「ルノー・トゥインゴEDC」の装備が充実 駐車がより安全に

2020.05.12 自動車ニュース
ルノー・トゥインゴEDC
ルノー・トゥインゴEDC拡大

ルノー・ジャポンは2020年5月12日、コンパクトカー「トゥインゴEDC」「トゥインゴEDCキャンバストップ」の一部仕様を変更し、同日、販売を開始した。

リアカメラの映像をセンターモニターに表示することで、より安全な駐車が可能に。
リアカメラの映像をセンターモニターに表示することで、より安全な駐車が可能に。拡大
 
「ルノー・トゥインゴEDC」の装備が充実 駐車がより安全にの画像拡大

今回の主なトピックは、安全装備の充実。駐車等をサポートするリアカメラとバックソナーが標準化された。

価格は以下のとおり。

  • トゥインゴEDC:201万5000円
  • トゥインゴEDCキャンバストップ:213万5000円

同時に、これにMT車の「トゥインゴS」を加えた3モデルについて、サイドストライプのデザインが従来のドット模様から3本のラインに変更された。ボディーカラーは「ジョンマンゴ―」「ブルードラジェ」を含む全5色で、それぞれに合わせた配色パターンのストライプが採用されている。

(webCG)

関連キーワード:
トゥインゴ, ルノー, 自動車ニュース