ポルシェ・カイエン クーペ(後編)

2020.03.12 谷口信輝の新車試乗 「ポルシェ・カイエン クーペ」に試乗した谷口信輝は、笑顔を見せながらも「ポルシェとして考えたら、どうなんだろう?」と首をかしげた。この新型車のどこが心に引っかかるのか、率直な印象をお伝えする。

悪いクルマじゃないけれど

ポルシェ・カイエン クーペをノーマルモードで操った印象を「お嬢さまもしくは奥さまが上品に乗るSUV」と評した谷口信輝。いっぽう、スポーツモードはダンパーの伸び側と縮み側の減衰率がアンバランスとの評価を下したが、最もダイナミックな走りが楽しめるスポーツ+ではどうだったのか? 谷口に語ってもらった。
「うん、このほうがペースを上げて走るにはいいですね。もちろん、乗り心地よりも操安性を重視した設定になりますが、タイヤの性格が意外と扱いやすくて、姿勢も作りやすいし狙ったラインをトレースしやすい。だからコーナーに入るときの不安感は少ないですね」

スポーツモードで気になったダンパーのアンバランスはどうか?
「スポーツ+だったら大丈夫ですね。だから車速を高めに保ってコーナーに入っていくのが怖くない。動きが読めないクルマだと、コーナー手前でいったん減速しないと不安ですが、カイエン クーペは大丈夫。ああ、乗り始めたときに比べたら、このクルマの印象、どんどんよくなっていますよ」

ほほー、それはよかった。では、340PSと450N・mを生み出す3リッターV6ターボエンジンの感触はどうか?
「エンジンのパフォーマンスは十分です。決して遅くないから『箱根の坂、上らないねー!』なんて言われることもないでしょう。でも、ポルシェとして考えたら、どうなんだろう。どこにも不満もないけれど、いい意味でとがったところもない。全然悪いクルマじゃないけれど、ちょっとキャラクターが薄めな感じがしますね」

しばらく走るうち、スポーツ+の乗り心地について谷口はこんなコメントを付け加えた。
「ハンドリングはとても楽しいけれど、乗り心地はやっぱり上下にヒョコヒョコする。この辺は、ちょっとどうかなという感じがしますが、ノーマルとスポーツ+で大きくキャラクターを変えた設定は、オーナーにしてみればうれしいかもしれません」

 
ポルシェ・カイエン クーペ(後編)の画像拡大
 
ポルシェ・カイエン クーペ(後編)の画像拡大
 
ポルシェ・カイエン クーペ(後編)の画像拡大
 
ポルシェ・カイエン クーペ(後編)の画像拡大

【ポルシェ・カイエン クーペのスペック】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4931×1983×1676mm/ホイールベース:2895mm/車重:1580kg/駆動方式:4WD/エンジン:3リッターV6 DOHC 24バルブ ターボ/トランスミッション:8段AT/最高出力:340PS(250kW)/5300-6400rpm/最大トルク:450N・m(45.9kgf・m)/1340-5300rpm/タイヤ:(前)275/45ZR20 110Y/(後)305/40ZR20 112Y(ピレリPゼロ)/燃費:9.4-9.3リッター/100km(約10.6-10.8km/リッター、欧州複合モード)/価格:1135万6481円

【取材時の燃費データ】
テスト距離: 247.1km(市街地1:高速道路8:山岳路1)/使用燃料:32.9リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:7.5km/リッター(満タン法)/7.8km/リッター(車載燃費計計測値)


	【ポルシェ・カイエン クーペのスペック】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4931×1983×1676mm/ホイールベース:2895mm/車重:1580kg/駆動方式:4WD/エンジン:3リッターV6 DOHC 24バルブ ターボ/トランスミッション:8段AT/最高出力:340PS(250kW)/5300-6400rpm/最大トルク:450N・m(45.9kgf・m)/1340-5300rpm/タイヤ:(前)275/45ZR20 110Y/(後)305/40ZR20 112Y(ピレリPゼロ)/燃費:9.4-9.3リッター/100km(約10.6-10.8km/リッター、欧州複合モード)/価格:1135万6481円
	
	【取材時の燃費データ】
	テスト距離: 247.1km(市街地1:高速道路8:山岳路1)/使用燃料:32.9リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:7.5km/リッター(満タン法)/7.8km/リッター(車載燃費計計測値)
	拡大

関連キーワード:
カイエン クーペ, ポルシェ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・カイエン クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.4.1 試乗記 「ポルシェ・カイエン クーペ」に試乗。他ブランドではすでにおなじみとなっているデザインコンシャスなSUVだが、ポルシェの仕事を侮ってはいけない。外観だけでなく、走りの性能にも「カイエン」とは異なるクーペらしい味つけが施されているのだ。
  • アウディA6 45 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.3.25 試乗記 「アウディA6」に追加された2リッターターボエンジン搭載モデルに試乗。位置づけはエントリーとはいえ、そこはアウディ。ドライビング性能を高める多彩な装備を用意しているのだ。“技術による先進”の最先端を味わってみた。
  • シボレー・コルベット スティングレイ クーペ(MR/8AT)【海外試乗記】 2020.3.16 試乗記 アメリカを代表するスーパースポーツ「コルベット」がフルモデルチェンジ。「C8」こと8代目コルベットは、まさかのミドシップとなって登場した。長年培ってきたFRの駆動レイアウトを捨てることで得たもの、そして失ったものとは? 米ラスベガスから報告する。
  • ポルシェ・マカン ターボ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.3.27 試乗記 2018年10月にマイナーチェンジが実施された、ポルシェの人気車種「マカン」。数あるグレードのなかでも最高の動力性能を誇る「マカン ターボ」はどのようにリファインされたのか? 最新型の走りをリポートする。
  • アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ ヴォランテ(FR/8AT)【試乗記】 2020.3.28 試乗記 「アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ ヴォランテ」に試乗。ルーフを開け放って5.2リッターV12ツインターボのサウンドに包まれれば、アストンとイタリアンハイパーカーとの、目指すところの違いが見えてくるだろう。
ホームへ戻る