トヨタ躍進の起爆剤となるか 新型コンパクトSUV「ヤリスクロス」の“強み”に迫る

2020.05.13 デイリーコラム

ありそうでなかったクルマ

トヨタが先日発表した「ヤリスクロス」は、まったく新しいクロスオーバーSUVである。その車名はまさに「名は体を表す」で、このクルマも先日デビューした新型「ヤリス」に続いてトヨタの新世代Bセグメント用プラットフォーム「GA-B」を土台に構築される。このクルマ、無理にこじつければ「イスト」(欧州名「アーバンクルーザー」)の再来といえなくもないが、イストは2016年(アーバンクルーザーは2012年ころ)には生産終了しているから、実際の商品企画としての継続性は皆無と考えていい。

ヤリスクロスは、本来であれば2020年春開催のジュネーブショーで世界初公開されるはずだった。生産拠点は日本とフランス。日本生産分はこの2020年秋から国内で、フランス生産分は2021年半ばから欧州で販売される予定という。現時点では、それ以外の市場での販売計画は明かされていない。将来的に日欧以外でも売られる可能性はあろうが、商品企画としては明らかに日欧市場に特化したコンセプトである。その点も新型ヤリスと同じだ。

そんなヤリスクロスは、日本でいうと“コンパクトSUV”の一種ということになろう。コンパクトSUVという表現そのものは、ほぼ世界共通語である。ただ、その定義というか、そこから想起されるイメージには地域差がある。

日本の場合、ヤリスなどのBセグハッチバックが“コンパクトカー”と通称されることもあって、コンパクトSUVというと、そのBセグ用プラットフォームをベースとした全長4.1~4.3mのクロスオーバーSUVというイメージが強い。その背景には、初代「日産ジューク」が日本におけるコンパクトSUVの火つけ役だった影響もある。初代ジュークもBセグベースで、その全長は4135mmだった。

トヨタが発表した新型コンパクトSUV「ヤリスクロス」。
トヨタが発表した新型コンパクトSUV「ヤリスクロス」。拡大
「ヤリスクロス」は、本来であれば2020年のジュネーブモーターショーで世界初公開される予定だった。
「ヤリスクロス」は、本来であれば2020年のジュネーブモーターショーで世界初公開される予定だった。拡大
「ヤリスクロス」のインストゥルメントパネルまわり。各部の意匠は、「GA-B」プラットフォームを共有する「ヤリス」とおおむね共通である。
「ヤリスクロス」のインストゥルメントパネルまわり。各部の意匠は、「GA-B」プラットフォームを共有する「ヤリス」とおおむね共通である。拡大
日本におけるコンパクトSUVの火つけ役となったのは、2010年に登場した初代「日産ジューク」だった。
日本におけるコンパクトSUVの火つけ役となったのは、2010年に登場した初代「日産ジューク」だった。拡大
トヨタ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヤリスクロス プロトタイプ【試乗記】 2020.7.30 試乗記 着々とSUVラインナップの整備を進めるトヨタが、2020年秋にはさらに「ヤリスクロス」を投入する。発売前のプロトタイプモデルに試乗し、「ヤリス」のSUV版をうたうニューモデルの仕上がりを試した。
  • トヨタ・ハリアーZ“レザーパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2020.9.1 試乗記 初代の登場から20年以上、4世代にわたって進化してきた「トヨタ・ハリアー」。元祖“都市型SUV”の最新型は、そのパイオニアとしてのプライドが感じられるほど、すきのない完成度を見せてくれた。
  • トヨタ・ハリアー【試乗記】 2020.7.21 試乗記 都市型SUVのパイオニアである「トヨタ・ハリアー」がフルモデルチェンジ。4代目となる新型の走りの印象や装備の使い勝手、さらには車台を共有する「RAV4」との乗り味のちがいなどをリポートする。
  • トヨタ・ハリアー ハイブリッドG(4WD/CVT)【試乗記】 2020.9.7 試乗記 トヨタのラグジュアリーSUV「ハリアー」が4代目となる新型に生まれ変わった。その仕上がりにスキはなく、見ても乗ってもさすが最新モデルという完成度だ。だけどオーナーは出来栄えに満足する一方で、それに付随する別な悩みを抱えることになるだろう。
  • BMW 840iクーペMスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2020.8.29 試乗記 BMWのフラッグシップクーペ「8シリーズ クーペ」に追加設定された「840i Mスポーツ」に試乗。同シリーズにおけるエントリーモデルという位置づけながら、3リッターの直6エンジンと後輪駆動が織りなすその走りは、実に味わい深いものだった。
ホームへ戻る