「フォルクスワーゲン・ティグアン」に2タイプの特別仕様車登場

2020.05.26 自動車ニュース
フォルクスワーゲン・ティグアンRライン ディナウディオ
フォルクスワーゲン・ティグアンRライン ディナウディオ拡大

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2020年5月26日、SUV「ティグアン」に「Rライン ディナウディオ」および「Rライン ブラックスタイル」の2タイプの特別仕様車を設定し、販売を開始した。

デンマークのハイエンドオーディオメーカーであるディナウディオ社と共同開発したプレミアムサウンドシステムが備わる。
デンマークのハイエンドオーディオメーカーであるディナウディオ社と共同開発したプレミアムサウンドシステムが備わる。拡大
「ティグアンRライン ディナウディオ」にはレザーシートパッケージも標準装備となる。
「ティグアンRライン ディナウディオ」にはレザーシートパッケージも標準装備となる。拡大
ティグアンRライン ブラックスタイル
ティグアンRライン ブラックスタイル拡大
ベース車ではクロームカラーのエクステリアパーツをブラックに変更している。
ベース車ではクロームカラーのエクステリアパーツをブラックに変更している。拡大
 
「フォルクスワーゲン・ティグアン」に2タイプの特別仕様車登場の画像拡大

今回の特別仕様車はいずれも最高出力150PSの1.4リッターガソリンターボエンジンを搭載した「TSI Rライン」と、同150PSの2リッターディーゼルターボエンジンを搭載した「TDI 4MOTION Rライン」の2グレードがベース。過去にもTSIモデル、またはTDIモデルをベースに同様のコンセプトの特別仕様車が設定されたことがあるが、今回はパワートレインを選べるようになっているのがトピックだ。

ティグアンRライン ディナウディオはデンマークのハイエンドオーディオメーカーであるディナウディオ社と共同開発したプレミアムサウンドシステムを搭載。堅ろうなボディー構造と優れた遮音性との相乗効果によって臨場感あふれる高品質なサウンドを楽しめるという。8つのラウドスピーカーに加えてサブウーファーとセンタースピーカーが備わるほか、「ドルビープロロジックII」に対応。ステレオオーディオをサラウンドサウンドに変換し、臨場感と深みのあるリスニング体験ができる。さらに、人気オプションのレザーシートパッケージとDCCパッケージも装備する。

特別装備の内容は以下の通り。

  • プレミアムサウンドシステム“ディナウディオ”(総出力400W、16チャンネル、10スピーカー)
  • Rライン専用レザーシート
  • パワーシート(運転席<前後/高さ/角度/リクライニング>、メモリー付き)
  • パワーランバーサポート(運転席)
  • アダプティブシャシーコントロール“DCC”
  • Rライン専用20インチアルミホイール(255/40R20モビリティータイヤ/8.5J×20アルミホイール)
  • スペースセービングスペアタイヤ

ボディーカラーは「ディープブラックパールエフェクト」「タングステンシルバーメタリック」「オリックスホワイトマザーオブパールエフェクト」の全3色をラインナップ。価格は「TSI Rライン ディナウディオ」が544万9000円で、「TDI 4MOTION Rライン ディナウディオ」が592万9000円。

一方のティグアンRライン ブラックスタイルは、ベース車のエクステリアのクロームパーツやアルミホイールをブラックに変更しているのが特徴だ。

特別装備の内容は以下の通り。

  • 専用エクステリア(フロントグリル中央、フロントバンパー、ドアミラーハウジング、ウインドフレーム、サイドストリップ、リアスポイラー、リアストリップ<すべてブラック>)
  • ブラックルーフレール
  • 専用19インチアルミホイール(255/45R19モビリティータイヤ/8.5J×19アルミホイール<ブラックペイント>)

ボディーカラーの設定は「ディープブラックパールエフェクト」と「オリックスホワイトマザーオブパールエフェクト」の全2色。価格は「TSI Rライン ブラックスタイル」が506万円で、「TDI 4MOTION Rライン ブラックスタイル」が554万円。

(webCG)

関連キーワード:
ティグアン, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン ティグアン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット500Xスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.5 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」に新グレード「スポーツ」が追加された。サッと仕立てた雰囲気チューンかと思いきや、さにあらず。走らせてみるとその名に恥じないスポーツカーテイストあふれるクルマに仕上がっていた。
  • フォルクスワーゲンTロックTDI Rライン(FF/7AT)【試乗記】 2020.9.17 試乗記 フォルクスワーゲンから“コンパクトSUV 3兄弟”のトリをかざるニューモデル「Tロック」が登場。「コンパクトSUV市場をロック(rock=揺さぶる)する」というメッセージとともに送り出された新顔の実力を確かめた。
  • フォルクスワーゲンTロック 2020.7.15 画像・写真 2020年7月15日に発売された、フォルクスワーゲンの新型コンパクトSUV「T-Roc(Tロック)」。既存の「ティグアン」と「T-Cross(Tクロス)」の間に収まる絶妙なサイズ感とスタイリッシュなデザインが特徴のニューモデルの姿を写真で詳しく紹介する。
  • プジョーSUV 2008 GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2020.10.10 試乗記 プジョーのBセグメントSUVが2代目に進化。車名も新たに「SUV 2008」となって私たちの前に現れた。強豪ひしめくコンパクトSUV市場にプジョーが投入したニューモデルは、ベースとなった「208」の魅力をどこまで引き継いでいるのか? その出来栄えを確かめた。
  • フォルクスワーゲンTロックTDIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2020.7.17 試乗記 フォルクスワーゲンのニューモデル「T-Roc(Tロック)」がいよいよ日本上陸。「ティグアン」「T-Cross(Tクロス)」に続く国内3車種目のコンパクトSUVは、果たしてどんな個性を備えているのだろうか。
ホームへ戻る