青の専用ボディーカラーをまとった「ルノー・トゥインゴ」の特別仕様車発売

2020.04.09 自動車ニュース
ルノー・トゥインゴ シグネチャー
ルノー・トゥインゴ シグネチャー拡大

ルノー・ジャポンは2020年4月9日、コンパクトカー「トゥインゴ」に特別仕様車「シグネチャー」を設定し、販売を開始した。

ダッシュボードとエアコンベゼルにはブルーのトリムがあしらわれている(日本仕様は右ハンドル)。
ダッシュボードとエアコンベゼルにはブルーのトリムがあしらわれている(日本仕様は右ハンドル)。拡大
 
青の専用ボディーカラーをまとった「ルノー・トゥインゴ」の特別仕様車発売の画像拡大
 
青の専用ボディーカラーをまとった「ルノー・トゥインゴ」の特別仕様車発売の画像拡大
 
青の専用ボディーカラーをまとった「ルノー・トゥインゴ」の特別仕様車発売の画像拡大
 
青の専用ボディーカラーをまとった「ルノー・トゥインゴ」の特別仕様車発売の画像拡大

1992年の初代モデルが「TWIst」「sWINg」「tanGO」の3つの言葉に着想を得て名づけられたというルノー・トゥインゴ。今回の特別仕様車シグネチャー(ベース車は「トゥインゴEDC」)は、この3つの言葉をイメージしてデザインした「TWINGO」のタイポグラフィーが、専用サイドストライプとシート、キッキングプレートに飾られているのが特徴だ。

ボディーカラーは専用色の「ブルー オセアン メタリック」を採用。内外装にはルージュカラーのアクセントが配される。

このほかボディー同色のサイドプロテクションモール(シグネチャーロゴ入り)や16インチアロイホイール、ブルー内装トリム(ダッシュボード&エアコンベゼル)、リアカメラなども装備する。

これらを含む専用装備の内容は以下の通り。

  • 専用ボディーカラー:ブルー オセアン メタリック
  • コーナリングランプ機能付きフロントフォグランプ
  • ボディー同色サイドプロテクションモール(シグネチャーロゴ入り)
  • プライバシーガラス
  • 16インチアロイホイール
  • 専用サイドストライプ
  • リアカメラ
  • 専用キッキングプレート
  • ブルー内装トリム(ダッシュボード&エアコンベゼル)
  • 専用レザー調×ファブリックコンビシート
  • 前席シートヒーター
  • サブウーハー
  • リアシート下収納ネット

価格は214万円。初回生産分は100台で、以後は生産され次第納車される予定となっている。

(webCG)

関連キーワード:
トゥインゴ, ルノー, 自動車ニュース

ルノー トゥインゴ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日本導入は2020年10月! 新型「ルノー・ルーテシア」はどんなクルマ? 2020.7.20 デイリーコラム 今秋の日本導入が正式発表された新型「ルノー・ルーテシア」。ルノーが誇る“欧州No.1”のBセグメントコンパクトは、どのようなクルマとなっているのか? プラットフォームにパワートレイン、そして運転支援システムなど、注目のポイントを解説する。
  • 実力検証! 新型メガーヌ ルノー・スポール トロフィー 2019.12.6 “最速の血統”を受け継ぐもの<PR> ルノーの高性能ハッチバック「メガーヌ ルノー・スポール」の、さらなるハイパフォーマンスバージョン「トロフィー」に試乗。“速い”という言葉では言い尽くせない実力派のすごみを、ワインディングロードで体感した。
  • ルノー・トゥインゴEDC(RR/6AT)【試乗記】 2019.10.29 試乗記 ルノーのAセグメントハッチバック「トゥインゴ」のマイナーチェンジモデルに試乗。単なるモデルライフ半ばのテコ入れかと思いきや、さにあらず。こだわり抜いた装備選定や価格設定など、まさに“日本のためのコンパクトカー”とも言うべきクルマに仕上がっていた。
  • ヤマハTMAX560 TECH MAX ABS(MR/CVT)【レビュー】 2020.10.30 試乗記 普段使いでの機能性はもちろん、ツーリング性能や操る楽しさをも追求したヤマハの“スポーツコミューター”こと「TMAX」シリーズ。その最新モデルにあたるのが「TMAX560」だ。新エンジンを得たビッグスクーターの雄は、“アンチ”を黙らせる実力の持ち主だった。
  • 「フィアット500/500C」にイタリアの甘い生活を表現した限定車「ドルチェヴィータ」 2020.10.23 自動車ニュース FCAジャパンは2020年10月23日、「フィアット500/500C」に特別仕様車「ドルチェヴィータ」を設定し、275台の台数限定で同年12月12日に発売すると発表した。
ホームへ戻る