「トヨタ・スープラ」の直6モデルが387PSに出力向上 青いボディーの限定車も登場

2020.04.28 自動車ニュース
トヨタ・スープラRZ“ホライゾンブルーエディション”
トヨタ・スープラRZ“ホライゾンブルーエディション”拡大

トヨタ自動車は2020年4月28日、スポーツカー「スープラ」に一部改良を実施するとともに、特別仕様車「RZ“Horizon blue edition(ホライゾンブルーエディション)”」を設定し、いずれも同年10月頃に発売すると発表した。

「スープラRZ“ホライゾンブルーエディション”」のボディーカラーには、特別色の「ホライゾンブルー」が用いられている。
「スープラRZ“ホライゾンブルーエディション”」のボディーカラーには、特別色の「ホライゾンブルー」が用いられている。拡大
エクステリアでは、マットブラック塗装の19インチ鍛造アルミホイールも特徴。
エクステリアでは、マットブラック塗装の19インチ鍛造アルミホイールも特徴。拡大
「スープラRZ“ホライゾンブルーエディション”」のインストゥルメントパネルまわり。
「スープラRZ“ホライゾンブルーエディション”」のインストゥルメントパネルまわり。拡大
アルカンターラとブラックの本革を組み合わせたシート。
アルカンターラとブラックの本革を組み合わせたシート。拡大
インテリアの各所にブルーのステッチが施されている。
インテリアの各所にブルーのステッチが施されている。拡大

27台限定の特別なボディーカラーも設定

今回の一部改良では、最上級グレード「RZ」に搭載される3リッター直6ターボエンジンの最高出力を、従来型の340PS/5000rpmから387PS/5800rpmへと14%向上。0-100km/h加速も4.1秒と、これまでより0.2秒短縮させた。

また、車体のフロント部にブレースを追加してボディー剛性を強化するとともに、それに合わせてサスペンションも再チューニングすることで、コーナリング中の安定性の向上を図っている。

車体色は全7色。このうちRZ専用色「マットストームグレーメタリック」の車両については27台の数量限定となっており、2020年4月28日から5月24日までウェブで商談申し込みを受け付け、抽選のうえで販売を行うとしている。

価格は以下の通り。

  • SZ:499万5000円
  • SZ-R:601万3000円
  • RZ:731万3000円

なお、車体色マットストームグレーメタリックについてはオプション価格として、別途35万2000円が必要となる。

特別な内外装が目を引く100台の限定モデル

RZ“ホライゾンブルーエディション”は、新規採用の専用ボディーカラー「ホライゾンブルー」を特徴とする特別仕様車である。インテリアについても、ボディーカラーに合わせてインストゥルメントパネルやドアトリム、ステアリングホイールなどにブルーステッチを採用。マットブラック塗装の19インチ鍛造アルミホイールや、アルカンターラとブラックの本革を組み合わせたシートなども特徴となっている。

価格は741万3000円。数量は100台の限定で、成約順に販売するとしている。

(webCG)

関連キーワード:
スープラ, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ スープラ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・スープラRZ“ホライズンブルーエディション”(FR/8AT)【試乗記】 2020.8.24 試乗記 デビューからわずか1年余りで、エンジンのパワーアップを伴う大きな改良を受けた「トヨタ・スープラRZ」。“いいものがあれば即座に使う”というGRならではのクルマづくりは、3リッター直6ターボの高性能スポーツカーに、劇的な進化をもたらしていた。
  • 新型「トヨタ・スープラ」(その2) 2019.1.14 画像・写真 デトロイトモーターショーで世界初公開された新型「トヨタ・スープラ」。そのデザインは「Condensed Extreme L6 FR “TOYOTA” Sports」というコンセプトのもとに開発されたという。抑揚豊かな新型スープラの姿を、写真で紹介する。
  • トヨタ・ヤリス クロス ハイブリッドZ/ヤリス クロス ハイブリッドG/ヤリス クロスG【試乗記】 2020.9.26 試乗記 「トヨタ・ヤリス」の派生モデルとなるコンパクトクロスオーバー「ヤリス クロス」に公道で初試乗。同門の「ライズ」と「C-HR」の間に位置するポジションは、国内外を問わず多くの競合車がしのぎを削る超激戦区だ。全世界が注目するその出来栄えは?
  • TOM'Sスープラ(FR/8AT)【試乗記】 2020.8.8 試乗記 トヨタのオフィシャルチューナーであるTOM'Sから、「トヨタ・スープラ」のコンプリートモデル「TOM'Sスープラ」が登場。レースカーかと見まがうボディーにノーマル比+120PSのハイチューンエンジンを搭載したマシンは、“通(ツウ)”をもうならせる一台に仕上がっていた。
  • トヨタが「GRスープラ」の2021年モデルを発表 最高出力が従来モデルから14%アップ 2020.2.14 自動車ニュース トヨタが「GRスープラ」の2021年モデルを発表。エキゾーストマニホールドの構造変更や新ピストンの採用などにより、最高出力を382hpに、最大トルクを368lb.ft.に向上させた。これにより、0-60mph加速が3.9秒という加速性能を実現している。
ホームへ戻る