トヨタが「GRヤリス」のラインナップを発表 CVT搭載モデル「RS」を追加設定

2020.06.02 自動車ニュース
トヨタGRヤリス RS(プロトタイプ)
トヨタGRヤリス RS(プロトタイプ)拡大

トヨタ自動車は2020年6月2日、高性能ハッチバックモデル「GRヤリス」のラインナップを発表した。

最高出力120PSの1.5リッター直3エンジンに発進用ギア付きの「ダイレクトシフトCVT」が組み合わされた「GRヤリス RS(プロトタイプ)」。
最高出力120PSの1.5リッター直3エンジンに発進用ギア付きの「ダイレクトシフトCVT」が組み合わされた「GRヤリス RS(プロトタイプ)」。拡大
「GRヤリス RS(プロトタイプ)」のインテリア。
「GRヤリス RS(プロトタイプ)」のインテリア。拡大
「GRヤリス RS(プロトタイプ)」のシート。
「GRヤリス RS(プロトタイプ)」のシート。拡大

GRヤリスは、コンパクトハッチバック「ヤリス」がベースとなるスポーツカーシリーズ“GR”のオリジナルモデルで、WRC(FIA世界ラリー選手権)のホモロゲーション取得を目的に、TMR(トミ・マキネン レーシング)の協力を得て開発された。

2020年1月10日に東京オートサロンで先行予約限定モデルとなる「RZ“ファーストエディション”」(価格=396万円)と「RZ“ハイパフォーマンス・ファーストエディション”」(価格=456万円)が発表され、同日から同年6月30日までの期間、ウェブ限定で受注を実施。現在までに日本と欧州を合わせて、約6000台のオーダーがあったという。

今回発表されたのは、先行予約限定モデル販売終了後のラインナップ。最高出力272PS、最大トルク370N・mを発生する1.6リッター直列3気筒直噴ターボエンジンに6段MTが組み合わされた「RZ」と、その装備を充実させた「RZ“ハイパフォーマンス”」、同パワーユニットを搭載し装備が省略された軽量な競技向けベースモデル「RC」、そして最高出力120PS、最大トルク145N・mを発生する1.5リッター直3エンジンに発進用ギア付きの「ダイレクトシフトCVT」が組み合わされた「RS」の4モデルとなる。RZ、RZ“ハイパフォーマンス”、RCの3モデルは、多板クラッチによる前後駆動力可変システムが採用された「GR-FOUR」を搭載する4WD車、RSはFF車となる。

発売は2020年9月ごろの予定で、価格は発表されていない。

(webCG)

関連キーワード:
GRヤリス, トヨタ, 自動車ニュース