新型「ポルシェ911タルガ」に1950年代ムード満点の限定車

2020.06.02 自動車ニュース
ポルシェ911タルガ4Sヘリテージデザインエディション
ポルシェ911タルガ4Sヘリテージデザインエディション拡大

独ポルシェは2020年6月2日、新型「ポルシェ911タルガ4S」をベースとする限定車「911タルガ4Sヘリテージデザインエディション」の概要を発表した。

 
新型「ポルシェ911タルガ」に1950年代ムード満点の限定車の画像拡大
 
新型「ポルシェ911タルガ」に1950年代ムード満点の限定車の画像拡大
 
新型「ポルシェ911タルガ」に1950年代ムード満点の限定車の画像拡大
 
新型「ポルシェ911タルガ」に1950年代ムード満点の限定車の画像拡大

911タルガ4Sヘリテージデザインエディションは、ポルシェのカスタマイズプログラム「ポルシェエクスクルーシブマニュファクトゥール」により生産される、台数992台の限定モデル。

チェリーメタリックをはじめとするボディーカラーや、ゴールドのロゴ、ホワイトのアクセントがポイントで、クラシカルなポルシェクレストやヘリテージバッジなどと相まって1950年代のムードが演出される。カレラエクスクルーシブデザインホイールとクラシックな外観のブレーキキャリパーも特徴のひとつとなっている。

インテリアは、ボルドーレッドレザーとアタカマベージュのOLEAクラブレザー、またはブラックレザーとアタカマベージュのOLEAクラブレザーの組み合わせによるツートンカラー。シートとドアのトリムにコーデュロイを使用することで、同じく1950年代のテイストが醸し出されている。クラシックなデザインのレブカウンターとストップウオッチもセリングポイントのひとつだ。

一方、機関部分は最新の「911タルガ4S」に準じる。すなわち、最高出力450PS、最大トルク530N・mの3リッターの水平対向6気筒ツインターボエンジンを搭載し、8段PDKを介して4輪を駆動する。0-100km/h加速はスポーツクロノパッケージ装着車の場合で3.6秒。最高速は304km/hと公表される。

ポルシェはクラシックなデザイン要素を再解釈するという「ポルシェヘリテージデザイン戦略」にのっとり、今回の911タルガ4Sヘリテージデザインエディションを皮切りに、計4つのヘリテージデザインモデルをリリースするという。

本国では注文可能となっており、2020年秋に発売される。日本市場への導入も見込まれている。

(webCG)

関連キーワード:
911タルガ, ポルシェ, 自動車ニュース

ポルシェ 911タルガ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ911カレラ4カブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.9.21 試乗記 最新のポルシェは最良のポルシェ……。このような言い回しが流布して久しいが、果たして現在でもこの図式は成り立つのだろうか。まさに最新の992型「911カレラ4カブリオレ」と半日向き合って考えてみた。
  • ポルシェ718スパイダー(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.6 試乗記 ポルシェのミドシップオープン「718ボクスター」に伝統の「スパイダー」が帰ってきた。新型のハイライトは、復活した自然吸気水平対向6気筒エンジンと締め上げられたシャシー。その仕上がりを確認すべく、ワインディングロードに連れ出した。
  • ポルシェ718ケイマンGT4(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.8 試乗記 「ポルシェ718ケイマン」に追加設定されたハードコアモデル「GT4」に試乗。車名の由来ともなった水平対向4気筒ターボから、新開発の自然吸気フラット6へとエンジンが置き替えられた、高性能ミドシップマシンのパフォーマンスやいかに。
  • BMW M2コンペティション(FR/7AT)【試乗記】 2020.10.16 試乗記 コンパクトなFRのボディーにパワフルな3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M2コンペティション」。日本におけるBMW Mのエントリーモデルは、兄貴分とは一味違う、スリリングで獰猛(どうもう)な一台に仕立てられていた。
  • フェラーリF8トリブート(MR/7AT)【試乗記】 2020.10.14 試乗記 「フェラーリF8トリブート」に試乗。一般公道で試す限り、この最新ミドシップベルリネッタの仕上がりに隙はまったく見られない。純粋な内燃機関車としては最後のV8モデルといううわさがあるが、その真偽は別に、フェラーリはこれでひとつの頂点に達したといえるだろう。
ホームへ戻る