新型「ポルシェ911タルガ」に1950年代ムード満点の限定車

2020.06.02 自動車ニュース
ポルシェ911タルガ4Sヘリテージデザインエディション
ポルシェ911タルガ4Sヘリテージデザインエディション拡大

独ポルシェは2020年6月2日、新型「ポルシェ911タルガ4S」をベースとする限定車「911タルガ4Sヘリテージデザインエディション」の概要を発表した。

 
新型「ポルシェ911タルガ」に1950年代ムード満点の限定車の画像拡大
 
新型「ポルシェ911タルガ」に1950年代ムード満点の限定車の画像拡大
 
新型「ポルシェ911タルガ」に1950年代ムード満点の限定車の画像拡大
 
新型「ポルシェ911タルガ」に1950年代ムード満点の限定車の画像拡大

911タルガ4Sヘリテージデザインエディションは、ポルシェのカスタマイズプログラム「ポルシェエクスクルーシブマニュファクトゥール」により生産される、台数992台の限定モデル。

チェリーメタリックをはじめとするボディーカラーや、ゴールドのロゴ、ホワイトのアクセントがポイントで、クラシカルなポルシェクレストやヘリテージバッジなどと相まって1950年代のムードが演出される。カレラエクスクルーシブデザインホイールとクラシックな外観のブレーキキャリパーも特徴のひとつとなっている。

インテリアは、ボルドーレッドレザーとアタカマベージュのOLEAクラブレザー、またはブラックレザーとアタカマベージュのOLEAクラブレザーの組み合わせによるツートンカラー。シートとドアのトリムにコーデュロイを使用することで、同じく1950年代のテイストが醸し出されている。クラシックなデザインのレブカウンターとストップウオッチもセリングポイントのひとつだ。

一方、機関部分は最新の「911タルガ4S」に準じる。すなわち、最高出力450PS、最大トルク530N・mの3リッターの水平対向6気筒ツインターボエンジンを搭載し、8段PDKを介して4輪を駆動する。0-100km/h加速はスポーツクロノパッケージ装着車の場合で3.6秒。最高速は304km/hと公表される。

ポルシェはクラシックなデザイン要素を再解釈するという「ポルシェヘリテージデザイン戦略」にのっとり、今回の911タルガ4Sヘリテージデザインエディションを皮切りに、計4つのヘリテージデザインモデルをリリースするという。

本国では注文可能となっており、2020年秋に発売される。日本市場への導入も見込まれている。

(webCG)

関連キーワード:
911タルガ, ポルシェ, 自動車ニュース

ポルシェ 911タルガ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ718ボクスターGTS 4.0/718ケイマンGTS 4.0【海外試乗記】 2020.3.5 試乗記 「ポルシェ718ボクスター/718ケイマン」の高性能モデル「GTS」に、水平対向6気筒自然吸気エンジンが復活した。従来の4気筒ターボ版「GTS」比で35PS増しとなる最高出力400PSの「GTS 4.0」は、どんな走りを披露するのか。ポルトガルでの初試乗をリポートする。
  • ポルシェ911カレラ(RR/8AT)【試乗記】 2020.5.12 試乗記 高性能スポーツカー「ポルシェ911」シリーズの中で最もベーシックな「911カレラ」に試乗。その走りは、先行発売された上位モデル「911カレラS」とどう違うのか? ワインディングロードで確かめた。
  • 「ポルシェ718ボクスターT/718ケイマンT」の予約注文受け付けがスタート 2020.6.25 自動車ニュース ポルシェジャパンは2020年6月24日、ミドシップスポーツカー「718ボクスター」「718ケイマン」のラインナップに「718ボクスターT」「718ケイマンT」を設定し、予約受注を開始した。
  • ポルシェが「911タルガ4」「911タルガ4S」の新型を発表 2020.5.18 自動車ニュース 独ポルシェは2020年5月18日(現地時間)、「911タルガ4」および「911タルガ4S」の新型を発表した。サイドまで回り込んだリアウィンドウやワイドなBピラーを残したままでソフトトップが開くオープントップボディーが特徴となっている。
  • ポルシェ718ボクスターGTS 4.0/718ケイマンGTS 4.0【海外試乗記】 2020.5.13 試乗記 2.5リッターターボから4リッターの自然吸気へとエンジンが変更された「ポルシェ718ボクスター/ケイマンGTS」。まさかの“アップサイジング”を図ったポルシェの思惑とは? 新エンジンを得た新型GTSの走りとともに、ポルトガル・エストリルより報告する。
ホームへ戻る