スズキが「イグニス」を一部改良 SUVテイストを強めた新グレード追加

2020.02.04 自動車ニュース
スズキ・イグニス ハイブリッドMF
スズキ・イグニス ハイブリッドMF拡大

スズキは2020年2月4日、コンパクトカー「イグニス」に一部改良を実施。新グレードの「ハイブリッドMF」を設定するなどして、同日販売を開始した。

イグニス ハイブリッドMZ
イグニス ハイブリッドMZ拡大
ブルーのアクセントが用いられた「ハイブリッドMZ/ハイブリッドMX」のインテリア。
ブルーのアクセントが用いられた「ハイブリッドMZ/ハイブリッドMX」のインテリア。拡大
ガンメタリックのアクセントが用いられた「ハイブリッドMZ/ハイブリッドMX」のインテリア。
ガンメタリックのアクセントが用いられた「ハイブリッドMZ/ハイブリッドMX」のインテリア。拡大
専用デザインのバンパーなどが特徴の「イグニス ハイブリッドMF」。写真のボディーカラー「タフカーキパールメタリック」は、同グレード専用色となっている。
専用デザインのバンパーなどが特徴の「イグニス ハイブリッドMF」。写真のボディーカラー「タフカーキパールメタリック」は、同グレード専用色となっている。拡大
「ハイブリッドMF」に採用されるレザー調のシート表皮。
「ハイブリッドMF」に採用されるレザー調のシート表皮。拡大
インテリアのアクセントカラーには、ガンメタリックのほか、他のグレードには設定のないカーキも用意される。
インテリアのアクセントカラーには、ガンメタリックのほか、他のグレードには設定のないカーキも用意される。拡大
荷室には、汚れを拭き取りやすい防汚素材が採用されている。
荷室には、汚れを拭き取りやすい防汚素材が採用されている。拡大

新しいフロントグリルで力強さをアピール

今回の改良では、エクステリアデザインをより力強さを感じさせるものに変更。5スロットのモチーフを取り入れたフロントグリルや、ボディーと同色のリアバンパーなどを新たに採用した。

インテリアについても、シート表皮やメーター盤面の意匠を変更したほか、センターコンソールやインサイドドアグリップのアクセントカラーに新色のブルーとガンメタリックを採用するなど、各所に手を加えている(ただしエントリーグレードの「ハイブリッドMG」はブラックのモノトーン内装)。

装備の強化も図っており、「デュアルカメラブレーキサポート」をはじめとする予防安全装置や、オートライトシステム、助手席シートヒーターを全車に標準で搭載。また「ハイブリッドMG」を除く全グレードに、助手席シートサイドポケットを採用した。

専用デザインのバンパーなどでオフロード感を強調

今回追加されたハイブリッドMFは、専用の装飾パーツなどでSUVテイストを強めた新グレードである。

エクステリアでは、スキッドプレート調の装飾付きフロントバンパーや、一部にシルバー塗装を施したリアバンパー、ルーフレール、フェンダーアーチモール、サイドアンダーモールを採用。一方、インテリアではシート表皮をレザー調としたほか、アクセントカラーもカーキとガンメタリックの2種類としている。また荷室のリアシートバック背面やスライドラゲッジボードを防汚タイプとするなど、機能面でも差別化を図っている。

ボディーカラーはブラック2トーンルーフを含めた全16パターンから選択可能で、中でも「タフカーキパールメタリック」は同グレード専用に用意された新色となっている。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • ハイブリッドMG(FF):152万2400円
  • ハイブリッドMG(4WD):165万8800円
  • ハイブリッドMX(FF):165万円
  • ハイブリッドMX(4WD):178万6400円
  • ハイブリッドMZ(FF):178万8600円
  • ハイブリッドMZ(4WD):192万5000円
  • ハイブリッドMF(FF):183万9200円
  • ハイブリッドMF(4WD):197万5600円

(webCG)

関連キーワード:
イグニス, スズキ, 自動車ニュース

スズキ イグニス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・イグニス ハイブリッドMF(FF/CVT)【試乗記】 2020.5.11 試乗記 軽自動車よりちょっと大きな5ナンバーサイズのコンパクトSUVとして、2016年に登場した「スズキ・イグニス」。ニューモデルの登場で盛り上がりを見せるこの市場で、その商品力は「今なお健在」といえるのか? よりSUVテイストを強めた新グレードで確かめた。
  • ホンダ・フィットe:HEVクロスター(FF)【試乗記】 2020.5.14 試乗記 スペック至上主義から脱却し、乗る人、使う人の“心地よさ”を重視したという新型「ホンダ・フィット」。ライバルにはないそうした開発テーマは、車両のどのような部分に表れ、またどの程度達成されているのか? SUVスタイルの「クロスター」に試乗し、確かめた。
  • スズキ・イグニス ハイブリッドMZ(FF/CVT)/イグニス ハイブリッドMZ(4WD/CVT)【試乗記】 2016.2.24 試乗記 ありそうでなかったAセグメントのクロスオーバーSUV「スズキ・イグニス」。“軽自動車のちょっと上”という絶妙なボディーサイズと、多彩なシートアレンジをはじめとした使い勝手のよさ、そして“メガネ顔”のファニーなデザインが織り成す、その魅力に触れた。
  • スズキ・イグニス ハイブリッドMZ(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2016.4.8 試乗記 日本の道路事情にマッチしたボディーサイズと、ユニークなデザインで注目を集めるコンパクトクロスオーバーの「スズキ・イグニス」。では、その走りや使い勝手の実力はどれほどのものなのか? 最上級グレードを借り出し、その出来栄えを確かめた。
  • プジョー208アリュール(FF/8AT)【試乗記】 2020.8.3 試乗記 フルモデルチェンジしたプジョーのコンパクトハッチ「208」に試乗。新世代プラットフォームをベースに開発された新型は、運転の楽しさを再認識させてくれるドライバーズカーに仕上がっていた。
ホームへ戻る