ポルシェが「911タルガ4」「911タルガ4S」の新型を発表

2020.05.18 自動車ニュース
新型ポルシェ911タルガ4
新型ポルシェ911タルガ4拡大

独ポルシェは2020年5月18日(現地時間)、「911タルガ4」および「911タルガ4S」の新型を発表した。

 
ポルシェが「911タルガ4」「911タルガ4S」の新型を発表の画像拡大
 
ポルシェが「911タルガ4」「911タルガ4S」の新型を発表の画像拡大
 
ポルシェが「911タルガ4」「911タルガ4S」の新型を発表の画像拡大
 
ポルシェが「911タルガ4」「911タルガ4S」の新型を発表の画像拡大

「クーペ」と「カブリオレ」に続き、992型911の第3のボディータイプとして設定されたタルガ。先代モデルに当たる991型と同様、サイドまで回り込んだリアウィンドウやワイドなBピラー(タルガロールバー)を残したままでソフトトップが開くオープントップボディーが特徴だ。

ソフトトップの操作は電動化されており、キャビンに備えられたスイッチを操作するとリアウィンドウが上昇し、その下にZ字形に折りたたまれながらトップが格納される仕掛け。開閉に要する時間はいずれも19秒とされている。

パワーユニットは3リッターの水平対向6気筒ツインターボエンジンで、タルガ4では最高出力385PS/6500rpmと最大トルク450N・m/1950-5000rpmを、タルガ4Sでは同450PS/6500rpmと同530N・m/2300-5000rpmを発生。両車とも駆動方式は4WDで、トランスミッションは8段のデュアルクラッチ式AT(PDK)となる。なお、タルガ4Sには7段MTモデルも設定されるが、日本市場向けにはラインナップされない。0-100km/h加速のタイムはタルガ4が4.4秒(スポーツクロノパッケージ装着車は4.2秒)でタルガ4Sが3.8秒(同3.6秒)、最高速はタルガ4が289km/hでタルガ4Sが304km/hと公表されている。

日本でもすでに予約注文受け付けが始まっており、価格はタルガ4が1729万円でタルガ4Sが2060万円。トランスミッションは8段PDKのみ、ステアリング位置は左右から選択可能だ。

(webCG)

関連キーワード:
911タルガ, ポルシェ, 自動車ニュース

ポルシェ 911タルガ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ911ターボSカブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.1.5 試乗記 最高出力650PSを誇る、新型「ポルシェ911ターボSカブリオレ」に試乗。その加速やコーナリングからは、つくり手がこのハイパフォーマンスカーに込めた、すさまじいほどの気合が伝わってきた。
  • ポルシェ718スパイダー(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.6 試乗記 ポルシェのミドシップオープン「718ボクスター」に伝統の「スパイダー」が帰ってきた。新型のハイライトは、復活した自然吸気水平対向6気筒エンジンと締め上げられたシャシー。その仕上がりを確認すべく、ワインディングロードに連れ出した。
  • フェラーリ812GTS(FR/7AT)【試乗記】 2021.6.11 試乗記 フェラーリのフラッグシップオープンスポーツ「812GTS」に試乗。最高出力800PSを誇る伝統のV12エンジンと、ワンタッチで開閉可能なリトラクタブルハードトップが織りなすオープンエアモータリングを、新緑のワインディングロードで味わった。
  • BMW M4クーペ コンペティション(FR/8AT)【試乗記】 2021.5.24 試乗記 BMWのハイパフォーマンスクーペ「M4」がフルモデルチェンジ。まずはド派手な面構えで注目を集めたが、肝心の走りの進化はどうなのか。あいにくのウエットコンディションながら、箱根のワインディングロードで仕上がりを試してみた。
  • フェラーリ・ポルトフィーノM(FR/8AT)【試乗記】 2021.5.21 試乗記 今や少数派となったリトラクタブルハードトップを採用する2+2シーター「フェラーリ・ポルトフィーノM」に試乗。マラネッロの開発陣が磨きをかけたパワートレインやシャシーの仕上がりを中心に、先代「ポルトフィーノ」からの進化を探ってみた。
ホームへ戻る