2020年デビューが決定! 新型「BMW M3」を予想する

2020.01.29 デイリーコラム

BMWモータースポーツからBMW Mへ

BMW M社の2019年度の世界販売台数が13万5829台に到達した。これは、前年比32.2%の増加で、同社の歴史において過去最高の記録になるという。

ここで少しBMW Mの歴史について振り返ってみる。1970年代初頭、BMWにおけるモータースポーツ活動の重要性が増していく中、1972年にBMWの子会社、BMW Motorsport GmbH(BMWモータースポーツ社)が設立された。これが現在のBMW Mのルーツだ。

そこで生みだされた「BMW 3.0CSL」は1973~1979年までヨーロッパ選手権で6度の優勝を果たし、ツーリングカーシーンを席巻。真っ白な下地に青/紫/赤の3本ストライプが入ったチームデザインは、Mの象徴として現在に受け継がれている。

それまでレーシングカーのみを製造していたBMWモータースポーツ社は、1970年代後半から“M Power”を熱望するBMWファンに向けて量産車の開発も手がけ始めた。この頃、エンジンをはじめサスペンションやブレーキを改良した「5シリーズ」の販売が始まっている。

そしてBMWモータースポーツ社による“M”の名を冠したスポーツカーの開発が始まった。それが1978年に誕生した「BMW M1」だ。また、1980年4月には、正式にF1への参加を表明。初のBMW F1エンジン開発に着手する。1982年からはブラバムが初のBMWエンジンでグランプリに参戦。デビューからわずか630日後に、ブラジル人ドライバーのネルソン・ピケがブラバムBMWで世界チャンピオンに輝いた。BMWは1987年までに9度のグランプリ優勝を果たした。

F1活動を終えたのち、新たなレースへの挑戦が始まった。1984年に始まったドイツツーリングカー選手権(DTM)である。1985年にE30型「3シリーズ」をベースとした初代「M3」を発表する。グループAのホモロゲーションを得るため年産5000台を見据えた、BMWとして初めてロードカーとモータースポーツ仕様車の並行開発を実現したモデルだった。初代M3は、2.5リッターの「M3スポーツエボリューション」が600台、手作業で組み立てられた「M3カブリオレ」が765台を含む、計1万7970台が販売された。

1993年、BMWモータースポーツ社はBMW M社(BMW M GmbH)へと改称。現在の業務はモータースポーツ関連の研究開発をはじめ、MモデルやMパフォーマンスモデルの開発、さらに特別注文モデル「BMWインディビジュアル」の生産、BMWドライビングエクスペリエンスの運営などその内容は多岐にわたる。

1978年に発売された「BMW M1」。3.5リッター直6エンジンをミドに搭載していた。
1978年に発売された「BMW M1」。3.5リッター直6エンジンをミドに搭載していた。拡大
1985年に登場した初代「BMW M3」。パワーユニットは2.3リッター直4エンジン。
1985年に登場した初代「BMW M3」。パワーユニットは2.3リッター直4エンジン。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M850i xDriveグランクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.2.28 試乗記 BMWのラグジュアリークーペ「8シリーズ」に、4ドアバージョンの「グランクーペ」が登場。リアシートの使い勝手や2ドアモデルとの走りのちがい、さらにBMW自慢の「ハンズオフ機能付き渋滞運転支援システム」の仕上がり具合などをリポートする。
  • BMW M235i xDriveグランクーペ(4WD/8AT)/220dグランクーペ(FF/8AT)【海外試乗記】 2020.2.27 試乗記 2020年春に日本の道を走り始めるBMWのニューモデル「2シリーズ グランクーペ」。コンパクトな4ドアクーペの走りには、どんな特徴があるのか? 駆動方式やパワーユニットの異なる2モデルにポルトガルで試乗した。
  • マクラーレンGT(MR/7AT)【試乗記】 2020.3.11 試乗記 新たなスポーツカー像を提案するというマクラーレンのニューモデル「GT」に試乗。利便性の高さが特長とされ、グランドツアラーを示す名称が与えられてはいるが、その走りのパフォーマンスはスーパースポーツで知られるメーカーの名に恥じないものだった。
  • 【前編】ジャガーXE R-DYNAMIC HSE P300の魅力を探る 2020.3.13 ジャガーE-LINEという選択<AD> 「E-LINE」と呼ばれるジャガーのコンパクトクラスに名を連ねるのが「XE」と「E-PACE」だ。今回、両モデルをワインディングロードに連れ出し、あらためてその魅力を検証。まずは、2020年モデルで大規模なマイナーチェンジが行われた4ドアサルーン、XEのステアリングを握った。
  • 第166回:おっさんポルシェラブ 2020.3.10 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第166回は「おっさんポルシェラブ」。手ごろな「911カレラ」を求めて急行した激安中古車店で、衝撃のプライスボードを発見! カーマニアの“買いたい病”を刺激する中古の911、その魅力とは?
ホームへ戻る