「アウディQ2」で新たに3種類のセットオプションが選択可能に

2020.04.14 自動車ニュース

アウディ ジャパンは2020年4月14日、コンパクトSUV「Q2」に3つのオプションパッケージを設定し、同日、販売を開始した。

今回のオプションパッケージは、「Q2 30 TFSIスポーツ」(386万円)および「Q2 35 TFSIシリンダーオンデマンド スポーツ」(419万円)の2モデルに対して用意される。各パッケージに含まれる装備の内容は以下の通り。

  • コンフォートパッケージ(48万円):「ナビゲーションパッケージ」と先進運転支援システムのアシスタンス機能、オートマチックテールゲート、バーチャルコックピットからなるセットオプション。
  • black stylingパッケージ(70万円):上記コンフォートパッケージに、シングルフレームグリルとフロント&リアバンパー、ドアミラー、ブレードがブラック仕上げになる「エクステンデッドブラックスタイリングパッケージ」を追加。さらに、マルチカラーアンビエントライティング、コントラストグレーの5アームダイナミックデザイン18インチアルミホイール(タイヤサイズは215/50R18)なども含まれる。
  • S line plusパッケージ(83万円):上記コンフォートパッケージのほか、スポーツバンパー、スポーツサスペンション、5スポークYデザインの18インチアルミホイール(タイヤサイズは215/50R18)、クロス×レザーS lineロゴ付きシートなどがセットに。レザーステアリングはフラットボトムデザインとなっており、マルチファンクション機能やパドルシフトも備わる。

(webCG)

アウディQ2(写真はblack stylingパッケージ装着車)
アウディQ2(写真はblack stylingパッケージ装着車)拡大

関連キーワード:
Q2, アウディ, 自動車ニュース

アウディ Q2 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディQ2 2017.4.26 画像・写真 アウディが新型の小型SUV「Q2」の日本導入を発表。機械式駐車場にも入るボディーサイズが特徴で、1リッターと1.4リッターの2種類のターボエンジンが用意されている。アウディSUV製品群の末っ子にあたる、ニューモデルの姿を写真で紹介する。
  • アウディがコンパクトSUV「Q2」の改良モデルを発表 2021年前半に日本に導入 2020.9.2 自動車ニュース アウディがコンパクトSUV「Q2」に改良を実施。外観デザインを変更するとともに、装備の拡充を図った。またコネクテッドサービス「Audi connect」についても、携帯端末で車両の施錠解錠などができる機能を追加。日本導入は2021年前半を予定している。
  • アウディQ2 35 TFSIシリンダーオンデマンド スポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2019.1.9 試乗記 既存のヒエラルキーの外にあるという、野心的なポジションで誕生した「アウディQ2」も、日本での販売開始から1年半の時が経過した。あらためてステアリングを握り、ワインディングロードに連れ出すと、導入初期のモデルでは気付かなかったものが見えてきた。
  • アウディQ2 1.0 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2017.8.7 試乗記 アウディのSUV製品群である「Q」シリーズの末っ子こと「Q2」。“ポリゴン”をモチーフにしたという、ユニークなスタイリングが目を引くニューフェイスの出来栄えを、中間グレードの「1.0 TFSIスポーツ」で試した。
  • アウディQ2 1.0 TFSIスポーツ(FF/7AT)【レビュー】 2017.6.26 試乗記 「アウディQ2」に1リッターターボ仕様が登場。手ごろな価格とクラストップレベルの燃費がウリのエントリーモデルの出来栄えは? 17インチタイヤを装着し、運転支援機能や安全装備を充実させた「1.0 TFSIスポーツ」に試乗した。
ホームへ戻る