トヨタが「GRヤリス」のラインナップを発表 CVT搭載モデル「RS」を追加設定

2020.06.02 自動車ニュース
トヨタGRヤリス RS(プロトタイプ)
トヨタGRヤリス RS(プロトタイプ)拡大

トヨタ自動車は2020年6月2日、高性能ハッチバックモデル「GRヤリス」のラインナップを発表した。

最高出力120PSの1.5リッター直3エンジンに発進用ギア付きの「ダイレクトシフトCVT」が組み合わされた「GRヤリス RS(プロトタイプ)」。
最高出力120PSの1.5リッター直3エンジンに発進用ギア付きの「ダイレクトシフトCVT」が組み合わされた「GRヤリス RS(プロトタイプ)」。拡大
「GRヤリス RS(プロトタイプ)」のインテリア。
「GRヤリス RS(プロトタイプ)」のインテリア。拡大
「GRヤリス RS(プロトタイプ)」のシート。
「GRヤリス RS(プロトタイプ)」のシート。拡大

GRヤリスは、コンパクトハッチバック「ヤリス」がベースとなるスポーツカーシリーズ“GR”のオリジナルモデルで、WRC(FIA世界ラリー選手権)のホモロゲーション取得を目的に、TMR(トミ・マキネン レーシング)の協力を得て開発された。

2020年1月10日に東京オートサロンで先行予約限定モデルとなる「RZ“ファーストエディション”」(価格=396万円)と「RZ“ハイパフォーマンス・ファーストエディション”」(価格=456万円)が発表され、同日から同年6月30日までの期間、ウェブ限定で受注を実施。現在までに日本と欧州を合わせて、約6000台のオーダーがあったという。

今回発表されたのは、先行予約限定モデル販売終了後のラインナップ。最高出力272PS、最大トルク370N・mを発生する1.6リッター直列3気筒直噴ターボエンジンに6段MTが組み合わされた「RZ」と、その装備を充実させた「RZ“ハイパフォーマンス”」、同パワーユニットを搭載し装備が省略された軽量な競技向けベースモデル「RC」、そして最高出力120PS、最大トルク145N・mを発生する1.5リッター直3エンジンに発進用ギア付きの「ダイレクトシフトCVT」が組み合わされた「RS」の4モデルとなる。RZ、RZ“ハイパフォーマンス”、RCの3モデルは、多板クラッチによる前後駆動力可変システムが採用された「GR-FOUR」を搭載する4WD車、RSはFF車となる。

発売は2020年9月ごろの予定で、価格は発表されていない。

(webCG)

関連キーワード:
GRヤリス, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタGRヤリス(後編) 2020.9.4 画像・写真 多彩なバリエーションや、モータースポーツ向けに取りそろえられた豊富な用品も「トヨタGRヤリス」の魅力。貴重な初版限定モデル「ファーストエディション」や、FF+CVTのエントリーモデル「RS」、競技用ベース車「RC」、各種用品装着車を写真で紹介する。
  • トヨタGRヤリス(前編) 2020.9.4 画像・写真 いよいよ発売となったトヨタのコンパクトスポーツ「GRヤリス」。まずは1.6リッター直噴ターボエンジンと、トヨタ久々のスポーツ4WDシステムを組み合わせたハイパフォーマンスグレード「RZ」「RZ“ハイパフォーマンス”」の詳細を写真で紹介する。
  • トヨタGRヤリス【試乗記】 2020.11.20 試乗記 トヨタのクルマは低燃費だけど低刺激。そんなイメージをすっかり忘れさせてしまうのが「GRヤリス」だ。専用設計のシャシーに最高出力272PSの1.6リッター直3ターボエンジンや独自設計の4WDシステムを積んだ、幻のホモロゲーションモデルの実力を試す。
  • トヨタGRヤリスRZ“ハイパフォーマンス”(4WD/6MT)【試乗記】 2021.2.27 試乗記 出自や立ち位置は微妙になりつつある「トヨタGRヤリス」だが、そのスポーツモデルとしての性能が第一級であることは間違いない。前代未聞の高出力3気筒ターボエンジンや異色の4WDシステムの仕上がりを一般道で試してみた。
  • 第198回:RSのRS違い 2021.1.18 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。以前「モテないカー」の超新星「GRヤリス」のプロトタイプを紹介したが、今回は発売なった実車で夜の首都高に出撃した。サーキットで味わったすばらしい足は、公道では拷問レベル……ではなかった。なぜなら……。
ホームへ戻る