青の専用ボディーカラーをまとった「ルノー・トゥインゴ」の特別仕様車発売

2020.04.09 自動車ニュース
ルノー・トゥインゴ シグネチャー
ルノー・トゥインゴ シグネチャー拡大

ルノー・ジャポンは2020年4月9日、コンパクトカー「トゥインゴ」に特別仕様車「シグネチャー」を設定し、販売を開始した。

ダッシュボードとエアコンベゼルにはブルーのトリムがあしらわれている(日本仕様は右ハンドル)。
ダッシュボードとエアコンベゼルにはブルーのトリムがあしらわれている(日本仕様は右ハンドル)。拡大
 
青の専用ボディーカラーをまとった「ルノー・トゥインゴ」の特別仕様車発売の画像拡大
 
青の専用ボディーカラーをまとった「ルノー・トゥインゴ」の特別仕様車発売の画像拡大
 
青の専用ボディーカラーをまとった「ルノー・トゥインゴ」の特別仕様車発売の画像拡大
 
青の専用ボディーカラーをまとった「ルノー・トゥインゴ」の特別仕様車発売の画像拡大

1992年の初代モデルが「TWIst」「sWINg」「tanGO」の3つの言葉に着想を得て名づけられたというルノー・トゥインゴ。今回の特別仕様車シグネチャー(ベース車は「トゥインゴEDC」)は、この3つの言葉をイメージしてデザインした「TWINGO」のタイポグラフィーが、専用サイドストライプとシート、キッキングプレートに飾られているのが特徴だ。

ボディーカラーは専用色の「ブルー オセアン メタリック」を採用。内外装にはルージュカラーのアクセントが配される。

このほかボディー同色のサイドプロテクションモール(シグネチャーロゴ入り)や16インチアロイホイール、ブルー内装トリム(ダッシュボード&エアコンベゼル)、リアカメラなども装備する。

これらを含む専用装備の内容は以下の通り。

  • 専用ボディーカラー:ブルー オセアン メタリック
  • コーナリングランプ機能付きフロントフォグランプ
  • ボディー同色サイドプロテクションモール(シグネチャーロゴ入り)
  • プライバシーガラス
  • 16インチアロイホイール
  • 専用サイドストライプ
  • リアカメラ
  • 専用キッキングプレート
  • ブルー内装トリム(ダッシュボード&エアコンベゼル)
  • 専用レザー調×ファブリックコンビシート
  • 前席シートヒーター
  • サブウーハー
  • リアシート下収納ネット

価格は214万円。初回生産分は100台で、以後は生産され次第納車される予定となっている。

(webCG)

関連キーワード:
トゥインゴ, ルノー, 自動車ニュース

ルノー トゥインゴ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 視認性を高めてより安全に 「ルノー・トゥインゴ」の限定車「ブリヤント」発売 2020.5.14 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2020年5月14日、コンパクトカー「ルノー・トゥインゴ」に台数100台の限定車「トゥインゴ ブリヤントEDC/ブリヤントEDCキャンバストップ」を設定。同日、販売を開始した。
  • ルノー・トゥインゴEDC(RR/6AT)【試乗記】 2019.10.29 試乗記 ルノーのAセグメントハッチバック「トゥインゴ」のマイナーチェンジモデルに試乗。単なるモデルライフ半ばのテコ入れかと思いきや、さにあらず。こだわり抜いた装備選定や価格設定など、まさに“日本のためのコンパクトカー”とも言うべきクルマに仕上がっていた。
  • ルノー・トゥインゴS(RR/5MT)【試乗記】 2020.5.26 試乗記 ルノーのコンパクトカー「トゥインゴ」には、売れ筋のAT車以外にMT車もラインナップされている。マイナーかつマニアックなモデルなのは確かだが、せっせとレバーを操作して走らせたなら、誰でも笑顔になるだろう。
  • 「ルノー・トゥインゴEDC」の装備が充実 駐車がより安全に 2020.5.12 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2020年5月12日、コンパクトカー「トゥインゴEDC」「トゥインゴEDCキャンバストップ」の一部仕様を変更し、同日、販売を開始した。リアカメラとバックソナーを標準化することで安全性が高められている。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフ1.5 eTSI(FF/7AT)/ゴルフ2.0 TDI(FF/7AT)【海外試乗記】 2020.5.6 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」が8代目に生まれ変わった。車車間通信や対話型インフォテインメントシステムを採用するなど、今回のモデルチェンジをひと言で表すならば“デジタライゼーション”だ。ハッチバック車のベンチマークの、最新モデルの仕上がりやいかに!?
ホームへ戻る