FCAが新型「フィアット500」を世界初公開 デザインは踏襲しつつ100%電気自動車に

2020.03.05 自動車ニュース
「フィアット500ラ・プリマ」と、FCAでフィアットブランドを統括するオリバー・フランソワ氏。
「フィアット500ラ・プリマ」と、FCAでフィアットブランドを統括するオリバー・フランソワ氏。拡大

FCAは2020年3月4日(現地時間)、イタリア・ミラノで新型「フィアット500」を世界初公開した。

 
FCAが新型「フィアット500」を世界初公開 デザインは踏襲しつつ100%電気自動車にの画像拡大
 
FCAが新型「フィアット500」を世界初公開 デザインは踏襲しつつ100%電気自動車にの画像拡大
 
FCAが新型「フィアット500」を世界初公開 デザインは踏襲しつつ100%電気自動車にの画像拡大
 
FCAが新型「フィアット500」を世界初公開 デザインは踏襲しつつ100%電気自動車にの画像拡大

今回発表された新型フィアット500は、“トッポリーノ”の愛称で親しまれた1936年登場の初代から数えて、5代目のモデルとなる。

車両骨格には新設計のプラットフォームが用いられており、現行モデルより全幅と全長がそれぞれ6cm、ホイールベースが2cm拡大しているものの、1957年デビューの2代目モデル“ヌオーバ チンクエチェント”に通じるスタイリングは、現行モデルより踏襲されている。

従来モデルとの最大の違いは、これが電気自動車となっている点で、蓄電量42kWhのリチウムイオンバッテリーにより、WLTPモード計測で320kmの一充電走行可能距離を実現。85kWの急速充電に対応しており、およそ35分でバッテリー容量の80%まで充電が可能とされている。駆動用モーターの最高出力は87kWで、0-100km/h加速は9.0秒。最高速についてはリミッターで150km/hに制限されている。

ドライブモードは「ノーマル」「レンジ」「シェルパ」の3種類で、レンジを選択した場合はアクセル操作だけで強い制動が働き、ブレーキペダルを踏むことなく停車までの操作ができる「ワンペダルドライブ」が可能となる。また、シェルパは走行可能距離を最大化するモードとなっており、車速が80km/hに制限されるほか、空調やシートヒーターの機能もカットされるという。

価格は、発表当日にオンライン受注が開始されたコンバーチブルの限定モデル「la Prima(ラ・プリマ)」で3万7900ユーロ(約450万円)となっている。

(webCG)

関連キーワード:
500, 500C, フィアット, 自動車ニュース

フィアット 500 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
  • 新型「フィアット・パンダ」 2013.5.21 画像・写真 2013年6月1日に発売される、新型「フィアット・パンダ」のディテールを写真で紹介。
  • フィアット・パンダ Easy(FF/5AT)【試乗記】 2013.5.21 試乗記 ツインエアを積んで復活した「フィアット・パンダ」が、日本に上陸。好きな人にはたまらない、その魅力に触れた。
  • ホンダS2000<20周年記念純正アクセサリー装着車>(FR/6MT)【試乗記】 2020.6.19 試乗記 ホンダのオープントップスポーツ「S2000」の純正アクセサリーが新たに発売される。ホンダアクセスが手がけたこれらアイテムの開発コンセプトは“20年目のマイナーモデルチェンジ”。ワインディングロードで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • トライアンフ・スラクストンRS(MR/6MT)【レビュー】 2020.6.17 試乗記 往年のカフェレーサーをほうふつとさせる、トライアンフのスポーツモデル「スラクストン」。さらなるパワーアップと軽量化が施されたスペシャルバージョンは、驚くほどフレンドリーで楽しいモーターサイクルに仕上がっていた。
ホームへ戻る