TOM'Sセンチュリー(前編)

2020.04.30 谷口信輝の新車試乗 2020年の東京オートサロンで登場し、多くの自動車ファンを驚かせた「TOM'Sセンチュリー」。有名レーシングチームが仕立てた特別なセダンの走りを、レーシングドライバー谷口信輝はどう評価する?

見るからに別物

TOM'S(トムス)といえば日本だけでなく世界的にも名が知られたトヨタ系レーシングチームである。しかも、レース畑だけでなく、ロードカー用カスタマイズパーツやコンプリートカーの開発・製造でも長い歴史を誇る。そんなTOM'Sの最新作がトヨタの最高級セダン「センチュリー」をベースにしたTOM'Sセンチュリーである。

そのコンセプトについて、TOM'Sは「欧州メーカーが席巻するハイパフォーマンスカー市場に一石を投じることにある」と説明。さらに「国産最高級車として知られるセンチュリーが本来持つ高性能で高品質なパフォーマンスを継続しながら、より走行性能を高め、自らハンドルを握り運転を楽しむドライバーズカー」に仕上げたと主張する。

実車を目の前にすると、スタンダードなセンチュリーとは別物の、低くうずくまったかのような“シャコタンスタイル”が印象的。車高はおよそ2cm低くなっているとのことだが、こちらも量産モデルと同じようにエアサスペンションで車高を2段階に切り替える機能を搭載している。そして走りに関しては「車高を下げた状態でスポーツ+モードをお試しください」とのアドバイスをTOM'S側から事前に受けていた。ちなみに、試乗車に装着されていたBBSホイールと19インチタイヤ(245/45R19サイズの「ブリヂストン・レグノGR-XII」)は合計で100万円ほどのオプション。標準のタイヤはスタンダードなセンチュリーと同じ225/55R18となる。

5リッターV8エンジンとハイブリッドシステムはスタンダードのままだが、フロントバンパー、サイドステップ、リアアンダースポイラー、トランクスポイラーなどが専用品のエアロパーツとなるほか、エキゾーストシステムには「トムス・バレル」を採用。さらにインテリアを「日本国内の職人が製作する最高級ナッパレザーシート」などで飾る点がTOM'Sセンチュリーの特徴である。価格は、スタンダードを1100万円ほど上回る3097万6000円である。

 
TOM'Sセンチュリー(前編)の画像拡大
 
TOM'Sセンチュリー(前編)の画像拡大
 
TOM'Sセンチュリー(前編)の画像拡大
 
TOM'Sセンチュリー(前編)の画像拡大

【TOM'Sセンチュリーのスペック】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5375×1930×1505mm/ホイールベース:3090mm/車重:2370kg/駆動方式:FR/エンジン:5リッターV8 DOHC 32バルブ/モーター:交流同期電動機/トランスミッション:CVT/エンジン最高出力:381PS(280kW)/6200rpm/エンジン最大トルク:510N・m(52.0kgf・m)/4000rpm/モーター最高出力:224PS(165kW)/モーター最大トルク:300N・m(30.6kgf・m)/システム最高出力:431PS(317kW)/タイヤ:(前)245/45R19 98W/(後)245/45R19 98W(ブリヂストン・レグノGR-XII)/燃費:--km/リッター/価格:3097万6000円

【取材時の燃費データ】
テスト距離: 270.0km(市街地1:高速道路8:山岳路1)/使用燃料:29.1リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:9.3km/リッター(満タン法)、9.5km/リッター(車載燃費計計測値)


	【TOM'Sセンチュリーのスペック】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5375×1930×1505mm/ホイールベース:3090mm/車重:2370kg/駆動方式:FR/エンジン:5リッターV8 DOHC 32バルブ/モーター:交流同期電動機/トランスミッション:CVT/エンジン最高出力:381PS(280kW)/6200rpm/エンジン最大トルク:510N・m(52.0kgf・m)/4000rpm/モーター最高出力:224PS(165kW)/モーター最大トルク:300N・m(30.6kgf・m)/システム最高出力:431PS(317kW)/タイヤ:(前)245/45R19 98W/(後)245/45R19 98W(ブリヂストン・レグノGR-XII)/燃費:--km/リッター/価格:3097万6000円
	
	【取材時の燃費データ】
	テスト距離: 270.0km(市街地1:高速道路8:山岳路1)/使用燃料:29.1リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:9.3km/リッター(満タン法)、9.5km/リッター(車載燃費計計測値)
	拡大

関連キーワード:
センチュリー, トヨタ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・カローラ ハイブリッドW×B(FF/CVT)【試乗記】 2020.1.24 試乗記 2019年秋の発売以来、好調なセールスが伝えられる12代目の「トヨタ・カローラ」。そのステアリングを握った筆者は、従来モデルとのあまりの違いに大きなショックを受けたのだった。
  • トヨタ・カローラS(FF/CVT)【試乗記】 2019.12.5 試乗記 自慢のTNGAプラットフォームに日本専用ボディーをかぶせた新型「カローラ」は、なるほどトヨタの意欲作かもしれない。しかし、日本市場を席巻していたかつての姿を知る者にとっては、新型のキラリと光るポイントを理解しつつも、要所要所で感じる雑味が気になってしまうのだった。
  • 「トヨタ・カローラ」の新型セダン/ワゴンがデビュー 先行発売のハッチバックも仕様変更 2019.9.17 自動車ニュース トヨタ自動車は2019年9月17日、セダン「カローラ」の新型と、そのワゴンモデル「カローラ ツーリング」を発表。ハッチバック「カローラ スポーツ」にも一部改良を施し、3車種とも同日に発売した。
  • トヨタ・カローラ/カローラ ツーリング/カローラ スポーツ【試乗記】 2019.10.11 試乗記 1966年以来の伝統を誇る「トヨタ・カローラ」の現行モデルに、4ドアセダンとワゴンの「ツーリング」が登場。専用設計のショート&ナローなボディーを持つ日本仕様の出来栄えやいかに? 足まわりに改良を受けた「カローラ スポーツ」の走りもあわせて報告する。
  • ポルシェ718ボクスターGTS 4.0/718ケイマンGTS 4.0【海外試乗記】 2020.5.13 試乗記 2.5リッターターボから4リッターの自然吸気へとエンジンが変更された「ポルシェ718ボクスター/ケイマンGTS」。まさかの“アップサイジング”を図ったポルシェの思惑とは? 新エンジンを得た新型GTSの走りとともに、ポルトガル・エストリルより報告する。
ホームへ戻る