TOM'Sセンチュリー(後編)

2020.05.07 谷口信輝の新車試乗 レーシングチームTOM'Sが開発した、コンプリートカー「TOM'Sセンチュリー」。ワインディングロードで試乗し一度は厳しい評価をくだした谷口信輝だったが、その印象は、ある操作によって一変することになった。

ベストと思える走行モードは……

超有名レーシングチームのTOM'Sがチューニングしたセンチュリーを箱根のワインディングロードで試乗した谷口信輝。ただし、その足まわりからは「サスペンションブッシュのグニュグニュ」と「サスペンションのプワプワ」が一緒に伝わってきて、あまり快適ではなかったうえ、谷口が得意とする攻めた走りにも向かなかったという。

ちなみに、ここまでの印象はエアサスペンションで車高を落としたローポジションでのもの。センチュリーには、この車高切り替えのほかにノーマル、スポーツ、スポーツ+からなるドライビングモード切り替えも用意されている。TOM'S側のおすすめはスポーツ+だというが、ドライビングモードを切り替えたときの印象はどうだったのか? 谷口に聞いた。
「ノーマルだとちょっと落ち着かないし、スポーツ+は大波小波が一番強くなる。その点ではスポーツモードが一番バランスがとれているような気がしました」

なるほど、そうか。TOM'Sセンチュリーの乗り心地やハンドリングに谷口が納得しないのは、どうやら車高を落としたそのセッティングにあるようだが、クルマのスタイリングに関していえば谷口が無類の“シャコタン好き”であることは広く知られている。果たして、TOM'Sセンチュリーの外観を谷口はどう評価するのだろうか?
「いやあ、やっぱりシャコタンはかっこいいですよ。スタンダードなセンチュリーとはだいぶ印象が違いますよね。特にセンチュリーはボディーカラーが黒だと、いかにも公用車的に見えちゃうじゃないですか。でも、このシルバーメタリックだとだいぶ公用車感が薄くなりますよね」

シャコタンとともに谷口がこだわるポイントのひとつが“面一(ツライチ)”。これはタイヤの外面とフェンダーの間に段差がなく見えるようにすることを理想とするもの。果たして、TOM'Sセンチュリーのツライチ感はどうだったのか?
「うーん、いまひとつ物足りないですね。おそらく、僕が見た感じではタイヤの位置がもう4cm外側にあったらよかったでしょうね。そのほうが、このBBS製ホイールもずっと格好よく見えるはずです。しかも、僕の読みでは乗り心地とハンドリングもよくなりますね。これは冗談ですけど(笑)」

 
TOM'Sセンチュリー(後編)の画像拡大
 
TOM'Sセンチュリー(後編)の画像拡大
 
TOM'Sセンチュリー(後編)の画像拡大
 
TOM'Sセンチュリー(後編)の画像拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る