ブルーのボディーにイエローが映える「アバルト595/595C」の限定車「ピスタ」登場

2020.04.21 自動車ニュース
アバルト595ピスタ
アバルト595ピスタ拡大

FCAジャパンは2020年4月21日、「アバルト595」およびオープンモデルの「アバルト595C」に特別仕様車「Pista(ピスタ)」を設定し、同年5月16日に合計240台の台数限定で発売すると発表した。

アバルト595Cピスタ
アバルト595Cピスタ拡大
フロントバンパーにはイエロー仕上げのリップスポイラーが備わる。
フロントバンパーにはイエロー仕上げのリップスポイラーが備わる。拡大
リアハッチに取り付けられた「595 Pista」のエンブレム。
リアハッチに取り付けられた「595 Pista」のエンブレム。拡大
パワフルなサウンドとアグレッシブなドライビングフィールを演出するという、ハイパフォーマンスエキゾーストシステム「レコードモンツァ」を装備。ディフューザー一体型リアバンパーにもイエロー仕上げインサートが組み込まれる。
パワフルなサウンドとアグレッシブなドライビングフィールを演出するという、ハイパフォーマンスエキゾーストシステム「レコードモンツァ」を装備。ディフューザー一体型リアバンパーにもイエロー仕上げインサートが組み込まれる。拡大

今回、特別仕様車の車名に採用されたピスタとは、イタリア語で“レーストラック”を意味するもの。その名称が示すようにパフォーマンスの向上やスポーティーな装備の採用が同車のセリングポイントになっている。

搭載されるパワーユニットは、ベース車両比20PSアップとなる最高出力165PSの1.4リッター直4ターボエンジンで、ハイパフォーマンスエキゾーストシステム「レコードモンツァ」も組み合わされている。トランスミッションはハッチバックとオープンのどちらのボディータイプでも、ATモード付き5段シーケンシャルトランスミッション(MTA)と5段MTが選択可能となる。

足まわりでは、KONI製FSDショックアブソーバー(リアサスペンション用)を装着。センターキャップリングに差し色としてイエローを配したマットブラック仕上げの専用17インチ10本スポークアルミホイールや、同じくイエローのブレーキキャリパーで見た目も引き締められている。

標準モデルには設定のない「Blu Podio(ブルーポディオ)」の外装色に加え、リップスポイラーやドアミラーカバー、リアディフューザーに足まわりと同じイエローのアクセントカラーが用いられるほか、サーキットをデザインした「595 Pista」エンブレムも装着されている。

インテリアでは2種類のシートデザインが用意され、オートエアコン(ダストポーレンフィルター付き)やリアプライバシーガラスも備わる。

価格と販売台数は下記の通り。

  • 595ピスタ(MT車):328万円(95台)
  • 595ピスタ(MTA車):345万円(51台)
  • 595Cピスタ(MT車):361万円(61台)
  • 595Cピスタ(MTA車):378万円(33台)

(webCG)

関連キーワード:
595, アバルト, 自動車ニュース

アバルト 595 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • マクラーレンがV6ハイブリッド搭載の新型スポーツカー「アルトゥーラ」を発表 2021.2.17 自動車ニュース 英マクラーレン・オートモーティブは2021年2月17日(現地時間)、新型ハイブリッドスポーツモデル「Artura(アルトゥーラ)」を、オンラインで発表した。システム出力680PSを誇る、外部充電が可能なハイブリッドパワートレインを搭載している。
  • プジョーe-2008アリュール(FWD)【試乗記】 2021.2.3 試乗記 「クルマは道がつくる」という言葉があるが、日本の場合はどうだろうか。フランス発の100%電気自動車「プジョーe-2008」で200kmばかり走ってみたところ、インフラ側のさまざまな課題が見えてきた。
  • マツダが制御プログラムの最新化サービス「マツダスピリットアップグレード」をスタート 2021.2.19 自動車ニュース マツダは2021年2月19日、保有車両の商品性向上を目的とした制御プログラムなどの最新化サービス「マツダスピリットアップグレード」を開始したと発表した。第1弾となる今回は「マツダ3」と「CX-30」の初期型モデルが対象となっている。
ホームへ戻る