「トヨタ・スープラ」の直6モデルが387PSに出力向上 青いボディーの限定車も登場

2020.04.28 自動車ニュース
トヨタ・スープラRZ“ホライゾンブルーエディション”
トヨタ・スープラRZ“ホライゾンブルーエディション”拡大

トヨタ自動車は2020年4月28日、スポーツカー「スープラ」に一部改良を実施するとともに、特別仕様車「RZ“Horizon blue edition(ホライゾンブルーエディション)”」を設定し、いずれも同年10月頃に発売すると発表した。

「スープラRZ“ホライゾンブルーエディション”」のボディーカラーには、特別色の「ホライゾンブルー」が用いられている。
「スープラRZ“ホライゾンブルーエディション”」のボディーカラーには、特別色の「ホライゾンブルー」が用いられている。拡大
エクステリアでは、マットブラック塗装の19インチ鍛造アルミホイールも特徴。
エクステリアでは、マットブラック塗装の19インチ鍛造アルミホイールも特徴。拡大
「スープラRZ“ホライゾンブルーエディション”」のインストゥルメントパネルまわり。
「スープラRZ“ホライゾンブルーエディション”」のインストゥルメントパネルまわり。拡大
アルカンターラとブラックの本革を組み合わせたシート。
アルカンターラとブラックの本革を組み合わせたシート。拡大
インテリアの各所にブルーのステッチが施されている。
インテリアの各所にブルーのステッチが施されている。拡大

27台限定の特別なボディーカラーも設定

今回の一部改良では、最上級グレード「RZ」に搭載される3リッター直6ターボエンジンの最高出力を、従来型の340PS/5000rpmから387PS/5800rpmへと14%向上。0-100km/h加速も4.1秒と、これまでより0.2秒短縮させた。

また、車体のフロント部にブレースを追加してボディー剛性を強化するとともに、それに合わせてサスペンションも再チューニングすることで、コーナリング中の安定性の向上を図っている。

車体色は全7色。このうちRZ専用色「マットストームグレーメタリック」の車両については27台の数量限定となっており、2020年4月28日から5月24日までウェブで商談申し込みを受け付け、抽選のうえで販売を行うとしている。

価格は以下の通り。

  • SZ:499万5000円
  • SZ-R:601万3000円
  • RZ:731万3000円

なお、車体色マットストームグレーメタリックについてはオプション価格として、別途35万2000円が必要となる。

特別な内外装が目を引く100台の限定モデル

RZ“ホライゾンブルーエディション”は、新規採用の専用ボディーカラー「ホライゾンブルー」を特徴とする特別仕様車である。インテリアについても、ボディーカラーに合わせてインストゥルメントパネルやドアトリム、ステアリングホイールなどにブルーステッチを採用。マットブラック塗装の19インチ鍛造アルミホイールや、アルカンターラとブラックの本革を組み合わせたシートなども特徴となっている。

価格は741万3000円。数量は100台の限定で、成約順に販売するとしている。

(webCG)

関連キーワード:
スープラ, トヨタ, 自動車ニュース