第1回:お手ごろ価格でインポートカーを満喫
輸入車チョイ乗りリポート~アンダー400万円編~

2020.02.21 JAIA輸入車試乗会2020
シトロエンC3エアクロスSUVシャインパッケージ
シトロエンC3エアクロスSUVシャインパッケージ拡大

年に一度のインポートカーの祭典「JAIA輸入車試乗会」の会場より、webCG編集部員が気になったクルマの魅力をリポート! 第1回は、お手ごろな価格の「シトロエンC3エアクロスSUV」「フォルクスワーゲンTクロス」「ジープ・レネゲード」を紹介しよう。

 
第1回:お手ごろ価格でインポートカーを満喫輸入車チョイ乗りリポート~アンダー400万円編~の画像拡大
 
第1回:お手ごろ価格でインポートカーを満喫輸入車チョイ乗りリポート~アンダー400万円編~の画像拡大
 
第1回:お手ごろ価格でインポートカーを満喫輸入車チョイ乗りリポート~アンダー400万円編~の画像拡大
 
第1回:お手ごろ価格でインポートカーを満喫輸入車チョイ乗りリポート~アンダー400万円編~の画像拡大
 
第1回:お手ごろ価格でインポートカーを満喫輸入車チョイ乗りリポート~アンダー400万円編~の画像拡大

たまには朝食にパンもいいね!
シトロエンC3エアクロスSUVシャインパッケージ……302万5000円

何しろ同じ「PF1」プラットフォームの「C3」より全高が135mmも高いのだ。さぞフワフワだろう……という想像は全くの間違いで、ボディーは堅固である。それでいて足まわりは柔らかいから、価格以上にずっと高級な乗り心地だ。きちんとしたボディーがあってこそサスペンションが働くのだということを実感する。ナイキの厚底スニーカーだって、きちんと鍛えている人が履いてこそ持ち味が生かせるに違いない。

1.2リッター直3エンジンは相変わらず活発で、アクセル操作に対する反応も機敏だ。最高出力110PS/最大トルク205N・mのスペックも6段ATのギア比もC3と同じだが、走らせて気持ちいいところもまた同様。ボディーが大きくなっただけでなく、パノラミックサンルーフとリアシートのスライド&リクライニング機能、グリップコントロールなどが付いているので、C3よりも150kgほど車重が増えているが、重苦しさは全くない。ちょっとノイジーなオールシーズンタイヤを「ミシュラン・プライマシー4」あたりに履き替えれば完璧だ。

エクステリアには好き嫌いがあるかもしれないが、このインテリアデザインには普遍的な美しさがあるように思う。ザラッとした風合いのベージュのシートと同じ布がダッシュボードにも貼ってある。物珍しい装備はないものの、これだけでキャビン全体がグッと明るくなり、なんだか楽しい気分になってくる。フランスパンやパプリカの入った茶色の紙袋を助手席に置きたくなってしまう。朝食はご飯にみそ汁派の私ではあるが。

(文=webCG 藤沢/写真=峰 昌宏)

ジープ レネゲード の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジープ・コンパス ロンジチュード(FF/6AT)【試乗記】 2021.8.18 試乗記 世界中で活躍するジープのコンパクトSUV「コンパス」がマイナーチェンジ。デザインをブラッシュアップし、装備を強化するなどの改良を受けた。装いも新たになった改良モデルの出来栄えを、中間グレード「ロンジチュード」で確かめた。
  • トヨタ・ランドクルーザーZX ガソリン/ZX ディーゼル/GRスポーツ ガソリン【試乗記】 2021.9.10 試乗記 世界中で活躍するトヨタのクロスカントリーモデル「ランドクルーザー」が、新型の「300系」にフルモデルチェンジ。14年ぶりに刷新された“陸の巡洋艦”は、運動性能も快適性も、従来モデルから長足の進化を遂げていた。
  • ランドローバー・ディフェンダー110 X D300(4WD/8AT)【試乗記】 2021.9.3 試乗記 「ランドローバー・ディフェンダー110」の最上級ディーゼルモデル「X D300」に試乗。悪路をものともしないタフなパフォーマンスと、ラグジュアリーモデルもかくやという内外装の組み合わせは、果たしてドライバーをどんな世界にいざなってくれるのか。
  • ジープ・ラングラー ルビコン ソフトトップ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.8.31 試乗記 ジープ自慢のクロスカントリーモデル「ラングラー」に、限定車「ルビコン ソフトトップ」が登場。伝統の2ドア仕様で、悪路特化の「ルビコン」で、しかもホロ屋根という好事家の心をくすぐる一台は、爽快なまでに“潔さ”を感じさせるクルマに仕上がっていた。
  • メルセデス・マイバッハGLS600 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.9.14 試乗記 「メルセデス・マイバッハGLS600 4MATIC」は、全長5mを超えるボディーに4座のみを備えたぜいたく極まりないSUVである。ベース車から3座を取り払い、ありとあらゆる手当を施すことで実現した、マイバッハならではのラグジュアリーとはどんな世界なのだろうか。
ホームへ戻る