TOM'Sセンチュリー(後編)

2020.05.07 谷口信輝の新車試乗 レーシングチームTOM'Sが開発した、コンプリートカー「TOM'Sセンチュリー」。ワインディングロードで試乗し一度は厳しい評価をくだした谷口信輝だったが、その印象は、ある操作によって一変することになった。

ベストと思える走行モードは……

超有名レーシングチームのTOM'Sがチューニングしたセンチュリーを箱根のワインディングロードで試乗した谷口信輝。ただし、その足まわりからは「サスペンションブッシュのグニュグニュ」と「サスペンションのプワプワ」が一緒に伝わってきて、あまり快適ではなかったうえ、谷口が得意とする攻めた走りにも向かなかったという。

ちなみに、ここまでの印象はエアサスペンションで車高を落としたローポジションでのもの。センチュリーには、この車高切り替えのほかにノーマル、スポーツ、スポーツ+からなるドライビングモード切り替えも用意されている。TOM'S側のおすすめはスポーツ+だというが、ドライビングモードを切り替えたときの印象はどうだったのか? 谷口に聞いた。
「ノーマルだとちょっと落ち着かないし、スポーツ+は大波小波が一番強くなる。その点ではスポーツモードが一番バランスがとれているような気がしました」

なるほど、そうか。TOM'Sセンチュリーの乗り心地やハンドリングに谷口が納得しないのは、どうやら車高を落としたそのセッティングにあるようだが、クルマのスタイリングに関していえば谷口が無類の“シャコタン好き”であることは広く知られている。果たして、TOM'Sセンチュリーの外観を谷口はどう評価するのだろうか?
「いやあ、やっぱりシャコタンはかっこいいですよ。スタンダードなセンチュリーとはだいぶ印象が違いますよね。特にセンチュリーはボディーカラーが黒だと、いかにも公用車的に見えちゃうじゃないですか。でも、このシルバーメタリックだとだいぶ公用車感が薄くなりますよね」

シャコタンとともに谷口がこだわるポイントのひとつが“面一(ツライチ)”。これはタイヤの外面とフェンダーの間に段差がなく見えるようにすることを理想とするもの。果たして、TOM'Sセンチュリーのツライチ感はどうだったのか?
「うーん、いまひとつ物足りないですね。おそらく、僕が見た感じではタイヤの位置がもう4cm外側にあったらよかったでしょうね。そのほうが、このBBS製ホイールもずっと格好よく見えるはずです。しかも、僕の読みでは乗り心地とハンドリングもよくなりますね。これは冗談ですけど(笑)」

 
TOM'Sセンチュリー(後編)の画像拡大
 
TOM'Sセンチュリー(後編)の画像拡大
 
TOM'Sセンチュリー(後編)の画像拡大
 
TOM'Sセンチュリー(後編)の画像拡大

【TOM'Sセンチュリーのスペック】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5375×1930×1505mm/ホイールベース:3090mm/車重:2370kg/駆動方式:FR/エンジン:5リッターV8 DOHC 32バルブ/モーター:交流同期電動機/トランスミッション:CVT/エンジン最高出力:381PS(280kW)/6200rpm/エンジン最大トルク:510N・m(52.0kgf・m)/4000rpm/モーター最高出力:224PS(165kW)/モーター最大トルク:300N・m(30.6kgf・m)/システム最高出力:431PS(317kW)/タイヤ:(前)245/45R19 98W/(後)245/45R19 98W(ブリヂストン・レグノGR-XII)/燃費:--km/リッター/価格:3097万6000円

【取材時の燃費データ】
テスト距離: 270.0km(市街地1:高速道路8:山岳路1)/使用燃料:29.1リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:9.3km/リッター(満タン法)、9.5km/リッター(車載燃費計計測値)


	【TOM'Sセンチュリーのスペック】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5375×1930×1505mm/ホイールベース:3090mm/車重:2370kg/駆動方式:FR/エンジン:5リッターV8 DOHC 32バルブ/モーター:交流同期電動機/トランスミッション:CVT/エンジン最高出力:381PS(280kW)/6200rpm/エンジン最大トルク:510N・m(52.0kgf・m)/4000rpm/モーター最高出力:224PS(165kW)/モーター最大トルク:300N・m(30.6kgf・m)/システム最高出力:431PS(317kW)/タイヤ:(前)245/45R19 98W/(後)245/45R19 98W(ブリヂストン・レグノGR-XII)/燃費:--km/リッター/価格:3097万6000円
	
	【取材時の燃費データ】
	テスト距離: 270.0km(市街地1:高速道路8:山岳路1)/使用燃料:29.1リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:9.3km/リッター(満タン法)、9.5km/リッター(車載燃費計計測値)
	拡大

関連キーワード:
センチュリー, トヨタ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・カローラ ハイブリッドW×B(FF/CVT)【試乗記】 2020.1.24 試乗記 2019年秋の発売以来、好調なセールスが伝えられる12代目の「トヨタ・カローラ」。そのステアリングを握った筆者は、従来モデルとのあまりの違いに大きなショックを受けたのだった。
  • トヨタ・カローラS(FF/CVT)【試乗記】 2019.12.5 試乗記 自慢のTNGAプラットフォームに日本専用ボディーをかぶせた新型「カローラ」は、なるほどトヨタの意欲作かもしれない。しかし、日本市場を席巻していたかつての姿を知る者にとっては、新型のキラリと光るポイントを理解しつつも、要所要所で感じる雑味が気になってしまうのだった。
  • 「トヨタ・カローラ」の新型セダン/ワゴンがデビュー 先行発売のハッチバックも仕様変更 2019.9.17 自動車ニュース トヨタ自動車は2019年9月17日、セダン「カローラ」の新型と、そのワゴンモデル「カローラ ツーリング」を発表。ハッチバック「カローラ スポーツ」にも一部改良を施し、3車種とも同日に発売した。
  • トヨタ・カローラ/カローラ ツーリング/カローラ スポーツ【試乗記】 2019.10.11 試乗記 1966年以来の伝統を誇る「トヨタ・カローラ」の現行モデルに、4ドアセダンとワゴンの「ツーリング」が登場。専用設計のショート&ナローなボディーを持つ日本仕様の出来栄えやいかに? 足まわりに改良を受けた「カローラ スポーツ」の走りもあわせて報告する。
  • ポルシェ718ボクスターGTS 4.0/718ケイマンGTS 4.0【海外試乗記】 2020.5.13 試乗記 2.5リッターターボから4リッターの自然吸気へとエンジンが変更された「ポルシェ718ボクスター/ケイマンGTS」。まさかの“アップサイジング”を図ったポルシェの思惑とは? 新エンジンを得た新型GTSの走りとともに、ポルトガル・エストリルより報告する。
ホームへ戻る