クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

2020年デビューが決定! 新型「BMW M3」を予想する

2020.01.29 デイリーコラム

BMWモータースポーツからBMW Mへ

BMW M社の2019年度の世界販売台数が13万5829台に到達した。これは、前年比32.2%の増加で、同社の歴史において過去最高の記録になるという。

ここで少しBMW Mの歴史について振り返ってみる。1970年代初頭、BMWにおけるモータースポーツ活動の重要性が増していく中、1972年にBMWの子会社、BMW Motorsport GmbH(BMWモータースポーツ社)が設立された。これが現在のBMW Mのルーツだ。

そこで生みだされた「BMW 3.0CSL」は1973~1979年までヨーロッパ選手権で6度の優勝を果たし、ツーリングカーシーンを席巻。真っ白な下地に青/紫/赤の3本ストライプが入ったチームデザインは、Mの象徴として現在に受け継がれている。

それまでレーシングカーのみを製造していたBMWモータースポーツ社は、1970年代後半から“M Power”を熱望するBMWファンに向けて量産車の開発も手がけ始めた。この頃、エンジンをはじめサスペンションやブレーキを改良した「5シリーズ」の販売が始まっている。

そしてBMWモータースポーツ社による“M”の名を冠したスポーツカーの開発が始まった。それが1978年に誕生した「BMW M1」だ。また、1980年4月には、正式にF1への参加を表明。初のBMW F1エンジン開発に着手する。1982年からはブラバムが初のBMWエンジンでグランプリに参戦。デビューからわずか630日後に、ブラジル人ドライバーのネルソン・ピケがブラバムBMWで世界チャンピオンに輝いた。BMWは1987年までに9度のグランプリ優勝を果たした。

F1活動を終えたのち、新たなレースへの挑戦が始まった。1984年に始まったドイツツーリングカー選手権(DTM)である。1985年にE30型「3シリーズ」をベースとした初代「M3」を発表する。グループAのホモロゲーションを得るため年産5000台を見据えた、BMWとして初めてロードカーとモータースポーツ仕様車の並行開発を実現したモデルだった。初代M3は、2.5リッターの「M3スポーツエボリューション」が600台、手作業で組み立てられた「M3カブリオレ」が765台を含む、計1万7970台が販売された。

1993年、BMWモータースポーツ社はBMW M社(BMW M GmbH)へと改称。現在の業務はモータースポーツ関連の研究開発をはじめ、MモデルやMパフォーマンスモデルの開発、さらに特別注文モデル「BMWインディビジュアル」の生産、BMWドライビングエクスペリエンスの運営などその内容は多岐にわたる。

1978年に発売された「BMW M1」。3.5リッター直6エンジンをミドに搭載していた。
1978年に発売された「BMW M1」。3.5リッター直6エンジンをミドに搭載していた。拡大
1985年に登場した初代「BMW M3」。パワーユニットは2.3リッター直4エンジン。
1985年に登場した初代「BMW M3」。パワーユニットは2.3リッター直4エンジン。拡大
BMW M3 の中古車

新型M3は初の4WDを採用か!?

こうしたBMW Mの変遷において、技術的なエポックをもたらし、かつブランドにとって重要な意味をもつモデルといえば、やはりM3だろう。1992年にはE36型をベースとした2代目M3を発表。3リッター直6エンジンを搭載し、クーペのほか、セダンとカブリオレも設定された。後期型では3.2リッターへと排気量を拡大。可変バルブタイミングシステムとして開発された「ダブルVANOS」やレースで培った技術を投入した「シーケンシャルMギアボックス(SMG)」を初めて採用した。

2000年にはE46型をべースとした3代目M3の販売が始まった。熱伝導性に優れ、高い耐久性が自慢となるフローティング構造のブレーキディスクを採用。軽量仕様の「CSL」(クーペ、スポーツ、軽量構造)の名が復活した。2007年に登場した4代目となるE92型M3では初めてV型8気筒エンジンを搭載した。軽量化のためルーフはカーボン製を、エンジンフードはアルミニウム製を採用した。

2014年に発売された5代目F80型M3では、エンジンはV8から直6へと回帰。M3としては初めてターボチャージャーを搭載した。そして3シリーズのクーペモデルが「4シリーズ」へと改称されたことを受け、セダンはM3のまま、クーペとカブリオレは「M4」を名乗った。

そして今年、2020年には6代目モデルの発表がアナウンスされている。パワートレインは先に市場投入されている「X3 M/X4 M」が採用する新型3リッター直6ターボエンジン、S58型ユニットを搭載するとみられる。X3 M/X4 Mでは、最高出力480PS/最大トルク600N・m(標準モデル)と、同510PS/同600N・m(「コンペティション」モデル)という2種類の仕様が用意されており、いずれも「M5」譲りのZF製8段ATと「xDrive」=4輪駆動システムを搭載。新型M3/M4もこれを流用し、M3史上初の4WDモデルが誕生すると目される。MT+FRのような、ベーシックな仕様が設定されるのかというのも気になるところだ。さらに言えば、このM謹製S58型ユニットを「Z4」、そして「トヨタ・スープラ」が搭載するといううわさもあり、新型M3/M4の誕生は、BMW Mの歴史において大きなターニングポイントとなるのかもしれない。

(文=藤野太一/写真=BMW/編集=藤沢 勝)

2代目「M3」は1992年にデビュー。前期型では3リッター直6エンジン(最高出力286PS)を、後期型では3.2リッター直6エンジン(同321PS)を搭載していた。
2代目「M3」は1992年にデビュー。前期型では3リッター直6エンジン(最高出力286PS)を、後期型では3.2リッター直6エンジン(同321PS)を搭載していた。拡大
E46型ベースの3代目「M3」は2000年に登場。2003年には軽量仕様の「CSL」(写真)が設定された。
E46型ベースの3代目「M3」は2000年に登場。2003年には軽量仕様の「CSL」(写真)が設定された。拡大
4リッターV8エンジンを搭載した4代目「M3」は2007年にデビュー。写真の「GTS」は2009年に登場した特別仕様車で、排気量が4.4リッターに拡大されたほか、エアコンやリアシートを廃するなどして徹底した軽量化が施されていた。
4リッターV8エンジンを搭載した4代目「M3」は2007年にデビュー。写真の「GTS」は2009年に登場した特別仕様車で、排気量が4.4リッターに拡大されたほか、エアコンやリアシートを廃するなどして徹底した軽量化が施されていた。拡大
「M3」としては初めてターボエンジン(3リッター直6)を搭載した5代目は2014年に発売。「M3クーペ」が「M4」として独り立ちした。
「M3」としては初めてターボエンジン(3リッター直6)を搭載した5代目は2014年に発売。「M3クーペ」が「M4」として独り立ちした。拡大
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

BMW M3 の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。