クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ポルシェ911タルガ4(4WD/8AT)

正解はひとつにあらず 2021.08.04 試乗記 「ポルシェ911タルガ」のルーフを開け放っても、頭上部分の青空を拝めるだけにすぎない。フルオープン化できる「カブリオレ」があるなかで、あえてタルガトップを選ぶ理由とは何だろうか。それはずばり、カッコよく生きるためである。

安全なオープンカー

クルマの安全にまつわる思想や性能がまだ脆弱(ぜいじゃく)だった1960年代、オープンカーの悲惨な事故があとを絶たなかったアメリカでは、それを禁止しようという世論さえ形成されつつあった。

そんななかで、アメリカ市場をお得意さまとしていたポルシェが安全なオープンカーとはどうあるべきかを形にしたのが911タルガだ。その狙いは一目瞭然で、ロールオーバー時の生存空間を確保するために太いBピラーを据えながら、ルーフとリアウィンドウを折り畳んで格納することでオープンカー並みの開放感を得ようというものだった。

その後、ビニール製のリアウィンドウは走行時のバタつきを抑える狙いもあってベンドガラス製に変更。開放感は損なわれるものの、スペシャリティーモデルらしいそのたたずまいに新しさを見いだしたカスタマーに支えられ、タルガのイメージを世に浸透させた。

全モデルが4WD車となる「ポルシェ911タルガ」シリーズ。「タルガ」というグレードは存在せず、試乗車の「タルガ4」がエントリーグレードとなるのは先代モデルと同様。
全モデルが4WD車となる「ポルシェ911タルガ」シリーズ。「タルガ」というグレードは存在せず、試乗車の「タルガ4」がエントリーグレードとなるのは先代モデルと同様。拡大
「パイソングリーン」のボディーカラーを引き立てるかのように、試乗車のインテリアはブラックのレザーで引き締められていた。ステッチにだけ「クレヨン」を使っているところがオシャレだ。
「パイソングリーン」のボディーカラーを引き立てるかのように、試乗車のインテリアはブラックのレザーで引き締められていた。ステッチにだけ「クレヨン」を使っているところがオシャレだ。拡大
ドアパネルとシートバックのキルティング加工は「レザーパッケージ930」と呼ばれるオプション。
ドアパネルとシートバックのキルティング加工は「レザーパッケージ930」と呼ばれるオプション。拡大

進化するタルガトップ

しっかりと安全基準を満たしたフルオープンボディーが開発されるようになった1980年代後半以降、911もオープンモデルの主力がタルガから「カブリオレ」へと移行する。が、それでもタルガは新しい価値の創出を求めて993世代では大型のスライディングガラスルーフを採用、996世代ではこのギミックに開閉式のリアガラスハッチが加わることで実用性も向上し、この形式は997世代まで引き継がれた。

そして991世代以降のタルガは、初代の意匠的特徴を再現しながら、手元のボタンひとつで天板が格納される新たなギミックが搭載された。カブリオレのトノカバーよろしくリアウィンドウ部がまるごと持ち上がり、ハードボードにキャンバスを貼り込んだルーフパネルが空いたスペースにゆっくりと収まっていく動作はなかなか大仰で見応えがある。このダイナミックなシステムをそのまま継承したのが、この992世代でのタルガの成り立ちだ。

911タルガのルーフ開閉に要する時間はそれぞれ約19秒と、911カブリオレの約12秒に対して長いだけではなく、走行中の開閉動作は不可、かつ大きな可動域が妨げられないよう一定のクリアランスが求められるなど、いくつかの制約がある。開閉する際の利便性ならクーペ系にオプションで装着できるサンルーフやガラスルーフがあり、開放感ではカブリオレが優勢と、屋根のバリエーションが豊かな911のなかでも、タルガは最も面倒な選択肢だ。

