「フォルクスワーゲンTクロス」の国内販売がスタート 導入記念の2モデルをラインナップ

2020.01.28 自動車ニュース
フォルクスワーゲンTクロス TSI 1stプラス
フォルクスワーゲンTクロス TSI 1stプラス拡大

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2020年1月28日、コンパクトSUV「Tクロス」の販売を開始した。ラインナップは、日本への導入を記念する「TSI 1st」「TSI 1stプラス」の2モデルとなる。

 
「フォルクスワーゲンTクロス」の国内販売がスタート 導入記念の2モデルをラインナップの画像拡大
 
「フォルクスワーゲンTクロス」の国内販売がスタート 導入記念の2モデルをラインナップの画像拡大
 
「フォルクスワーゲンTクロス」の国内販売がスタート 導入記念の2モデルをラインナップの画像拡大
 
「フォルクスワーゲンTクロス」の国内販売がスタート 導入記念の2モデルをラインナップの画像拡大

2019年11月に国内で披露されたTクロスの販売がスタートした。同モデルは、フォルクスワーゲンブランドでは最もボディーサイズの小さなSUV。寸法は全長×全幅×全高=4115×1760×1580mmで、取り回し性に優れながらも、広々とした室内空間や荷室を有し、高い実用性も兼ね備えるとうたわれる。

パワートレインは、1リッター直列3気筒ターボエンジン(最高出力116PS、最大トルク200N・m)。デュアルクラッチ式の7段DSGが組み合わされる。上級モデルに採用される先進安全装備が多数備わっている点もセリングポイントのひとつだ。

TSI 1stは、全車速追従機能付きのアダプティブクルーズコントロールシステムや、駐車支援システム、プリクラッシュブレーキシステム、車両後方の死角を監視するブラインドスポット ディテクションなどを標準装備。TSI 1stプラスはこれらに加えて、レーンキープアシストシステムのほか、パドルシフトやシルバールーフレール、スポーツコンフォートシートなども与えられる。

外装色は新色「マケナターコイズメタリック」「ダークペトロール」を含む全8色。TSI 1stプラスでは、ドアミラーやアルミホイール、インテリアのアクセントカラーを3色(オレンジ、グリーン、ブラック)から選択可能で、全部で21通りのカラーバリエーションを選ぶことができる。

価格はTSI 1stが299万円で、TSI 1stプラスが335万9000円。

(webCG)

関連キーワード:
Tクロス, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲンTロック 2020.7.15 画像・写真 2020年7月15日に発売された、フォルクスワーゲンの新型コンパクトSUV「T-Roc(Tロック)」。既存の「ティグアン」と「T-Cross(Tクロス)」の間に収まる絶妙なサイズ感とスタイリッシュなデザインが特徴のニューモデルの姿を写真で詳しく紹介する。
  • フォルクスワーゲンの新型SUV「Tロック」が日本上陸 2020.7.15 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2020年7月15日、新型のコンパクトクロスオーバーSUV「T-Roc(Tロック)」の国内導入を発表し、同日、販売を開始した。
  • フォルクスワーゲンTロックTDIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2020.7.17 試乗記 フォルクスワーゲンのニューモデル「T-Roc(Tロック)」がいよいよ日本上陸。「ティグアン」「T-Cross(Tクロス)」に続く国内3車種目のコンパクトSUVは、果たしてどんな個性を備えているのだろうか。
  • マツダ3ファストバックX Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2020.7.7 試乗記 新世代エンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」を搭載した「マツダ3ファストバック」に試乗。他に例を見ない挑戦的なスタイリングと、独自の内燃機関技術によって高い評価を得ている今日のマツダに“欠けているもの”とは?
  • トヨタ・カローラ ツーリングW×B(FF/6MT)【試乗記】 2020.7.20 試乗記 1.2リッター直4ターボエンジンにレブマッチ機能付きマニュアルトランスミッション「iMT」を組み合わせた「トヨタ・カローラ ツーリングW×B」に試乗。新世代プラットフォームや個性的なデザインを用いて若返りを狙ったという、新世代「カローラ」の走りやいかに?
ホームへ戻る