第174回:第一印象は毒虫

2020.05.05 カーマニア人間国宝への道

残念なインテリア

「ヤリス ハイブリッド」の走りに感動し、「うおおおお欲しい!」とケモノのような欲望を抱いた私だが、一方では「絶対買わねぇ!」とも叫んでいた。

理由は、インテリアとデザインで御座います。

インテリアは大いに安っぽい。なかんずくダッシュボードの質感は、コンビニ弁当のパッケージを思わせる。いくらベーシックカーでも、いまどきこれはなかろう! オプション&諸経費コミならば支払総額300万円近くにだってなるのだから。宿敵「フィット」が癒やし感満点で良きセンスのインテリアを実現しているのと比ぶれば、15-3でコールド負け!

仮にヤリス ハイブリッドを買うとなると、我が家の場合、「シトロエンDS3」との入れ替えになりますが、そちらとのインテリア対決ならば50-3のコールド負け。まったくお話にならぬ。

おそらく世間一般の皆さまは、あまりインテリアにはこだわらぬのでありましょう。日本のベストセラーカーには、インテリアがメタメタなのが多いでありますから。

近年の好例は「ノートe-POWER」だ。あちらもワンペダルドライブは新鮮で大いに楽しいけれども、インテリアは落第。安っぽい樹脂感バリバリのダッシュボードに、ピアノブラックのセンター部のマッチングセンスは残念無念。トヨタと日産には猛省を促したい。んなこと言ってもインテリアでクルマは売れないんでムリでちゅね……。

新型トヨタ・ヤリス ハイブリッド(写真=池之平昌信)
新型トヨタ・ヤリス ハイブリッド(写真=池之平昌信)拡大
「ヤリス ハイブリッド」のインテリア。(写真=池之平昌信)
「ヤリス ハイブリッド」のインテリア。(写真=池之平昌信)拡大
新型「ホンダ・フィット」のインテリア。
新型「ホンダ・フィット」のインテリア。拡大
筆者の愛車「シトロエンDS3」のインテリア。
筆者の愛車「シトロエンDS3」のインテリア。拡大
「日産ノートe-POWER」のインテリア。
「日産ノートe-POWER」のインテリア。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

トヨタ ヤリス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタGRヤリスRZ“ハイパフォーマンス”(4WD/6MT)【試乗記】 2021.2.27 試乗記 出自や立ち位置は微妙になりつつある「トヨタGRヤリス」だが、そのスポーツモデルとしての性能が第一級であることは間違いない。前代未聞の高出力3気筒ターボエンジンや異色の4WDシステムの仕上がりを一般道で試してみた。
  • トヨタGRヤリス(前編) 2020.9.4 画像・写真 いよいよ発売となったトヨタのコンパクトスポーツ「GRヤリス」。まずは1.6リッター直噴ターボエンジンと、トヨタ久々のスポーツ4WDシステムを組み合わせたハイパフォーマンスグレード「RZ」「RZ“ハイパフォーマンス”」の詳細を写真で紹介する。
  • トヨタGRヤリスRZ“ハイパフォーマンス”(後編) 2021.5.20 谷口信輝の新車試乗 2020年9月の発売以来、クルマ好きの視線を集めてきた「トヨタGRヤリス」。その走りにおいて、真に評価すべきポイントとは何か? あまたの高性能モデルを知るレーシングドライバー谷口信輝は、こう考える。
  • トヨタGRヤリスRZ“ハイパフォーマンス”(前編) 2021.5.13 谷口信輝の新車試乗 今回谷口信輝が試乗したのは、モータースポーツで戦うことも視野に入れて開発された「トヨタGRヤリス」。専用ボディーや新開発エンジンを持つこだわりの高性能ハッチバックを、プロはどう評価する?
  • トヨタGRヤリスRS(FF/CVT)【試乗記】 2021.1.13 試乗記 ラリーのトップカテゴリーで勝つことを念頭に開発された、トヨタのコンパクトハッチバック「GRヤリス」。たとえFF・CVT仕様のエントリーグレードであっても、そのこだわりの走りは、出自を感じさせる非凡さにあふれていた。
ホームへ戻る