センターコンソールのルーフオープンスイッチを操作すると、リアウィンドウ部分が上昇しつつ後退。
センターコンソールのルーフオープンスイッチを操作すると、リアウィンドウ部分が上昇しつつ後退。拡大
空いたスペースにZ字型に折り畳まれたルーフがすっぽりと収まる。開閉に要する時間はどちらも約19秒。
空いたスペースにZ字型に折り畳まれたルーフがすっぽりと収まる。開閉に要する時間はどちらも約19秒。拡大
ルーフの操作スイッチはオープン用とクローズ用が独立して用意される。
ルーフの操作スイッチはオープン用とクローズ用が独立して用意される。拡大
フロントウィンドウ上部にレイアウトされたウインドディフレクター。磁力で抑え込まれており、中央のくぼんだ部分を押し込むと立ち上がる。
フロントウィンドウ上部にレイアウトされたウインドディフレクター。磁力で抑え込まれており、中央のくぼんだ部分を押し込むと立ち上がる。拡大

妥協は禁物

それでもあえてカブリオレと同額のタルガを選択する意味は、やはり伊達にまつわる対価ということになるだろう。992世代になってから内外装のカラーやマテリアルのバリエーションが増強されただけでなく、トップはキャンバスの風合いを引き立てる4色から選ぶことも可能。さらに象徴的なBピラーをサテンブラック処理することもできるなど、自分用の仕立てをさまざまな組み合わせによって実現できる。ポルシェジャパンのウェブサイトからアクセスできるコンフィギュレーターはいじりがい十分だが、ノリノリでポチるほどに跳ね上がる金額に冷水をぶっかけられた気分になるのは毎度のことだ。が、あえてタルガを選ぼうというのなら、妥協が招く後々の後悔も大きい。購入検討される向きには思い切りぜいたくを楽しんでいただきたいと思う。

新しい911タルガのグレード構成は「タルガ4」と「タルガ4S」、「タルガ4 GTS」の3つ。本国と同様、4駆のみの設定だ。9A2evoと呼ばれる最新世代の3リッターフラット6直噴ツインターボはタルガ4で385PS、タルガ4Sで450PS、タルガ4 GTSでは480PSを発生。組み合わせられるトランスミッションは全グレード8段PDKで、0-100km/h加速はそれぞれ4.4秒、3.8秒、3.5秒となる。動力性能的にはカブリオレと同等とみて問題はないだろう。

リアエンドに積まれる3リッター水平対向6気筒ターボエンジンは最高出力385PSを発生。0-100km/h加速のタイムは4.4秒。
リアエンドに積まれる3リッター水平対向6気筒ターボエンジンは最高出力385PSを発生。0-100km/h加速のタイムは4.4秒。拡大
メーターパネルはセンターのメカニカルなタコメーターを2枚のスクリーンで挟むレイアウト。伝統の5連メーターのような表示にもできる。
メーターパネルはセンターのメカニカルなタコメーターを2枚のスクリーンで挟むレイアウト。伝統の5連メーターのような表示にもできる。拡大
バイワイヤ式のシフトセレクターはコンパクトなスティックタイプ。試乗車はオプションによって金属部分がアルミ仕立てとなっていた。
バイワイヤ式のシフトセレクターはコンパクトなスティックタイプ。試乗車はオプションによって金属部分がアルミ仕立てとなっていた。拡大

緩い911があってもいい

車体剛性的に近いだろうカブリオレと比べてみれば、タルガは走りの質感が若干劣る感は否めない。乗って感じるのは、お尻まわりの据わりが良すぎることと、操舵からのゲインの立ち上がりに若干ラグが感じられること、連続入力での振動の残響感が強いこと、内装のはめ込みものから発せられる異音などだろうか。リアの可動式ベンドガラスの重量や重心、Bピラーの追加による共振特性の変化などがシャシー側で消化吸収しきれていない。主因として考えられるのはそんなところではないかと思う。この点、カブリオレの側は調律が完璧で濁りはまったく感じられない。開放感と走りのクオリティーを両建てしたいというのなら、僕はカブリオレを推す。

が、先述の通り、多少割高だろうが味落ちしていようが関係ないと思わせる格別なたたずまいこそがタルガの最大の購入動機であることは疑いない。今日び随分大型化したとはいえ、この手のクルマとしては車格が適当で視界も広く、2ペダル化により多様な客層にフィットするようになった911は、さまざまなニーズに合わせてバリエーションも拡大化した。とりわけタルガは911の普遍性をファッション性と結びつけて解釈するユーザーに受け入れられやすい。

