ブルーのボディーにイエローが映える「アバルト595/595C」の限定車「ピスタ」登場

2020.04.21 自動車ニュース
アバルト595ピスタ
アバルト595ピスタ拡大

FCAジャパンは2020年4月21日、「アバルト595」およびオープンモデルの「アバルト595C」に特別仕様車「Pista(ピスタ)」を設定し、同年5月16日に合計240台の台数限定で発売すると発表した。

アバルト595Cピスタ
アバルト595Cピスタ拡大
フロントバンパーにはイエロー仕上げのリップスポイラーが備わる。
フロントバンパーにはイエロー仕上げのリップスポイラーが備わる。拡大
リアハッチに取り付けられた「595 Pista」のエンブレム。
リアハッチに取り付けられた「595 Pista」のエンブレム。拡大
パワフルなサウンドとアグレッシブなドライビングフィールを演出するという、ハイパフォーマンスエキゾーストシステム「レコードモンツァ」を装備。ディフューザー一体型リアバンパーにもイエロー仕上げインサートが組み込まれる。
パワフルなサウンドとアグレッシブなドライビングフィールを演出するという、ハイパフォーマンスエキゾーストシステム「レコードモンツァ」を装備。ディフューザー一体型リアバンパーにもイエロー仕上げインサートが組み込まれる。拡大

今回、特別仕様車の車名に採用されたピスタとは、イタリア語で“レーストラック”を意味するもの。その名称が示すようにパフォーマンスの向上やスポーティーな装備の採用が同車のセリングポイントになっている。

搭載されるパワーユニットは、ベース車両比20PSアップとなる最高出力165PSの1.4リッター直4ターボエンジンで、ハイパフォーマンスエキゾーストシステム「レコードモンツァ」も組み合わされている。トランスミッションはハッチバックとオープンのどちらのボディータイプでも、ATモード付き5段シーケンシャルトランスミッション(MTA)と5段MTが選択可能となる。

足まわりでは、KONI製FSDショックアブソーバー(リアサスペンション用)を装着。センターキャップリングに差し色としてイエローを配したマットブラック仕上げの専用17インチ10本スポークアルミホイールや、同じくイエローのブレーキキャリパーで見た目も引き締められている。

標準モデルには設定のない「Blu Podio(ブルーポディオ)」の外装色に加え、リップスポイラーやドアミラーカバー、リアディフューザーに足まわりと同じイエローのアクセントカラーが用いられるほか、サーキットをデザインした「595 Pista」エンブレムも装着されている。

インテリアでは2種類のシートデザインが用意され、オートエアコン(ダストポーレンフィルター付き)やリアプライバシーガラスも備わる。

価格と販売台数は下記の通り。

  • 595ピスタ(MT車):328万円(95台)
  • 595ピスタ(MTA車):345万円(51台)
  • 595Cピスタ(MT車):361万円(61台)
  • 595Cピスタ(MTA車):378万円(33台)

(webCG)

関連キーワード:
595, アバルト, 自動車ニュース

アバルト 595 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5MT)【試乗記】 2016.3.22 試乗記 アバルトのパフォーマンスモデル「595コンペティツィオーネ」がマイナーチェンジを受けた。160psから180psに強化されて一段とスポーティーになった同車を、一般道、高速道路、そしてワインディングロードで試乗した。
  • プジョー・リフター デビューエディション(FF/8AT)【試乗記】 2020.6.1 試乗記 プジョーの新型MPV「リフター」に試乗。ご覧の通り、四角四面の背高なスタイリングは兄弟車たる「シトロエン・ベルランゴ」とほとんど同じ。あえて(ちょっと地味な)プジョー版を選ぶ価値はどこにあるのだろうか。
  • 「メルセデス・ベンツVクラス」に5人での車中泊が可能な「マルコ・ポーロ ホライゾン」登場 2020.5.21 自動車ニュース 「メルセデス・ベンツVクラス」にキャンプなどのアウトドアレジャーに好適な「マルコ・ポーロ ホライゾン」が再登場。ポップアップルーフやフルフラット機能付きベンチシート、回転対座シートなどを備えており、最大5人が車内で就眠できるという。
ホームへ戻る