ハイパーカーは? F1は? ストロール氏の買収劇からアストンマーティンの今後を占う

2020.02.17 デイリーコラム

新たな株主はカナダの大富豪

2020年の1月の末から2月の頭にかけて、アストンマーティンのファンやF1のファンにとって、少しばかり衝撃的ともいえるニュースが流れた。カナダのビリオネアにしてビジネスマンであるローレンス・ストロール氏と彼が率いる投資家グループが、アストンマーティン・ラゴンダ社の株式の16.7%を1億8200万ポンドで買収し、それに伴ってストロール氏と彼のグループが所有するレーシングポイントF1チームが、2021年以降はアストンマーティンのワークスチームとしてF1に参戦する、というものだ。アストンによるレッドブルF1チームへのスポンサーシップはこの2020年一杯で終了となり、レッドブル・アドバンスト・テクノロジーと共同開発してきた「ヴァルキリー」のプロジェクトはクルマの生産が終わるまで継続される、という記事も目にした。

この駄文をしたためている2月13日現在ではアストンマーティンからプレスリリースが出ているわけでもないので、あくまでも欧州メディアの報道をベースに話を進めるしかないのだが、これらの情報は1月31日にロンドン証券取引所へ提出された書類の中に明記されているという。また現CEOのアンディ・パーマー氏は現職にとどまる一方、現在のペニー・ヒューズ氏に代わりストロール氏がエグゼクティブチェアマンに就任し、経営にも参画することになるようだ。

アストンマーティン・ラゴンダへの出資を決めたローレンス・ストロール氏。F1チームも所有する、カナダの大富豪である。
アストンマーティン・ラゴンダへの出資を決めたローレンス・ストロール氏。F1チームも所有する、カナダの大富豪である。拡大
ローレンス・ストロール氏が共同オーナーとなっているF1チームのレーシングポイント。2021年からはアストンマーティンのワークスチームとなる。
ローレンス・ストロール氏が共同オーナーとなっているF1チームのレーシングポイント。2021年からはアストンマーティンのワークスチームとなる。拡大
アストンマーティン の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事