第4回:エコとパワー 2つの価値観の競演
輸入車チョイ乗りリポート~800万円オーバー編~

2020.03.13 JAIA輸入車試乗会2020
メルセデス・ベンツE350deアバンギャルド スポーツ
メルセデス・ベンツE350deアバンギャルド スポーツ拡大

メルセデス・ベンツのディーゼルプラグインハイブリッド車「E350de」に、ジープの怪力SUV「グランドチェロキー トラックホーク」、古参のスーパーカーメーカーが手がけるSUV「ランボルギーニ・ウルス」と、価値観の異なる3台の走りをリポートする。

 
第4回:エコとパワー 2つの価値観の競演輸入車チョイ乗りリポート~800万円オーバー編~の画像拡大
 
第4回:エコとパワー 2つの価値観の競演輸入車チョイ乗りリポート~800万円オーバー編~の画像拡大
 
第4回:エコとパワー 2つの価値観の競演輸入車チョイ乗りリポート~800万円オーバー編~の画像拡大
 
第4回:エコとパワー 2つの価値観の競演輸入車チョイ乗りリポート~800万円オーバー編~の画像拡大
 
第4回:エコとパワー 2つの価値観の競演輸入車チョイ乗りリポート~800万円オーバー編~の画像拡大
 
第4回:エコとパワー 2つの価値観の競演輸入車チョイ乗りリポート~800万円オーバー編~の画像拡大

重箱の隅をつついてみれば
メルセデス・ベンツE350deアバンギャルド スポーツ……875万円

週末はほとんどゴルフ。自分で運転して行くので、まぁまぁ距離は走る。予算には余裕があるけど、クルマにはそれほどこだわりがない。でも、自動ブレーキとか車線維持とか、運転支援システムにはこだわりたい。そんな人が選ぶのが、メルセデスのEクラスである。

まぁ、おおむね間違いのない選択だといえるでしょう。

今回のEクラスは、「日本初」のモデルでもある。2リッター直4クリーンディーゼルエンジンにモーターを組み合わせ、充電も可能なプラグインハイブリッドとしたところがそのゆえん。リアバンパー右側に充電口が設けられ、フロントフェンダーには「EQ POWER」の文字が輝く。

インテリアはいつものメルセデス流で、特に変わったところはないけれど、インパネの液晶画面に「EQ」ロゴが現れたり、モーターの稼働状態や最大充電電流の選択画面などが表示されたりと、“最新世代のクルマ”という感じがする。

ディーゼル(d)の電動車(e)であるE350deは、もちろんただの“低燃費車”ではない。194PS/400N・mを発生するエンジンと122PS/440N・mのモーターが協調して生み出すシステム総合出力は306PS、最大トルクは700N・m。AMGモデル並みの数値を誇る。

最大50kmまで走行できるEVモードでも、走りに不足を感じるシーンはほとんどない。「インテリジェントアクセルペダル」の指示に従えば、エンジンがかかることすらなく、ひたすら静かにスムーズに、わが道を行く。いっぽうで、ディーゼル+モーターの力をフルに生かせば、“これぞスポーツサルーン”という加速をみせる。

乗り心地のよさも印象的だった。2080kg(車検証記載値)という車両重量も重厚感あふれる乗り味の理由のひとつだろうけれど、コンベンショナルなバネとダンパーで構成されるサスペンションが懸命に働いて、路面からの入力を見事に吸収している。

今どきの注目ポイントである運転支援も抜群の出来で、ハンドル操作や加減速もとてもスムーズ。運転がうまい。

こんなクルマの欠点を探してあげつらうのは“いちゃもん”以外のなにものでもない気がするけれど、E350deのウイークポイントはトランクルームの容量である。バッテリーや補機類が収まっているため、大きな段差があって普通のEクラスより170リッターも小さい370リッターとなる(数値はVDA方式)。週末はほとんどゴルフ。な人にとっては、看過できないポイントかもしれない。

(文=webCG こんどー/写真=峰 昌宏)

ジープ グランドチェロキー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る