第161回:涙が出るぜ! おっさんポルシェ

2020.02.04 カーマニア人間国宝への道

300万円台で買える「911」

久しぶりに会ったモテないカーマニア仲間のS氏(おっさん)。彼はいつのまにか「ポルシェ911」に乗っていた。

S氏はそれまで、激安(確か150万円ほど)の「メルセデス・ベンツSクラス」に乗っており、私は「激安Sクラス、いいね!」と絶賛していたが、いつのまにか911にくら替えしていたのである。

といっても激安志向は相変わらずで、S氏の911は断然不人気の996型カレラの「ティプトロニックS」(後期型)だった。ある意味「やっぱりネ!」とも思ったが、激安にこだわるその姿勢はアッパレであり、強い興味をそそられた。

私:これ、いくらだったんですか?

S氏:300万円弱です。ただ、買ったときは車高が落ちていて、ホイールも下品だったので、そのへんをノーマルに戻したら、それだけで数十万円かかっちゃって、結果的にあんまりお安くは収まりませんでした。

それでもまあ300万円台だ。今日び、300万円台で買える911は996型ティプトロしかあり得ない。

相場を見ると、911の最安層はほぼすべて996型で占められており、その他のモデルはおおむね500万円から。500万円未満の911はほとんど全部996型! といってもいい。ああ悲しみの996型。

私は911を買おうと思ったことはないが、カーマニアなので、「もしも買うなら」という妄想は常に脳内でうごめいている。そのMy妄想によると、「996型だけはダメ!」となっている。なにせ996型は911の超負け組。あの涙目型ヘッドライトを見るだけで、なんとなく元気がなくなってしまう。

カーマニア仲間のS氏と筆者。
カーマニア仲間のS氏と筆者。拡大
S氏の愛車、996型の「ポルシェ911カレラ」。
S氏の愛車、996型の「ポルシェ911カレラ」。拡大
S氏の愛車のホイールは、ノーマルのものに変更されている。
S氏の愛車のホイールは、ノーマルのものに変更されている。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
新着記事