FCAが新型「フィアット500」を世界初公開 デザインは踏襲しつつ100%電気自動車に

2020.03.05 自動車ニュース
「フィアット500ラ・プリマ」と、FCAでフィアットブランドを統括するオリバー・フランソワ氏。
「フィアット500ラ・プリマ」と、FCAでフィアットブランドを統括するオリバー・フランソワ氏。拡大

FCAは2020年3月4日(現地時間)、イタリア・ミラノで新型「フィアット500」を世界初公開した。

 
FCAが新型「フィアット500」を世界初公開 デザインは踏襲しつつ100%電気自動車にの画像拡大
 
FCAが新型「フィアット500」を世界初公開 デザインは踏襲しつつ100%電気自動車にの画像拡大
 
FCAが新型「フィアット500」を世界初公開 デザインは踏襲しつつ100%電気自動車にの画像拡大
 
FCAが新型「フィアット500」を世界初公開 デザインは踏襲しつつ100%電気自動車にの画像拡大

今回発表された新型フィアット500は、“トッポリーノ”の愛称で親しまれた1936年登場の初代から数えて、5代目のモデルとなる。

車両骨格には新設計のプラットフォームが用いられており、現行モデルより全幅と全長がそれぞれ6cm、ホイールベースが2cm拡大しているものの、1957年デビューの2代目モデル“ヌオーバ チンクエチェント”に通じるスタイリングは、現行モデルより踏襲されている。

従来モデルとの最大の違いは、これが電気自動車となっている点で、蓄電量42kWhのリチウムイオンバッテリーにより、WLTPモード計測で320kmの一充電走行可能距離を実現。85kWの急速充電に対応しており、およそ35分でバッテリー容量の80%まで充電が可能とされている。駆動用モーターの最高出力は87kWで、0-100km/h加速は9.0秒。最高速についてはリミッターで150km/hに制限されている。

ドライブモードは「ノーマル」「レンジ」「シェルパ」の3種類で、レンジを選択した場合はアクセル操作だけで強い制動が働き、ブレーキペダルを踏むことなく停車までの操作ができる「ワンペダルドライブ」が可能となる。また、シェルパは走行可能距離を最大化するモードとなっており、車速が80km/hに制限されるほか、空調やシートヒーターの機能もカットされるという。

価格は、発表当日にオンライン受注が開始されたコンバーチブルの限定モデル「la Prima(ラ・プリマ)」で3万7900ユーロ(約450万円)となっている。

(webCG)

関連キーワード:
500, 500C, フィアット, 自動車ニュース

フィアット 500 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット・パンダ クロス4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2021.3.24 試乗記 見た目は驚くほど個性的だが、その走りに、他のクルマでは得難い特徴はあるか? フィアットのマニアックなコンパクトクロスオーバー「パンダ クロス4×4」の乗り味を、北海道の雪道でチェックした。
  • フィアット・パンダ クロス4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2020.12.9 試乗記 「フィアット・パンダ」のクロスオーバーモデル「パンダ クロス4×4」が日本に上陸。黄色いボディーにまるで開発テスト車のようなフロントマスクを組み合わせたド派手な個性派の実力を、高速道路や林道で試してみた。
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
  • フィアット500Xクロスプラス(4WD/9AT)【試乗記】 2016.3.4 試乗記 ジープと共同開発されたフィアット初のコンパクトSUV「500X」。見た目以外の「フィアットらしさ」はどこにあるのか? 1.4リッター直4マルチエアターボエンジンと9段ATを組み合わせた4WDの「クロスプラス」で新潟を目指した。
ホームへ戻る