何も世のすべての911が目くじら立てて走りを究めるものでなくてもいいだろう……と、僕も右ハンドルのティプトロというどうしようもなく緩い996に乗ってみて、ようやくそう思えるようになってきた。ふとした日常にだって911に満たされる場面はたくさんある。その満足度を最大化するためにタルガはある。それでいいのだ。

(文=渡辺敏史/写真=郡大二郎/編集=藤沢 勝)

クローズドボディーの「カレラ4」と比べると車両重量が100kg以上増している「タルガ4」。運動性能的に不利になるのは否めないところだ。
クローズドボディーの「カレラ4」と比べると車両重量が100kg以上増している「タルガ4」。運動性能的に不利になるのは否めないところだ。拡大
コンパクトながらもリアシートを備えているのが「911」ならではの美点。フロントのラゲッジスペースを使わなくても手荷物をしまっておける。
コンパクトながらもリアシートを備えているのが「911」ならではの美点。フロントのラゲッジスペースを使わなくても手荷物をしまっておける。拡大
リアシートの背もたれを倒すことで棚板として使えるようになっている。
リアシートの背もたれを倒すことで棚板として使えるようになっている。拡大
フロント20インチ、リア21インチのタイヤ&ホイールはオプションで選べる(標準は19/20インチ)。
フロント20インチ、リア21インチのタイヤ&ホイールはオプションで選べる(標準は19/20インチ)。拡大

テスト車のデータ

ポルシェ911タルガ4

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4519×1852×1297mm
ホイールベース:2450mm
車重:1690kg
駆動方式:4WD
エンジン:3リッター水平対向6 DOHC 24バルブ ターボ
トランスミッション:8段AT
最高出力:385PS(283kW)/6500rpm
最大トルク:450N・m(45.9kgf・m)/1950-5000rpm
タイヤ:(前)245/35ZR20 95Y/(後)305/30ZR21 104Y(グッドイヤー・イーグルF1アシメトリック3)
燃費:9.8リッター/100km(約10.2km/リッター、欧州複合サイクル)
価格:1760万円/テスト車=2303万9000円
オプション装備:ボディーカラー<パイソングリーン>(45万2000円)/ブラックレザーインテリア<クレヨンステッチ入り>(66万2000円)/スポーツエキゾーストシステム<シルバーテールパイプ>(43万4000円)/ブラック塗装仕上げホイール<ハイグロス>(19万8000円)/フロントアクスルリフトシステム(40万2000円)/イオナイザー(4万8000円)/エクスクルーシブデザイン燃料タンクキャップ(2万2000円)/レザーパッケージ930(21万8000円)/ポルシェクレストエンボスヘッドレスト<フロント>(3万8000円)/20/21インチカレラエクスクルーシブデザインホイール(57万4000円)/グレートップウインドスクリーン(1万9000円)/レザーサンバイザー(6万9000円)/スラットインレイリアリッド<ハイグロスブラック塗装>(9万8000円)/ドアミラー下部エクステリア同色仕上げ<ベースブラック塗装>(9万円)/アルミニウムPDKセレクターレバー(10万1000円)/レーンチェンジアシスト(13万7000円)/LEDヘッドライト<PDLSプラスを含む>(16万5000円)/スポーツクロノパッケージ<モードスイッチ&タイヤ温度表示を含む>(39万6000円)/アダプティブクルーズコントロール(28万4000円)/BOSEサラウンドサウンドシステム(23万6000円)/レザーエッジング付きフロアマット(8万2000円)/PORSCHEロゴサイドデカール<ブラック>(6万円)/クレヨンシートベルト(7万4000円)/14ウェイパワーシート<メモリーパッケージ付き>(37万7000円)/アンビエントライト(8万4000円)/アルミニウムドアシルガード<ダークシルバー>(11万9000円)

テスト車の年式:2021年型
テスト開始時の走行距離:4709km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(2)/高速道路(6)/山岳路(2)
テスト距離:330.3km
使用燃料:50.0リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:6.6km/リッター(満タン法)/6.8km/リッター(車載燃費計計測値)

ポルシェ911タルガ4
ポルシェ911タルガ4拡大
 
ポルシェ911タルガ4(4WD/8AT)【試乗記】の画像拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

ポルシェ 911タルガ の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。