ダイハツが「タフト」の情報を先行公開 盛り上がりを見せる軽クロスオーバーの新型車

2020.04.20 自動車ニュース
ダイハツ・タフト
ダイハツ・タフト拡大

ダイハツ工業は2020年4月20日、同年6月発売予定の新型軽乗用車「タフト」の情報を先行公開した。

オレンジのアクセントと大きなガラスルーフが目を引くインテリア。
オレンジのアクセントと大きなガラスルーフが目を引くインテリア。拡大
ハニカム模様のシート表皮が採用されたシート。
ハニカム模様のシート表皮が採用されたシート。拡大
リアシートは左右分割可倒式で、スライド調整機構は備わらない。
リアシートは左右分割可倒式で、スライド調整機構は備わらない。拡大
荷室には高さのある荷物も積載可能。
荷室には高さのある荷物も積載可能。拡大
後席をたためばフラットな床面の積載スペースが得られる。
後席をたためばフラットな床面の積載スペースが得られる。拡大
「タフト」には電動パーキングブレーキがダイハツ車として初採用される。
「タフト」には電動パーキングブレーキがダイハツ車として初採用される。拡大
ディーラーオプションの「メッキパック」装着車。
ディーラーオプションの「メッキパック」装着車。拡大
ボディーカラーには新色の「レイクブルーメタリック」(上)と「フォレストカーキメタリック」(右下)、「サンドベージュメタリック」(左下)の3色を含む、全9色が用意される。
ボディーカラーには新色の「レイクブルーメタリック」(上)と「フォレストカーキメタリック」(右下)、「サンドベージュメタリック」(左下)の3色を含む、全9色が用意される。拡大

小さなボディーに新しい提案を満載

今回の新型車タフトは、日常生活からレジャーシーンまで、幅広いシチュエーションで活躍することを念頭に開発された、クロスオーバータイプの軽乗用車である。ダイハツでは1970年代から1980年代にかけて、同名のクロスカントリー車を販売していたこともあるが、今回のモデル名はそれにあやかったものではなく、「Tough&Almighty Fun Tool」というコンセプトの頭文字を取ったものと説明している。

最大の特徴は他の車種にはない装備や使い方の提案で、例えば、軽自動車では今日において唯一の採用例となるガラスルーフ「スカイフィールトップ」を全グレードに標準装備。さまざまなシーンで活用できるよう荷室まわりも工夫が凝らされており、床面の高さを2段階で調整できるデッキボードは、後席背面に立てかけて収納する際、“荷物掛け”として使用できるよう縁(へり)がフック状となっている。また、後席にはスライド調整機構は備わらないものの、防汚加工の施された分割可倒式の背もたれを倒し、デッキボードを上段に設定すれば、フラットな床面の広い積載スペースが得られるという。

一方、いかにもSUV然とした直線基調のスタイリングも同車の特徴で、大径タイヤや車体下部と前後フェンダーに施されたモールディングなどで“頼もしさ”を表現。ボディーサイズは全長×全幅×全高=3395×1475×1630mmと、同ジャンルの「スズキ・ハスラー」より車高が50mm低いものの、最低地上高は190mmと、軽規格の都会派クロスオーバーとしては、デザイン的にも走破性能的にも十分な高さを確保している。

またアッパーグリルを持たない“グリルレスデザイン”のフロントマスクも目を引くが、こちらについてはディーラーオプションでメッキフロントグリルとメッキリアガーニッシュのセット(メッキパック)も用意されている。

ボディーカラーは全9色で、道具感やアクティブ感を強調する新色として「レイクブルーメタリック」「フォレストカーキメタリック」「サンドベージュメタリック」の3色を設定。一方で、車両のキャラクターを考慮して、昨今の軽乗用車ではおなじみであるピンクやパステル調のカラーなどは非設定としている。

ダイハツ車として電動パーキングブレーキを初採用

一方、車両の基本構造はDNGA世代の第1弾モデル「タント」に準じたものとなっており、ダイハツ最新世代のシャシーやプラットフォーム、燃焼効率を高めた改良型KFエンジンなどを採用。トランスミッションはエンジンの仕様によって異なり、自然吸気モデルにはコンベンショナルな3軸CVTを、ターボモデルにはタントと同じく、ベルト式CVTと遊星ギアを組み合わせた「デュアルモードCVT(D-CVT)」を搭載している。

このほかにも、ダイハツ車としてはこれが初となる、指一本で操作可能なオートブレーキホールド機能付き電動パーキングブレーキの採用も大きなトピックのひとつ。タントに続いての採用が予想されるアダプティブクルーズコントロールシステムについても、停車時ホールド機能が追加されるなどの進化が期待できそうだ。

(webCG)

関連キーワード:
タフト, ダイハツ, 自動車ニュース

ダイハツ タフト の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・コペン スパイダーVer./ハイゼット ジャンボ スポルツァVer. 2021.1.13 画像・写真 ダイハツが「バーチャルオートサロン2021」の出展車両を公開。披露された4台のコンセプトモデルの中から、まずはスパイダースタイルの「コペン スパイダーVer.」と、レーシーな「ハイゼット ジャンボ スポルツァVer.」を写真で紹介する。
  • ダイハツ・タフトG(FF/CVT)/タフトGターボ(FF/CVT)【試乗記】 2020.9.3 試乗記 スズキの1強状態が続いていた軽クロスオーバーSUV市場に、ダイハツが送り込んだニューモデル「タフト」。ライバルとは異なるアプローチをとり、独自のキャラクターを確立したこのクルマは、マーケットに一石を投じる存在となるか?
  • ホンダ・フィットの新開発4WDを試す 2020.3.10 だから新型フィットは心地いい<AD> いよいよ街を走りだした、新型「ホンダ・フィット」。フレンドリーなデザインや優れたユーティリティー性で話題だが、その走行性能も見逃せない。なかでも注目なのが、新開発のハイブリッドと4WDシステムの絶妙なコンビネーションが実現する心地いい走りだ。
  • ダイハツ・ロッキーG(4WD/CVT)【試乗記】 2020.1.27 試乗記 2019年11月の誕生以来、好調なセールスを記録するコンパクトSUV「ダイハツ・ロッキー」。人気の秘訣(ひけつ)を探るべく、AセグメントではSUVでも珍しいフルタイム4WD車に試乗。“市場のスキマ”に投入されたニューモデルは、ダイハツらしい、生活に寄りそう良作だった。
  • トヨタ・ライズZ(FF/CVT)【試乗記】 2020.1.21 試乗記 トヨタの新型SUV「ライズ」に試乗。全長4m以下のコンパクトなボディーに広い室内、そしてパワフルな1リッターエンジンなどさまざまな魅力を備えた同車だが、リポーターが何よりもしびれたのはその“軽さ”だった。
ホームへ戻る