トヨタ躍進の起爆剤となるか 新型コンパクトSUV「ヤリスクロス」の“強み”に迫る

2020.05.13 デイリーコラム

ありそうでなかったクルマ

トヨタが先日発表した「ヤリスクロス」は、まったく新しいクロスオーバーSUVである。その車名はまさに「名は体を表す」で、このクルマも先日デビューした新型「ヤリス」に続いてトヨタの新世代Bセグメント用プラットフォーム「GA-B」を土台に構築される。このクルマ、無理にこじつければ「イスト」(欧州名「アーバンクルーザー」)の再来といえなくもないが、イストは2016年(アーバンクルーザーは2012年ころ)には生産終了しているから、実際の商品企画としての継続性は皆無と考えていい。

ヤリスクロスは、本来であれば2020年春開催のジュネーブショーで世界初公開されるはずだった。生産拠点は日本とフランス。日本生産分はこの2020年秋から国内で、フランス生産分は2021年半ばから欧州で販売される予定という。現時点では、それ以外の市場での販売計画は明かされていない。将来的に日欧以外でも売られる可能性はあろうが、商品企画としては明らかに日欧市場に特化したコンセプトである。その点も新型ヤリスと同じだ。

そんなヤリスクロスは、日本でいうと“コンパクトSUV”の一種ということになろう。コンパクトSUVという表現そのものは、ほぼ世界共通語である。ただ、その定義というか、そこから想起されるイメージには地域差がある。

日本の場合、ヤリスなどのBセグハッチバックが“コンパクトカー”と通称されることもあって、コンパクトSUVというと、そのBセグ用プラットフォームをベースとした全長4.1~4.3mのクロスオーバーSUVというイメージが強い。その背景には、初代「日産ジューク」が日本におけるコンパクトSUVの火つけ役だった影響もある。初代ジュークもBセグベースで、その全長は4135mmだった。

トヨタが発表した新型コンパクトSUV「ヤリスクロス」。
トヨタが発表した新型コンパクトSUV「ヤリスクロス」。拡大
「ヤリスクロス」は、本来であれば2020年のジュネーブモーターショーで世界初公開される予定だった。
「ヤリスクロス」は、本来であれば2020年のジュネーブモーターショーで世界初公開される予定だった。拡大
「ヤリスクロス」のインストゥルメントパネルまわり。各部の意匠は、「GA-B」プラットフォームを共有する「ヤリス」とおおむね共通である。
「ヤリスクロス」のインストゥルメントパネルまわり。各部の意匠は、「GA-B」プラットフォームを共有する「ヤリス」とおおむね共通である。拡大
日本におけるコンパクトSUVの火つけ役となったのは、2010年に登場した初代「日産ジューク」だった。
日本におけるコンパクトSUVの火つけ役となったのは、2010年に登場した初代「日産ジューク」だった。拡大
トヨタ ヤリス クロス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第647回:コンフォート性能を追求したブリヂストンのSUV用タイヤ「アレンザLX100」を試す 2021.4.21 エディターから一言 ブリヂストンが2021年2月1日に発売した「アレンザLX100」は、静粛性の向上や乗り心地の良さを追求したというSUV用のコンフォートタイヤ。オンロード向けに特化して開発されたその背景や試走の第一印象を、河村康彦がリポートする。
  • トヨタ・ヤリス クロス ハイブリッドZ(FF/CVT)【試乗記】 2020.12.4 試乗記 激戦のコンパクトSUV市場にあって、圧倒的な売れ行きを見せている「トヨタ・ヤリス クロス」。ライバルに対する、この新型車のアドバンテージとは何か? 装備充実のハイブリッドモデルに試乗して選ばれる理由を探った。
  • 日産アリア リミテッド 2021.6.4 画像・写真 日産が新型電気自動車(EV)「アリア」の予約受注を開始した。先進的な操作インターフェイスや、ハンズオフ機能付き運転支援システム「プロパイロット2.0」の採用などでも注目を集めている最新EVの詳細な姿を、写真で紹介する。
  • ミツオカ・バディ20ST(FF/CVT)【試乗記】 2021.6.5 試乗記 そこが下町の路地裏であろうと旅情あふれる温泉街であろうとお構いなし! 「ミツオカ・バディ」が姿を現すところのすべてが、古きよき時代のアメリカ西海岸の空気に塗り替えられてしまうのだ。不思議な魅力を備えた新型SUVの仕上がりやいかに!?
  • 第708回:【Movie】好調プジョーの販売最前線を直撃 吠えるライオンの次なる獲物とは!? 2021.6.3 マッキナ あらモーダ! 販売好調が伝えられているプジョーだが、もちろん大矢アキオの住んでいるイタリアも例外ではない。特にここ1年ほどは、街で見かけるプジョー車の割合が増えたと感じられるのだ。躍進の秘密を販売の最前線に立つ人物に聞いてみた。
ホームへ戻る