.11.30 試乗記 「BMW 5シリーズ」のマイナーチェンジモデルが日本に上陸。4.4リッターV8ツインターボの「セダン」と2リッター直4ディーゼルターボの「ツーリング」をワインディングロードに連れ出し、走行性能と最新のデジタル装備の仕上がりを試した。
  • BMW M2コンペティション(FR/7AT)【試乗記】 2020.10.16 試乗記 コンパクトなFRのボディーにパワフルな3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M2コンペティション」。日本におけるBMW Mのエントリーモデルは、兄貴分とは一味違う、スリリングで獰猛(どうもう)な一台に仕立てられていた。
  • メルセデス・ベンツE300クーペ スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2020.12.1 試乗記 「セダン/ステーションワゴン」に続き、マイナーチェンジした「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」が上陸。スタイリッシュなフォルムを追求した伝統の2ドアモデルは、いかなる進化を遂げたのか。最高出力258PSの「E300スポーツ」を通して確かめた。
ホームへ戻る