フォルクスワーゲンが「Tクロス」を日本導入 人気のコンパクトSUV市場にニューモデル登場

2019.11.27 自動車ニュース
フォルクスワーゲンTクロスTSI 1stプラス
フォルクスワーゲンTクロスTSI 1stプラス拡大

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2019年11月27日、コンパクトSUV「T-Cross」(Tクロス)を発表。同日、日本導入記念モデル「TSI 1st」「TSI 1stプラス」の受注を開始した。納車は2020年1月以降を予定している。

 
フォルクスワーゲンが「Tクロス」を日本導入 人気のコンパクトSUV市場にニューモデル登場の画像拡大
 
フォルクスワーゲンが「Tクロス」を日本導入 人気のコンパクトSUV市場にニューモデル登場の画像拡大
 
フォルクスワーゲンが「Tクロス」を日本導入 人気のコンパクトSUV市場にニューモデル登場の画像拡大
 
フォルクスワーゲンが「Tクロス」を日本導入 人気のコンパクトSUV市場にニューモデル登場の画像拡大
 
フォルクスワーゲンが「Tクロス」を日本導入 人気のコンパクトSUV市場にニューモデル登場の画像拡大
 
フォルクスワーゲンが「Tクロス」を日本導入 人気のコンパクトSUV市場にニューモデル登場の画像拡大
フォルクスワーゲン グループ ジャパンのティル・シェア社長と「Tクロス」。
フォルクスワーゲン グループ ジャパンのティル・シェア社長と「Tクロス」。拡大

フォルクスワーゲンの中で最もコンパクトなSUV

Tクロスは、Bセグメントに属するフォルクスワーゲンの新型SUVであり、同社のSUVラインナップの中では、最もコンパクトなモデルとなる。

プラットフォームには現行「ポロ」などと同じくモジュラーアーキテクチャーの「MQB」を採用。ボディーサイズは全長×全幅×全高=4115×1760×1580mm、ホイールベース=2550mmで、外寸はコンパクトながら、高効率なパッケージによりゆとりある車内空間を実現しているという。リアシートには6:4分割可倒機構に加え、調整幅14cmの左右一体型前後スライド機構を採用。荷室容量は385リッターで、後席を前方にスライドすれば455リッターに、後席を折りたためば1281リッターに拡張できる。

また、インテリアについてはSUVならではの高い着座位置と、それがかなえる前方視界のよさも特徴。ドライバーの視点移動を減らすべく、インフォテインメントシステムのモニターはメーターとほぼ同じ高さに配されている。

運転支援システムについては同ブランドの上級モデルに並ぶものが用意されており、特にTSI 1st、TSI 1stプラスには全車速対応型のアダプティブクルーズコントロールや、歩行者にも対応した自動緊急ブレーキ、駐車支援システムを標準で採用。他の装備についても、純正インフォテインメントシステムやスマートエントリー&スタートシステム、スマートフォンのワイヤレスチャージング機能、4つのUSBポートなどが標準で備わっている。

このほかにも、TSI 1st、TSI 1stプラスは豊富なカラーバリエーションも特徴で、外装色には新色の「マケナターコイズメタリック」と「ダークペトロール」を含む全8色を設定。TSI 1stプラスにはこれらの外装色に合わせて、ドアミラーやアルミホイール、インテリアのアクセントカラーに、オレンジ、グリーン、ブラックの3色を用意しており、全部で21種類のバリエーションの中から自分の好みに合ったコーディネートを選ぶことができる。

パワートレインは1種類で、最高出力116PS(85kW)、最大トルク200N・m(20.4kgf・m)を発生する1リッター直3ターボエンジンに7段DSG(デュアルクラッチ式AT)の組み合わせのみ。駆動方式はFFのみで、燃費はWLTCモードで16.9km/リッターとなっている。

価格はTSI 1stが299万円、TSI 1stプラスが335万9000円。

(webCG)

「フォルクスワーゲンTクロス」のより詳しい写真はこちら

関連キーワード:
Tクロス, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲンTクロス 2019.11.27 画像・写真 フォルクスワーゲンの最も小さなSUV「Tクロス」が、いよいよ日本に導入された。ゆとりの車内空間と充実した装備が自慢のニューモデルは、ライバルがしのぎを削るコンパクトSUV市場で成功なるか? 導入記念モデルの詳細な姿を、発表会の様子とともに紹介する。
  • フォルクスワーゲンが「cross up!」を再び日本導入 SUVスタイルに仕立てた「up!」の限定車 2019.12.4 自動車ニュース フォルクスワーゲンが「up!」の限定モデル「cross up!」を発売。今回は2017年、2018年に続く3度目の日本導入で、販売台数は500台。SUVテイストなスタイリングに加え、プレミアムサウンドシステムをはじめとする充実した装備も魅力となっている。
  • BMW 118iプレイ(FF/7AT)/M135i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2019.11.29 試乗記 フルモデルチェンジにあたり、プラットフォームを刷新。FRからFFへと基本駆動方式が変更された「BMW 1シリーズ」の走りとは? ベーシックな「118iプレイ」とハイパフォーマンスモデル「M135i xDrive」を公道に連れ出し、その仕上がりを確かめた。
  • マツダ3ファストバック<スカイアクティブX搭載車>【試乗記】 2019.11.27 試乗記 次世代エンジンとして注目を集めてきた「スカイアクティブX」を搭載した「マツダ3」が、いよいよ日本の道を走りだす。既存の2リッターエンジン比でおよそ70万円アップ、夢のエンジンに投じるお金でどんな世界が見られるのだろうか。
  • マツダCX-30<ガソリンエンジン>/CX-30<ディーゼルエンジン>【試乗記】 2019.11.8 試乗記 マツダのブランニューモデル「CX-30」に試乗。(ほぼ)同じセグメントに同門の「CX-3」がいる中、新たなネーミングルールを用いてマツダが投入した小型クロスオーバーSUVはどんな特徴を備えているのだろうか。ガソリン車とディーゼル車の出来栄えを報告する。
ホームへ戻る